日刊H.T Season 2
のんびり、まったり、更新
笑いを堪えるオカダ・カズチカ再び

 ベン・ロズウェルがジョシュ・バーネットからタップを奪ったムーブが解説されてます(見えない道場本舗)。押さえつけるような、体重を使って圧迫するような極めでしたね。経験豊富なジョシュ(関連記事)をもってしても防げない意外性のある動きだったのかなあ。ゴゴチョークとギロチンチョークって何が違うんだろう。両方の表記が見られます。
 ツイッターにオカダが会見で笑いを堪えているというツイートが。またかと笑(関連記事)。この手の話題が蝶野が元祖かなと思います(関連記事)。同世代で共に笑いを堪えてきた同士、中邑が退団しても、オカダはブレない(笑)。どこで笑っているんだと動画を見ると。後藤に後藤革命の質問がされている時ですね。後藤革命っていうのは、後藤自身が数年前に発したものですが、何が革命なんだか、始まっているのかすらわからないという、かなり謎めいた革命(笑)。オカダもその辺りが笑いに繋がったと思われます。詳細を続きからです。
 









■後藤「始まるも何も、もう始まっている」
-「オカダ選手が革命を終わらせると言っていましたけど、2年前あたりから口に・・・後藤さんの中ではまだ続いているんですか?」
後藤「終わってないですよ。もちろん。形にして見えるのが大阪です」
-「ベルトを取ることによって、また革命がはじまると?」
後藤「そ~ですね。始まるも何も、もう始まってるんで(オカダ笑いを堪えるのに必死に見える)。はい。形にして見えるのが大阪・・・ですね」
  ※「新日本プロレスワールド」より




■下を向くオカダ







 革命っていうと長州力ですとかレボリューション(革命)を主張してきた天龍とかですかね。世代的に後藤がファン時代が親しんだ言葉なのかな。これ何が面白いかって、後藤革命の実態が見えないところなんですよね。「始まるも何も始まってる」と言われても(笑)。あと後藤の異様な真剣さ。凄く真剣に緊張感をを出しながら後藤革命についてコメントしてるんですが、以前に週プロで「革命??そんなもんねぇよ!!」と否定してる背景がある以上、おかしな事言ってんなって受け取ってしまいますよね(笑)。プラスに取るならば後藤革命は確実にレインメーカーのメンタルを狂わせている。今日のタイトルマッチに注目ですね。
スポンサーサイト

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hidehide7755.blog27.fc2.com/tb.php/3860-54731c56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

blog rink up



独り言



お世話になっているブログ



★★おすすめ★★





Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -



ありがとうございます!



最新の記事



カテゴリなど



RSSフィード