日刊H.T Season 2
のんびり、まったり、更新
真壁刀義の消えない怒り

 寒いですねえ。「大仁田 曙に格闘技マット完全撤退勧告」(YAHOOニュース)ですか。大仁田のコメント「なんで全日本に入ったのかを考えろよ。(ジャイアント)馬場さんの教えから相手の技を受けることを身に付けるためだろ!? 格闘技とは根本的に違うんだよ。もう『王道』は名乗らない方がいい。曙は邪道だ。会社名も『邪道』にして人生を遊べよ」というのは上手いこと的を得ているなと感じました。自分も「王道」(関連記事)を名乗るんなら「RIZIN」よりもすることはあったと思いますね。そこから電流爆破に繋げる強引さは大仁田そのものですが(笑)。
 今やスイーツで有名な真壁刀義出演の「金曜8時ごろのワンダーランド 新春特別編」が新日本プロレスワールドにアップされてます。これかなり面白いです。真壁かなりぶっちゃけてます。その中で自分が特に印象に残ったのは苦しい若手時代から消えぬ、ある先輩への怒り。真壁はエリートでもなく、いわゆる雑草ですよね。日々苦しい練習を耐え今があるわけですね。その厳しいしごきがあるなか、愛情感じる先輩(関連記事)もいれば、ただのストレス発散・・・愛情なき先輩もいる。その先輩への怒りは時が流れた今でも消えない。その部分をアップしときます。続きからです。








■こいつ消してやろうと今でも思ってる
真壁「好きな先輩の方が数えるくらいでしたね。う~ん、だからもう、天山とかね。あとは、もう、誰だろうな~。天山・・・あとは道場に来なかった人。上の人ですね。山本小鉄さんとか。もちろんビッグ・サカ(坂口征二)だったりとか、力ちゃんマンも好きでしたね。」
聞き手(吉田豪)「力ちゃんマン?」
真壁「もちろん長州力のことですね。あとは誰かなあ。もういないんじゃないかなあ。それぐらい。要するに先輩後輩でもライバルでもあるし、やっぱり無茶なこと言ってくると、いくら温厚な俺でも『なに、このやろ』ってなるんですよね。・・・(略)縦の関係があるから、だいたいみんな従うのね。従うんだけど、俺、従ったふりして『なに、このやろう』って顔に出るんですよね。」
聞き手「そうするとやっぱり」
真壁「殴られるんだよ。」
聞き手「丸見えなわけですね。」
真壁「丸見えですね。だって、我慢できないじゃないですか。なんで、俺がこいつの言ってる間違ったことやらなきゃいけねえんだよって、思うから。そうするとやっぱり、やられるんだよね。もっと倍になったりして。そうするとやっぱりリベンジの気持ちが沸くわけですね。こいつ絶対ぶっ殺してやろうと、これテレビで話せないね、ほんとに。」
聞き手「それもしかして僕がTシャツ着てる人の話ですか?(Tシャツからはホーク・ウォリアーが見える)」
真壁「(長州のマネしながら)それしかないだろうなあ。おん、そうだろうなあ。でもホークさん良い人だったよ。ホークさんは良い人」
聞き手「ホーク・ウォリアーは良い人(笑)」
真壁「良い人だった。すごく。なんかね、いろいろあんだよね。難しいんだけど、俺も恨み節しかねえんだけど、もう殺してやろうとしか、ごめんね、ほんと(テレビでは)ダメだね。」
聞き手「でもね、当時の選手の人に取材すると、みんなその人には怒ってますね」
真壁「そうでしょ。あれ殺してやろう、と今でも思うわけ。だけど、あの時にそれなかったら今の自分ないんだろうなって、それは思うの。こいつだけはほんとに消してやると思ってたからね。ずっと思ってたの。ほんとに。今でも思ってるからね。俺。それって恨みとかもあると思うよ。ないとは言わない。だけどそれ以上に、やっぱりこいつやってやんないと気がすまねえなっていうのがあるの。そのふざけんじゃねえ、っていう反骨心で俺上がってきてるから。反骨心がやっぱ消えないのね。だってもういっつもイライラしてんだよ。いっつもイライラしてるのって嫌じゃない。・・・(略)」
聞き手「怖いのが2人とも普通にバラエティに出るようになって、何も知らない人が共演させちゃうってなっちゃのが」
真壁「(首振りながら)あ~たぶん共演はないでしょうね。うん。うちの事務所がかなり気を使ってると思うんですよね。僕に(笑)」
  ※「新日本プロレスワールド」より








 そうとうな怒り、恨みを感じますね。あまりの厳しさに殺意が沸く(関連記事)。それほど追い込まれるということですね。鋭い方は気が付くと思いますがホーク・ウォリアー(関連記事)と共にプリントされるTシャツを作られる日本人ですよね。本人も触れてましたけど、プラスに取るとしたら、その出来事があるからこそ今の成功があるんですよね。意外だったのは長州って、意外と後輩から好かれてるですね。当時の長州こそ理不尽な怒りっていうイメージがあったので。厳しいながらに愛情があったということなんでしょうね。
 ここでは触れてないですが、その苦しい真壁の大きな支えになったのが山本小鉄さんらしいですね。小鉄さんに人柄のすばらしさ(関連記事)は誰もが言うことですが、改めて偉大な方だったんだなあと感じました。
スポンサーサイト

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

コメント

劣等生だった真壁選手に「誰よりも強くなれ!強くなれば誰も文句を言わない!」と、山本小鉄さんが励ましてくれたんですよね
[2016/01/17 19:41] URL | はな #- [ 編集 ]


はなさん。こんばんは!そうですね。その強くなれってっていう所をもっと突き詰めると、シュート技術の部分かなと真壁のコメントから伝わってくるようでした。小鉄さん、ほんとに良い人なんだなあとしみじみと思いましたねえ。
[2016/01/20 00:35] URL | H.T #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hidehide7755.blog27.fc2.com/tb.php/3835-d566c10a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

blog rink up



独り言



お世話になっているブログ



★★おすすめ★★





Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -



ありがとうございます!



最新の記事



カテゴリなど



RSSフィード