日刊H.T Season 2
のんびり、まったり、更新
「KYOKUGEN 魔裟斗vs山本KID徳郁」を地上波でみた

 石井慧とプロハースカが再戦へ(東スポWEB)。トーナメント初戦敗退(関連記事)の石井へチャンスが与えられた格好ですね。プロハースカは初戦で石井を撃破した後も勝ち続け、準優勝ですからね。普通だったら組まれないような再戦だと思いますが、ホーム日本のあたたかさといったところでしょうか。ただ前回の試合内容をみる限り、プロハースカ強かったので勝利するのは厳しそうな感じしますねえ。石井に結果を残してほしいですね。
 間は空きましたが、昨年末に放送された「KYOKUGEN 魔裟斗vs山本KID徳郁」の感想でも。以前に魔裟斗の打撃のパワーアップを記事(関連記事)にしましたが、蓋を開けてみると、それも納得でしたね。身体がデカイ。体重差がありすぎ。KIDが62.1キロに対し魔裟斗が74.7キロ。約12キロ差。そりゃ打撃の威力上がるわ(笑)。お祭り的なカードかもしれませんが、試合を受けたKID(関連記事)に拍手を送りたいですね。では感想を続きからです。









○魔裟斗(判定3-0)山本KID徳郁

■2人それぞれある試合する目的
KID「ほんと格闘技界に恩返しがしたい。自分の時は盛り上がってた。でも、今は日本では落ちちゃってるんで。俺の後の若い子たちの為に格闘技をこう、また盛り上げることしかできないんで」

魔裟斗「子供は見たくないって言ってるけど、まあ、こうやってやってきたんだよっていう歴史を、現役時代に見せられなかった事を今になって見せれるかなって。最初で最後だと思ってるんで、負けた姿を見せるか勝った姿を見せるか、これ1回きりなんですよ(笑)。どうせなら勝った姿を見せたいですよね」


■肌が覆われた熱そうなKIDの試合コスチューム
 KIDのコスチュームが真っ白。獣神サンダーライガーのような肌が全て覆われたタイプですね。KIDのタトゥーがTV的にまずいという情報があったので、もしかしたらその対策なのかなと思いましたが、試合後は脱いでTVにガンガン映ってましたからね。真相は謎(笑)。個人的には、このコスチュームからメキシコのプロレスラーネグロ・カサスを彷彿とさせました(笑)。


■リスクを感じるのは魔裟斗
 お祭り的なカードとも言えるこの試合ですが、どちらが負けたくない気持ち。つまりリスクを心に中に抱えてるんだろう、と考えると難しい。KIDは現役ファイターですから、どんな背景があろうと引退した選手に負けるのは恥ずかしいという見方あります。魔裟斗は引退した身でブランクがありますが、自分の専門分野ルールでの試合、しかも相手は総合格闘技の選手、という視点で負けたら恥ずかしいという見方できますね。そして、そこに当日プラスされたのが両者の体重差。思ったよりありましたよね。その辺りを総合的に考えて魔裟斗の方が「これは負けれない」という思いが強かったのかなあと試合から感じました。なんというか・・・魔裟斗は普通なんですけどKIDは所々魅せる、人目を気にした動きが見られましたね。格闘技界を盛り上げたいKIDと子供に勝つ姿を見せたい魔裟斗の意識の差が出ていたのかも。もしかしたら、大きな体重差は魔裟斗のどんなことをしてでも勝つという究極の戦略の一つだったのかなあ。


■魔裟斗の完勝
 試合に向かう両者の意識の差を感じつつも、やっぱりこのルールだと差がありますね。引退した魔裟斗ですが、時間をかけじっくり調整してきたようですし。、やっぱり強いですね。後半になるとKIDは倒されることはだけは避けたいみたいな感じに見えました。試合に挑む目的の違いが上手いことスイングした面白い試合。結果は判定3-0で魔裟斗勝利!ダウンを奪いましたし完勝といって良いでしょう。試合後の嬉しそうな両者の笑顔も見てて心地よかった。

魔裟斗「もう、ほんとに子供には、もうリングに上がることはないんで、勝った姿を見せるか負けた姿を見せるか、ほんとに今日勝った姿を見せることができて嬉しいです。はい」

