日刊H.T Season 2
のんびり、まったり、更新
実現しなかったカール・ゴッチの全日本プロレス参戦

 中邑真輔がWWE(NXT)デビュー(YAHOO!!ニュース)。サミ・ゼイン(関連記事)相手に勝利。気になるリングネームは「シンスケ・ナカムラ」でした。ヒデオ・イタミ(関連記事)の流れがあったので意外に普通だなあという印象。中邑のこれまでの実績に対してのリスペクトを感じます。ここからですね。WWEのリングでの活躍に期待です。
 「KAMINOGE」読んでます。渕正信(関連記事)参加の座談会最高です!渕は全日本プロレス育ちながら新日本プロレスと深い関係にあるカール・ゴッチの手ほどきを受けています。そのゴッチの全日本参戦計画があったんだと。これは驚きだ。渕のコメントを続きからです。









■ゴッチと親交のある渕正信が馬場に持ちかける
渕「俺が(ゴッチ引き抜きを馬場さんに)持ちかけた。・・・(略)で、馬場さんが『ゴッチはまだ新日本との契約があるんじゃないか?』って言うんで、翌日、フロリダに来ていた鶴田さんを連れてゴッチの家に行ったの。・・・(略)それで鶴田さんを連れて行って話をしたらさ、『俺はもうフリーだ。いつでも全日本に上がれる』って言うから、その話を馬場さんにしたら。『おう、そうか』と。」

■カール・ゴッチとビル・ロビンソンのタッグを計画

渕「そのときはハンセンの移籍が水面下で決まってて、82年からはハンセン&ブロディのタッグが本格的に始動することが決まってた。それで、対抗馬にファンクスがいる。そしたら馬場さんが、『じゃあ、ゴッチを獲ったら・・・ロビンソンと組ませるか』って言うんだよ」


■結局、ゴッチは新日本と契約。全日本参戦は消滅

渕「『(ゴッチに)ロビンソンとのタッグはどうですか?』って聞いたらOKしたんだよ。そうしてたらなんか向こうに伝わっちゃんだよね。すぐに新日本がゴッチを呼んでさ。・・・(略)あのあと、ゴッチさんと会って話したら『あれは試合じゃなくて、公開練習みたいなもんだよ』って言ってたんだけど、あとから聞いたら契約してたんだよな」
  ※「KAMINOGE vol.52」より







 渕も・・・ゴッチの個性(関連記事123)には多少悩まされたようです(笑)。それにしてもゴッチの全日本参戦は実現寸前までいっていたなんて驚きです。ゴッチ、ロビンソン組なんて、最高ですよね。ファイプロ(関連記事)でやってしまいそうなくらい夢のあるタッグです。
 新日本はどうやってこの情報を入手し対策を打てたのかな。ゴッチが自分で言ってたりして。心は新日本ということなのかな。試合があり忙しかった渕は新日本の選手ほどゴッチに付き合えなかったみたいですし。ゴッチ、ロビンソンは見たかったなあ。では良い休日を。
スポンサーサイト

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

コメント

ゴッチ、ロビンソン組見たかったなあ。ただ、タッグとして上手く機能するのか?。

そりゃあ、新日だってハンセン引き抜かれたから、対策はしっかりしているだろうし。バカな目に遭いたくないし。
[2016/04/11 19:40] URL | スライディングD #- [ 編集 ]


スライディングDさん。こんばんは!機能しますかねえ。ウィガン時代からプロレスラーとして対戦したり両者には様々な歴史がありますね。そのあたりも含めてみてみたいですね。

ゴッチ全日本契約がどこから新日本に漏れたのか気になりますよね。
[2016/04/12 01:31] URL | H.T #- [ 編集 ]

想像できない・・・でも面白そう(笑)。
 元々は日本プロレスや国際プロレスのマットにも上がってたし、それどころか、一時は、あのWWWFのダッグチャンプでもあったんだから信憑性は高いですよね。それに、全日本は外人には結構なギャラを払ってたんだから、ゴッチだって靡きますよね(笑)。それに、練習しない全日本の選手達へのカンフル剤にもなったかもしれませんね。
 でも、トップに立つ馬場が練習嫌いだったから、頑固なゴッチと長続きはしなかったでしょうね。しかし、鶴田をはじめとして、三沢や川田といったアマレスの実力者もいたので、彼らが本格的にゴッチ流のサブミッションを学んだら新日本は焦ったかもしれませんね。

 ゴッチといえば、「1984年のUWF」を読みました。かなり分厚い本でしたが、90%は知ってる内容でしたが、ほんの僅かですが、「へえ、そうだったんだ!」っていう新事実も発見しました。

 1.まず、カール・ゴッチの本名ですが、本には「カレル・イスタツ」と表記されてました。前田や藤原は、「チャールズ・イスタス」って書いており、チャールズはカールと呼ぶと言ってましたが、なんか怪しいな〜。アンドレだって、未だに本名が「アンドレ・レネ・ロシモフ」とも言われているし、傍ら「ジャン(ジーン)・フェレ」とも言われてます。プロレス界って本名さえも分からずじまいってことが多々ありますよね。

