日刊H.T Season 2
のんびり、まったり、更新
「RIZIN SARABAの宴」を地上波でみた

 さてさて、今年も始めますか。一つ嬉しい情報で昨年末放送されなかった「猪木ボンバイエ2015」が1月31日13時よりBSフジで放送されます(IGF公式)。小川直也vs橋本大地のみ、辻さん(関連記事)が実況担当。小川直也と橋本真也(関連記事)の戦いをリアルタイムで実況した辻さんだからこそ語れる何かがあるでしょうね。楽しみです。
 今日は先月29日に開催された「RIZIN SARABAの宴」の感想でも。これはかつて絶大な勢いを誇りつつも消滅してしまった「PRIDE」を振り返りつつも、これで最後にして新たな道へ進もうという、コンセプトなのかな。参戦選手にPRIDEファイターが目立ちますね。メインが何といっても青木真也vs桜庭和志。往年のファンの心に響く試合になること間違いなしですよね。では、地上波放送順で感想を続きからです。














〇高阪剛(2R 1分58秒 TKO)ジェームス・トンプソン
 トンプソンは契約体重120キロを12.3キロオーバー。なんじゃそりゃ(笑)。試合消滅の危機でしたが高阪が受け入れたため実現に至ったと。もしトンプソンが勝ったとしても無効試合なんだと・・・なんだそりゃ(笑)。このねえ・・・無茶苦茶感・・・なんだか懐かしいですねえ(笑)。トンプソンの心境を考えると・・・お祭り的なイメージだったんですかねえ。対戦相手は引退から復帰の選手ですし、心構えの低さは感じざるを得ませんでした。
 高阪の頑張りが凄かった。相手は調整不足とはいえ体重差が生まれましたし、厳しい環境の中、攻める姿勢を見せてくれました。打っても打っても頑丈なトンプソンでしたが、高阪の手が止まることはなかったですね。ブランクがあるとは思えないフィジカル、そしてメンタル。「RIZIN」スタートとして最高の試合だったんじゃないでしょうか。
 高阪はリングス時代から様々な試合を見せてくれた選手ですが、ここ近年はWOWOWの解説者としてお馴染み。良い意味で身近というか、引退前よりも感情移入できる自分がいました。コーチを務めたラグビー日本代表の選手らも応援にきてましたね。昨年は高阪、素晴らしい年になったんじゃないでしょうか。


DJ.taiki(判定 0-3)高谷裕之〇
 おたく(taiki)vs不良(高谷)。昨年、UFC契約への登竜門番組で敗れたtaikiですが、年末に上手いことチャンスが回ってきましたね。高谷といえば高谷軍団ですか。「DREAM」を思い出します。打撃だと高谷が上という印象でしたが、taikiの折れない心が、試合を盛り上げていたように感じました。特に3R面白かった。taikiが優勢に立ちそうになるも高谷は組み付いたり、距離を置いたり、経験を感じる立ち回りを感じました。何か起こるんじゃないかと思わせるハラハラ感ありましたね。試合後はノーサイド。両選手はPRIDEファイターではないですが、PRIDE無き日本のMMAを支えた選手ですよね。


〇所英男(1R 5分16秒 アームバー)才賀紀左衛門

 所ジョージが歌うテーマ曲久しぶりに聞いたなあ。所上手かったですね。流れるような極め。相変わらず寝技が上手いですね。この試合の主役は才賀の奥さんで女優のあびる優だったかもしれません(笑)。試合前の煽りVで「記憶が無いくらい発狂してしまう」と語っていたあびる優。これは嘘ではなかった(笑)。あまりの発狂ぶりにフジテレビにクレームがいったんですよね。今年、あびる優は再び「RIZIN」に現れるのか、注目ですね(笑)。



宮田和幸(1R 2分14秒 TKO)日菜太〇

 ほんのちょっとだけ流れました。K‐1ルールの試合ですが、これだと宮田は相手にならない印象ですね。まあでも不利なルールで試合を受けた宮田も称えたいです。


ゴラン・レリッジ(1R 2分58秒 TKO)ワジム・ネムコフ〇

 RIZINヘビー級トーナメント1回戦。ネムコフの前評判が高かったので注目してました。チームヒョードルなんだと。というかチームヒョードルというのを初めて聞いたんですけど(笑)。リレッジは弱い選手ではいないように感じましたが、相手が悪かったかな。ネムコフの圧力は半端ないですね。ヒョードル、ロシアって感じしますね。ダウンを奪った左から右へのコンビネーションパンチは圧巻でした。今後、期待できる選手です。


