日刊H.T Season 2
のんびり、まったり、更新
内藤哲也「両国の一番の敵は木谷オーナー」

 この前、吉野家に久しぶりに行ったらメニューに新日本プロレスが記してあるんですよ。いまいろいろとタイアップしてるみたいですね。専用サイト(エンジョイ吉野家)もあって、ライガーが一日店長してたり中々面白いです。今年のレスリングどんたくも吉野家号来るかなあ(関連記事)。
 「ニュージャパンカップ2016」優勝の内藤哲也が会見してます。ヒールなのかベビーなのかよくわかんないですが(関連記事)、内藤のキャラ変更は大成功ですね。これから夏にかけてオカダとの絡みが楽しみです。会見では木谷オーナーを気にする内藤が興味深かった。オーナー批判(関連記事)を堂々としてみたものの、やっぱりオーナーの言動が気になり過ぎる内藤がちょっと可愛いですねえ(笑)。コメントを続きからです。









■両国、オカダ戦はメインじゃないかもしれない危機感
内藤「僕はニュージャパンカップ優勝(IWGP王者への挑戦決定)しましたけど、大丈夫ですか?メインイベントって書いてなかったけど?大丈夫?第3試合とかにならないすか?なんか、このニュージャパンカップの前にね、僕があの~木谷オーナーの『オカダを2億円プロジェクトで徹底的にスターにします』っていうやつに、ちょっと僕は噛みついてしまったんでね、あの~オーナーからの嫌がらせというかね(笑)、もしかしたらね、休憩前とかになっちゃうかもしれないけど」

■木谷オーナーの殺気を感じた
内藤「1回戦の大田区総合体育館大会。最前列の木谷オーナーがいたんですよ。僕のその、2億円プロジェクトに関する、僕なりの意見、そういうのを言ってしまったがために、横からすっごい殺気を感じたんですよ。大田区総合体育館大会。あの~なので、両国、もしかしたらね、木谷オーナーの、オーナーの力で、ねえ(苦笑)、すごいいろいろと邪魔されるかもしれない、まあその辺は僕も覚悟のうえでやりますけど。」

■両国の一番の敵は木谷オーナー

内藤「まあ、両国の一番の敵はIWGPヘビー級チャンピオンのオカダ・カズ、カズチカ、ではなくて、その後ろにいる外道、でもなくて、更にその後ろにいる木谷オーナーかなと。一番の敵は木谷オーナーかなと僕は思ってるんで、僕は3人を相手にするつもりで、みなさんの期待を背負って、両国のリングに立ちたいと思います。できたらメインイベントでね」
  ※「新日本プロレスワールド」より








 内藤、心配してます(笑)。さすがにIWGPヘビーのタイトルはメインだと思いますけどね。でもね、本当に木谷オーナーが強権発動してメインじゃなかったら面白いような気もする(笑)。こうなったらオカダは完全なる被害者ですね。
 最後に内藤が会見中に何度も言った言葉「ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン」。長いし言い辛そう(笑)。噛まない内藤がすごいなと思いました。略して「LIJ」とかじゃダメかな(笑)。ほかの軍団は「バレットクラブ」ですとか「ケイオス」ですとか言い易いだけに。4.10両国大会楽しみですね。
スポンサーサイト

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hidehide7755.blog27.fc2.com/tb.php/3895-642f9baf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

blog rink up



独り言



お世話になっているブログ



★★おすすめ★★





Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -



ありがとうございます!



最新の記事



カテゴリなど



RSSフィード