 2.佐山がユニバーサル(旧UWF)をシューティングのプロ化の道具として考えていたというのも怪しいなあ。今、冷静に動画で見ても、そんな魂胆があったようには思えませんよ。それに佐山にあの本に描かれているような確固たる思想があったとは思えません。その証拠に、未だにプロレス界と格闘技を行ったり来たりしてますし。

 3.面白かったのは、ターザン山本のコメントで、「前田たちは典型的なプロレスラー。金と女とクルマにしか興味のない人間」って件です(笑)。思わず吹き出しそうになったけど、まあプロ選手ってプロレスに限らず、概ねそんな輩が多いんじゃないでしょうか。清原なんかその典型ですよ。それにしても、前田と清原って私には瓜ふたつのようにしか映りません。

 4.一番驚いたのは、新生Uが瓦解した際に、宮戸は高田じゃなく、船木をエースにして若手のみの団体を作ろうとしたけど、船木が藤原喜明を頼ったため、代わりに高田に声をかけたって件です。高田は外れ一位ってことだったんですね(笑)。


 それにしても、これほど佐山をヨイショし、前田を貶めて(?)いる本も珍しい(笑)。私から見たら、二人とも純度100%の『プロレスラー』にしか見えませんけど、なんであの二人はプロレスラーをあれほどまでに嫌がるのでしょうね。そのくせ未だにプロレス界で小銭稼ぎしてるのに。

 そういえば、前田がニコ生で久田将義と、この本のことでトークしてましたが、見るからに不愉快そうな顔でしたね(笑)。それに、相変わらず確執のあった人への誹謗中傷ばかりでした。前田はよく、批判はいいけど侮辱は許さないと言ってますが、己の口から出る言葉は他人への侮辱ばかりで・・・。でも、もう還暦近くになるので今更性格を変えることは無理でしょうね。

 あっ、それと「UーCOSMOS」でのチケットが実売では1万から1万五千しか売れてなかったのも驚きでした。だったらタダ券を5万枚近くも配ったということになりますね。ヒエ〜!!! それを考えると今の新日本(ブシロード)は、堅実だし正直ですね。
[2017/05/03 01:58] URL | トヨノボリ #EBUSheBA [ 編集 ]


トヨノボリさん。こんばんは!馬場から見てもゴッチのプロレスラーとしての実績、魅力は十分だったことが予想されますね。プロとして全日本の評判の良い待遇はゴッチに好印象を与えたでしょうね。全日本系の練習しない説は謎めいているところあるんですが、ゴッチの練習スタイルとは違いが出てた可能性ありますね。三沢や川田のゴッチ遺伝子ですか。それは見てみたかったですね。

「1984年のUWF」は自分まだ読んでないんですけど、割と最近話題な本ですよね。

1:ゴッチの様々な証拠から欧州時代に本名カレル・イスタスで活動してたことが証明されているんですが、なんだか・・・人によってはカール・イスタスっていう選手もいるんですよね。チャールズはカールの愛称になるのかなあ。謎めいてますね(笑)。「ジャン(ジーン)・フェレ」はアンドレの北米時代のリングネームっぽいです。

2:自分もそう思います。時期によって佐山も人間ですから気持ちの変化があるでしょうし、そこまで第3者側でこうだ!って断言してしまうのはどうなのかなっていう気はします。まあソース読んでないんですけど(笑)。


3:そんなことターザンが言ってるんですね。前田は乳好きとして有名ですし、あながちそれは間違ってないかもです(笑)。豪快な昭和のプロレスラーだとポジティブにとらえたいです(笑)。清原と似ているところもありますが、リングスを軌道に乗せた手腕ですとか、それを清原ができるのか、と考えると悩みどころです。

4:ちょうど船木インタビューがDROPKICKに挙がってるんです。船木の証言だと当時はとにかく早く試合をする体制を作りたくて必死だったと。宮戸は当初若手だけでやることにこだわってたそうですけど、先輩の高田を誘った時点で矛盾しますよね。必死だったということなんでしょうか。

佐山ヨイショなんですか。自分も読んでみなければいけないですねえ(笑)。

前田は変わらずですね。一度心を許すと良いタイプには見えますが、そこにいくまではなかなか。

5万近くを配ってたんですか。凄い世界!言われるように最近の団体は健全に見えます。ファンサービスとかも実際に会場に行くと進化してるのを感じます。
[2017/05/05 01:05] URL | H.T #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hidehide7755.blog27.fc2.com/tb.php/3914-f59afa80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

blog rink up



独り言



お世話になっているブログ



★★おすすめ★★





Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -



ありがとうございます!



最新の記事



カテゴリなど



RSSフィード