〇テオドラス・オークストリス(1R 3分32秒 KO)ブルーノ・カッペローザ

 この試合も見ごたえありましたねえ。このトーナメントは名前の知らない選手ばかりですが、世界の団体のトップを集めた、というのがわかります。両者ともに打撃が強い。オークストリスのバックボーンは柔道だったと思いますが、専門以外の打撃もすでに完成されている印象。フィニッシュはカッペローザが出した前蹴りのカウンターで右パンチ。音が凄いです。選手の知名度もせいか、声援が少なめなんですが、その分打撃音が聞こえやすいですね。いやあ、このトーナメント思ったより面白い!



〇キング・モー(1R 9分09秒 KO)ブレッド・マクダーミット

 かなり編集されて短くなってましたが、トーナメント本命であるキング・モーの強さは伝わってきましたね。世界さまざまな団体が集まっていますが、その中でキング・モーの「ベラトール」が一番有名、世界のトップファイターが集まっている印象ですね。その力をまざまざと見せつけた試合に見えました。


石井慧(1R 1分36秒 TKO)ジーリー・プロハースカ〇

 石井登場!対戦相手のプロハースカは以前、当ブログでチェック済(関連記事)で、プロハースカの打撃は脅威だけれども石井なら上手く回避しつつ・・・そのうちにプロハースカが失速しテイクダウンして勝てるだろうと予想してました。が、石井は序盤のプロハースカタイムを凌げなかったですね。とにかくプロハースカは休まない、相手との間合いの探り合いっていうんですかねえ、その時間が少ないですよね。それが石井のペースを崩したかな。あれ、あれ、あれ?っていううちにハイキックをもらった印象。プロハースカが強かった!


桜庭和志(1R 5分56秒 TKO)青木真也〇
 青木のテーマ曲「バカサバイバー」。この曲が日本の会場で流れる嬉しさを妙に感じてしまいました。この曲で入場する青木は海外・・・パソコン越しのネット動画・・・というのが当たり前の月日だったので、地上波での青木入場。うれしかった。
 試合は長年、プロレス・・・プロレスから派生して出来上がったジャパニーズMMAをみてきた自分にとって感情に深くくる試合でしたね。桜庭なにもできませんでした。これが現実。簡単にテイクダウンされ、ガードを取ることなくサイドポジションを取られ、マウントを取られ殴られ続けるという。この一見、桜庭が凄い下手くそに見える流れは素人の自分では謎なんですが、青木だからこそできた何かがあるんでしょうね。マウントを取られた時に、まだ元気だった桜庭は強いブリッジで返そうとしてましたが、そこでも崩れなかった青木の安定感が試合を一方的にしたのかな。マウントは攻撃的ポジションですが、安定感があまりないポジションとも言えますね。あそこで桜庭が元気なうちに返せてたら流れは変わってたかもですが、青木は崩れなかった。完敗だった桜庭、完勝だった青木。両者ともに試合を受けるリスクの大きい試合だったと思います。両選手に拍手ですね。

青木「桜庭さん、ほんとにありがとうざいました。まだボク、桜庭さんの代わりになれないです。だから、桜庭さん、もうちょっと、ぼくは桜庭さんの試合が見たいです。桜庭さんの試合がぼくはまだ見たいんで、引退しないでほしいです。桜庭さん、また今度、グラップリングお願いします。(涙)」

青木「おい、このリングで青木vs五味やんなきゃダメだよな。青木五味!来年、青木vs五味。社長、お願いします。押忍!ありがとうございました」








 桜庭敗戦残念。桜庭完敗の原因を言おう。寝不足、飲み過ぎだな笑(関連記事)。おそらく桜庭は引退しないですよね。日常生活を改善すれば、まだいけます、ということにしたいです。
 ヒクソンの話題を振られるとちょっと沈黙する高田にも注目してしまいます。ヒクソンが花束渡す際にコメントを求められた高田「いや・・・そんなに・・・これといって・・・ええ、あの~ないんですけどね」。なんという高田らしくない歯切れの悪さ(笑)。まだ引きずってませんか、あの敗戦(関連記事)を。なんて色んなことを背負う人間の生きざまを感じる「RIZIN」です。
 では近いうちに31日の「IZAの舞」の感想を。

