日刊H.T Season 2
のんびり、まったり、更新
ウルティモ・ドラゴンのプロレス入りの情熱が凄い

 FMW対UWFの情報が出てきてます(YAHOO!!ニュース)。UWF軍はポスター掲載メンバー(関連記事)に加えて佐野巧真、アレクサンダー大塚、冨宅飛駈、川村亮の参戦が明らかに。気になる安生は立会人ですか。これ・・・怪しくないですか・・・試合しそう。ルールは未定ですね。いま詰めてるんですかね。船木がこの対抗戦を「新日本vs全日本」とコメントしてます。UWFは新日本から生まれた、大仁田は全日本から生まれた・・・そういう視点も興味深いです。
 週刊プロレス読んでます。ウルティモ・ドラゴン特集。これは面白いです。まだ全部読んでないんですけど、最初の方だけで既にインパクトあります。身体が小さいドラゴンは当時のプロレス応募資格すらなかった。でも諦めない!この情熱が凄いです。ライガーもそうですけど、身体が小さくプロレスラーになれる資格がなくても、なりたい気持ちを抑えられないっていうんですかね。ネバーギブアップですね。続きに簡単にまとめときます。










■ウソの身長で応募し、なんとかテスト受けるも不合格
→初代タイガーを実際に見て小柄だったので、俺もいけるんじゃと思ったようですね。入団テスト応募。実際170㎝のところ178㎝とウソの申告をし書類審査をパスするも、テスト当日に山本小鉄さんに見破られる。小鉄さんの優しさでテスト受けるも不合格。小鉄さんから丁寧な断りの手紙まで届いたそうです。が、これで諦めないのがドラゴンです。

■不合格に納得いかず事務所に毎日抗議に

→ここからが普通じゃないですね(笑)。テストメニューをクリアしたのにもかかわらず、不合格に納得いかず、なんと新日本の事務所に毎日通ったと。そして毎日・・・門前払い。テストメニュークリアしてもね・・・・もともとテスト受ける基準すら満たしてなかったわけですからね。普通だったら諦めると思うんですが、さすがに違いますね。大物だ。

■人脈を作り、再び山本小鉄にたどり着く

→トレーニングをしていたジムの会長さんが猪木と繋がりがあることを知り、その会長の車を洗ったりして人脈作り。そして、そこから再び、山本小鉄にたどりつきます。ドラゴンの情熱を感じた小鉄さんは「明日から来い」と言い、新日本道場での練習が始まります。

■小鉄さんはOKも新日本プロレスは入団許さず→メキシコへ

→ドラゴンは新日本入団したかと思いきや、新日本での立場が特殊で、個人的に小鉄さんがOKしただけだったようで(笑)。会社は入団許さず。小鉄さんは板挟みで苦しかったんだろうと推測できますね。そんな時にメキシコUWA代表が来日、そこと小鉄さんに繋がりのあることを知ったドラゴンは小鉄さんにメキシコ行きをお願いするんですね。凄い行動力というか、普通言えないですよね(笑)。ここで素晴らしいのが小鉄さんで、ドラゴンの為に動いてくれるんですね。そこからメキシコ行き。
 ※「週刊プロレス 2016年 4/13 号」を参考







 常識外れの行動力!読んでたら藤波のプロレス入り経緯(関連記事)を思い出しました。メキシコに渡ったドラゴンは数年後、日本で旗揚げされたルチャを中心としたスタイルのユニバーサルプロレス選手として逆輸入される形で日本で活躍。当時は素顔ですけどね。自分が知ってるのはこの辺りからだったので、今回のエピソードは驚きました。一見、常識外れなんですけど、それを上回る情熱を感じますね。
スポンサーサイト

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

コメント

安生さんは立会人ですか?

貴闘力さんの経営する焼肉屋を襲撃したみたいに、安生さんの働く焼肉屋も襲撃するのかなw?
[2016/04/01 18:03] URL | はな #- [ 編集 ]


はなさん。こんばんは!YAHOOの記事見ると立ち合い人となってました。でも大仁田が挑発しているようですし、ポスターに戦う選手かのように載ってるし(笑)、なんかありそうだなあと勝手に思ってるところです。現職場襲撃ですか。仕返しで大仁田の母のお店とか襲撃されたら大変(笑)。
[2016/04/03 01:17] URL | H.T #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hidehide7755.blog27.fc2.com/tb.php/3912-fde0bf4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

blog rink up



独り言



お世話になっているブログ



★★おすすめ★★





Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -



ありがとうございます!



最新の記事



カテゴリなど



RSSフィード