KID「(嬉しそうに)魔裟斗くんがまたやるって聞いて、やっぱ、1回辞めても、また絶対やりたくなるから。で、また、半年間スゲー6年のブランクをまた半年間でめっちゃ追い込んで。試合にも勝ったし・・・(略)それで周りに人とかに勇気を与えれたと思ってるんで、魔裟斗くんは。・・・(略)え~また!魔裟斗くん!10年後!(両者握手、場内大歓声)。すいません奥様。(魔裟斗の子供に向かって)パパ10年後やるからね。OK?」
魔裟斗「10年後はキッズ対決がいいんじゃない?」
KID「女の子同士(笑)」
魔裟斗「女の子同士で(笑)」









 カードが決まった時は本職であるUFCを欠場してるのに、国内で試合するKIDに良い印象を持たなかったですけど、試合終わった後のほのぼのした空間をみると実現して良かったなと思えました。両者の子供がリングサイドにいたり、魔裟斗の身体が大きくなってたりと時の流れを改めて感じれるカードでもありました。KIDは10年後また試合と言ってました。魔裟斗はOKとは言いませんでしたが、なんとなく10年後ありそうな気がしますねえ。
スポンサーサイト

テーマ:格闘技 - ジャンル:スポーツ

コメント

4月に即再戦ではなく、査定試合(対戦候補はGPベスト4ファイター)を挟むみたいですね
ヒョードル(ロシア)との関係を考えると期待の新星ネムコフなのかな?
個人的に野性味溢れるオークストリス選手の方が見たいかなw
試合後の咆哮などキャラ立ちしてますし、31日は会場人気も凄かったw
ボクシング技術はオークストリス選手の方が数段上ですが、互いに柔道出身者なので寝技の展開あるかも?
逆に柔道技で石井選手が負ければ・・・
イサミ社長の話しだと、RlZlN.1に楽しみな選手が参戦するみたいですね
誰だろ?

魔娑斗vsKIDは凄く楽しめました!
入れ墨はTBS地上波ゴールデンでは無理なんですね・・・
(最後に脱ぎましたがw)



[2016/01/19 21:20] URL | はな #- [ 編集 ]


はなさん。こんばんは!ほんとですね。すいません。ソースをよく読んでなかったです。ネムコフもオークストリスも、けっこう強いですよね、石井にとってはキツイ戦いになりそうですね。言われるようにオークストリスは打撃強いんですよね。石井得意の光を消す戦い方で地味に勝てればいいですけど。なんとかプロハースカまでたどり着いてほしいですよね。

「RIZIN.1」に楽しみな選手ですか。気になるじゃないですか(笑)。あれじゃないですか。ヴァンダレイ・シウバとか。

魔娑斗vsKIDは面白かったですね。結局KIDの入れ墨はどうだったんですかねえ(笑)。後半、普通に放送に映ってましたよね。
[2016/01/20 00:57] URL | H.T #- [ 編集 ]


>魔裟斗は普通なんですけどKIDは所々魅せる、人目を気にした動きが見られましたね

エキシビジョンということをKIDは意識していたからだと思います。
嫁さんがブログに書いていた以上(削除済み)、魔裟斗もエキシビジョンだということを知らなかったわけはないですが……。
[2016/01/22 02:47] URL | 不思議なエキシ #- [ 編集 ]


不思議なエキシさん。こんばんは!両者の勝ちへの執着という視点でみると、かなり差があったように感じましたね。KIDはタイへ練習しに行ったり、意気込みを感じましたが、そこも含めて言われるようなエキシビジョンという魅せる気持ちがあったのかもしれませんね。

魔裟斗は子供が絡んでるので(笑)、やっぱりKIDに比べると勝たないとってなっちゃったんでしょうね。
[2016/01/23 18:58] URL | H.T #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hidehide7755.blog27.fc2.com/tb.php/3837-f6227fbc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

blog rink up



独り言



お世話になっているブログ



★★おすすめ★★





Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -



ありがとうございます!



最新の記事



カテゴリなど



RSSフィード