「IZAの舞」感想はこちら
スポンサーサイト

テーマ:格闘技 - ジャンル:スポーツ

コメント

僕も観ました。しかしトンプソンも体重オーバーに一度引退と何か高阪さんの勝利の御膳立てな相手だな。勝利は嬉しいけど。

DJ.taikiは最強の引きこもりと言うよりは最強の王国民ですな。でも惜しかった。

大晦日に試合の再放送を見たが確かにあびる優は五月蝿かった。Twitterのトレンドであびる優と有ったから見たら、うるさいだのウザいやら青木選手に殴られまくる桜庭さん状態。まあ、集中出来ないですわな。所選手はもっと集中出来なかったか。まあ、あびる優は昔の万引きの件に対する反発が未だに根付いているのかな。

石井選手はあっけなく負けた。煽りVより短かった。相手のハイキックが良かっただな。

桜庭さんは完敗。青木選手が良かった。アリスの「チャンピオン」を思い出したが、歳でも有るし、感覚も大分鈍っているのか。引退はしないが、MMAは引退でしょうね。

小川vs橋本ですが、小川、藤田両選手は橋本選手を「親不孝者め!。草葉の陰で泣いとるは!」の気持ちだったでしょうね。

[2016/01/06 12:47] URL | スライディングD #- [ 編集 ]


遅くなりましたがあけましておめでとうございます。
高田、よかったですね。かなり絞れてましたけどサイズを落とすことなく全盛期に近い肉体に仕上げてきました。
まだできますね、今のヒクソンになら・・・どうですかね?
桜庭は70キロ台ですからね~。・細かったですし。でも牽制の蹴りは走ってましたけどね~
今の桜庭の現実なのかも?しれませんし体重がベストなら全然違ったのかもしれませんし。
まぁでも今は誰にしろ善戦しようが惨敗しようが
当時の高田みたいに叩かれませんから・・。

今年もガンガン高田の話題でお願いします
今年もよろしくどうぞ
[2016/01/06 16:33] URL | F #- [ 編集 ]


スライディングDさん。こんばんは!最高のコンディションだという高阪としては、トンプソンの調整不足はいただけなかったでしょうね。第1試合として素晴らしい試合をしてくれたことに感謝です。

DJ.taikiは昨年からチャンスはあるんですけど、なかなかというところですね。今年の躍進に期待ですね。

あびる優は目立ってましたねえ。自分は気が散るなと思いまながらも、笑いながら見れたタイプですが、ガチで怒った方もいるようですし、そうなると次回の登場はあるのかと、余計に気になります(笑)。過去のイメージ的なネガティブ要素はあるのかもしれないですね。

石井は残念でした。プロハースカの打撃はヤバいですよね。

桜庭は周囲がいうほどプロレスとMMAを分けてないと思うので、プロレスしてるならMMAも現役ということなのかな。1.4に参戦してましたね。

小川vs橋本はまだ見れてないですが、IGF臭漂う感じしますね。今月末の放送が楽しみです。
[2016/01/07 21:17] URL | H.T #- [ 編集 ]


Fさん。あけましておめでとうございます。今年もがんばります(笑)。よろしくお願いいたします。

高田の肉体絶賛が多いですよね。自分は、なんというか高田なら当たり前の身体という視点で見てたので驚きはなかったですが、言われてみると凄いことですよね。高田はいつになってもかっこいいですね。今のヒクソンなら勝てます!!

桜庭はプロレスのリングでもそうですが、コンディション悪いんですよね。年老いていくなか、それに応じた高田のようなコンディション管理は得意な方でないのかもしれません。
そうですね。いまやレジェンド扱いですからね。後輩に完敗しても、親しまれるポジションは高田に比べたら楽・・・なのかもですね。

今年もFさん向け高田ネタがんばります。よろしくお願いします!
[2016/01/07 21:24] URL | H.T #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hidehide7755.blog27.fc2.com/tb.php/3823-b939e5c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

blog rink up



独り言



お世話になっているブログ



★★おすすめ★★





Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -



ありがとうございます!



最新の記事



カテゴリなど



RSSフィード