日刊H.T Season 2
のんびり、まったり、更新
「ベラトール.149」 ホイスvsシャムロック、キンボvsDADA5000をみた

 「ベラトール」行われた。ホイス・グレイシーvsケン・シャムロック、キンボ・スライスvsDADA5000をみました。ホイスvsシャムロックっていえば記念すべき「UFC.1」での対戦を思い出します(関連記事)。1993年、当時のホイスは無名とも言って良い存在でしたが、シャムロック(関連記事)は既に日本でお馴染みの選手でしたね。結果、あのシャムロックに勝った男としてホイス・グレイシーという名前が日本ファンにインプットされたと思います。2回目の対戦が1995年の「UFC.5」。こちらは引き分け。そこから約20年の月日が流れ今回の再戦が実現。ホイス49歳、シャムロック51歳。お互いまだまだ元気ですね。感想を簡単に続きからです。









〇キンボ・スライス(3R 1分32秒 TKO)DADA5000

 この試合はレフェリーであるマッカーシーさん(関連記事)のイラつきを感じる試合かな(笑)。どっちかっていうと優勢に進めてたのはキンボで、テイクダウンしマウントを取ったりするんですが、その先がないんですよね。マッカーシーさん「ゲットアップ!!」とスタンドに戻す。これが何度も繰り返され、もう怒りの「ゲットアップ!」に(笑)。途中笑ってしまったのがキンボがマウント取ってるのに「ゲットアップ!」ですからね(笑)。マウントでブレイクはそうないですよね(笑)。普通だったらおかしなジャッジになると思うんですが、この試合の経緯からこれはアリかな。
 3RになるとDADAがフラフラ・・・フラフラ・・・キンボにもたれかかり・・・ケージをフラフラ歩きながら倒れ試合終了。こんなフィニッシュシーンはそうないですね。その後、DADAは心肺停止になるほどの危機に陥ったようです(MMAIRONMAN)。あの倒れ方はおかしかったですね。脳の揺れだけでなく脱水症状も出てたのかな。脱水といえば新日本プロレスの天山広吉も試合中にありましたね。全然動けなくなってました。



〇ホイス・グレイシー(1R 2分22秒 TKO)ケン・シャムロック

心地よい懐かしさに浸れるカードですね。試合が長い間合いの取り合いが続き、それを破ったのがシャムロックの打撃からの組みでした。シャムロックはテイクダウン狙ったのかな、ホイスはヒザ蹴りを交えつつ必死で応戦。その攻防でホイスのヒザがシャムロックの顔面辺りを捉えます。シャムロックは下腹部に手を当てながら苦しい顔。ホイスは流れるようにテイクダウンに成功し、パウンド連打。試合終了です。終了直後、シャムロックは怒りの表情でホイスに何やら言ってます。これが後にわかるんですが、シャムロックはホイスが急所蹴りをしたと抗議してたんですね。確かにシャムロックが下腹部を抑えながらテイクダウンされ、苦しそうな表情のままパウンドされる姿を確認できます。ただ難しいのが、どれが急所蹴りなんだと。おそらくテイクダウン前の顔面へのヒザ蹴り、それの前の下腹部気味のひざ蹴りだとは思うんですが、当て所、タイミングがかなり微妙です。シャムロックも顔面に打撃食らうと同時に下腹部を抑えているようにも見えたりします。あるいは、下腹部へのヒザ蹴りが急所蹴りだとするならば、その痛みが時間差で表れたんでしょうか。
 まあ昨日も言いましたけど(関連記事)、自分のようなファンがその揉めごとも含めて、懐かしいと感じちゃったりするんですが(笑)、これは再戦でしょう!もう1回見たい!







 DADA5000かキンボ・・・「RIZIN」に呼べないですかねえ(笑)。なんか・・・・日本でみてみたいな。ホイスとシャムロックは約50歳・・・には見えない動きですね。元気だなあ。同世代の・・・「RIZIN」で太鼓叩いている方も試合すべきだな(笑)
スポンサーサイト

テーマ:格闘技 - ジャンル:スポーツ

コメント

ホイスvsシャムロックは意外と緊張感溢れる試合でしたね
RlZlNでホイス見たいけど、脱税の件で国外への渡航禁止かも・・・

シャムロックの衰えぬ闘争心に脱帽
そして来月20日に開催されるUR FIGHTでシャムロックvsダン・スバーンですねw
ダン・スバーンの衰えぬ闘争にも脱帽(-.-)ノ⌒
同大会でのアングルvsミステリオ(プロレスルール)は見たい

キンボvsダダは・・・
ファンが彼らに望むのは高い技術の攻防戦ではなく、街ならお捻りが飛ぶような「技術無視!間合い無視!ルール無視!」のド派手なケンカファイトなんですけどね・・・

キンボはベラトールでの試合が2試合決定してますからね
次はボビー・ラシュリーですね

個人的にRlZlNより巌流島に参戦してほしいですね
武道の達人vs街の喧嘩家
谷川代表も大好物な組み合わせだと思いますけどねw
何故、巌流島でこのコンセプトが企画されないのか疑問?

キンボ&ダダも日本で見たいですが、入国できますかねw?
例え入国出来ても、滞在期間中のトラブルにも要注意ですからね
運営もそんなリスクを背負いたくないですからね

[2016/02/22 18:57] URL | はな #- [ 編集 ]


はなさん。そうですね。短時間ながらお互いの「お前には負けたくない」っていう気持ちが伝わってくるようでした。ホイス、海外厳しい感じなんですか。あれだけ動けるんなら日本で見たいですよね。

すいません。URFIGHT把握してなくて調べてみたんですけど、なんだか面白そうな興行ですね。ボクシングありプロレスありMMAありグラップリングありと。プロレスのカードかなり魅力的です!シャムロック試合間隔短いのに頑張りますね。でもスバーン応援します(笑)。

キンボvsダダはMMAファイターとして少し成長してしまったキンボに問題があるかもですね(笑)。言われるように街の倒し合いみたいな試合が理想ですね。次はラシュリーですか。ちょっと勝つのは難しそうな・・・

巌流島参戦は現状だと厳しい感じですが、言われるように谷川さんの中で街の喧嘩屋が出てこないのは意外ですね。喧嘩サッカーがあるのに(笑)。

キンボとダダは日本で見たいです。確かに六本木とかで問題起こしそう(笑)。いつか現実になればいいなと、少し期待しときます。
[2016/02/25 01:42] URL | H.T #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hidehide7755.blog27.fc2.com/tb.php/3871-36e10689
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

blog rink up



独り言



お世話になっているブログ



★★おすすめ★★





Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -



ありがとうございます!



最新の記事



カテゴリなど



RSSフィード