日刊H.T Season 2
のんびり、まったり、更新
反選手会同盟誕生のきっかけ

 ちょっと前の「ワールドプロレスリング」で永田(関連記事)、小島(関連記事)、天山(関連記事)、中西(関連記事)の同世代が「俺らはまだやれるんだ」的なアピールをしていました。この光景・・・かなり前にもありました(関連記事)。現状は完全にトップ前線を若い世代に譲り渡している印象。ここでもうひと踏ん張り!現トップ所を脅かすムーブメントを作れれば面白いなと思います。なんでこう思うかと言うと、かつて割と似たような境遇の選手らが奮起し大きいムーブメントを起こし盛り上がったから。それは越中、小林らの反選手会同盟(関連記事)。これ名前の通り「選手会なんか、クソ喰らえ!」なんですが、真の発足理由が今となって越中から語られてます。続きからです。









■くすぶっていた
越中「あの頃の俺は、くすぶっていたというかね。・・・(略)上にはまだ長州、藤波が高い壁としてあって、さらに3バカ(闘魂三銃士)がいて、馳、健介がいて・・・(略)ポジションも確立できなくてね」

■反選手会同盟誕生のきっかけは小林邦明の病
越中「俺と小林さんが誠心会館の興行に出たことで選手会を脱退することになってね。札幌で俺が蝶野と、小林さんが馳とやることになったんだけど、その前に小林さんが病(胃がん)に倒れた。・・・(略)大変な病気でね。見舞いに行ったときはびっくりしたよ。上半身全体を十字に切るような大きな手術跡があって。それを見たとき『安心してください。いいポジション用意しておきますから、かならず帰ってきてください』って。」

■選手会をぶっ殺すとかじゃなかった
越中「だから選手会のヤツらをぶっ殺すとか、そんな想いじゃなくてね。『大変な闘いをしている小林さんにかならず帰ってきてもらって、そのときにいいポジションで迎える』、それが当事者として闘っていたボクらの想い」
  ※「ゴング 9号」より








 当時を振り返ると、失礼な言い方ですけど「この人達こんなに元気だったんだ」と思いました。それぐらいのモチベーションを感じましたね。その裏には病と闘う小林の存在があったんですね。
 話は最初に戻りますけど、永田、天山、中西、小島の第3世代。この結束力強いメンバーなら現トップ勢を脅かすことができるはず。あれだけ朝ご飯食べる中西もいますし(笑)、楽しみにしときます。
スポンサーサイト

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

コメント

そう言う経緯が有ったとは。中間管理職のポジションだったかも知れないし、食っていく為にな感じだし、越中さんが先輩の小林さんを思っての事か。小林さんも胃ガンの手術を三度して引退の原因にも成ったりと。
維震軍も最初は敵役として見てましたが、末期には応援してましたな。

昨日の夜、録画したアメトーークの十周年記念の番組で第二回プレゼン大会でのケンコバさんのプレゼンでの「越中詩郎芸人」には笑ったな。今見ても笑っちゃう。しかし10年近く前なのね。

第三世代もまだまだ頑張ってほしいです。第三世代の頑張りも忘れてならないし。
中西選手の朝食はZIP!でも取り上げられたし。
天山さん、妖怪ウォッチの映画見に行ったのかな?。えっ?、全日の秋山社長が第三世代に喧嘩を売った!?。
[2015/12/23 20:50] URL | スライディングD #- [ 編集 ]


スライディングD。こんばんは!振り返ると、もうトップを目指すことを諦めた中間管理職みたいな。あのモチベーションの変化には見ていてテンションあがりましたね。小林の存在あってこそなんですね。

アメトーーク見たかったです。もう10年も経つんですか。「越中詩郎芸人」は良かったですね。越中がプロレス村を飛び出しましたよね。うれしかったです。


第三世代頑張ってほしいですよね。試合以外だと存在感あるんですが、リング上での存在感、その辺りを来年は期待したいですね。天山のことなので映画館いってるはずですよ(笑)。全日本との絡みも面白そうですね。
[2015/12/25 18:52] URL | H.T #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hidehide7755.blog27.fc2.com/tb.php/3813-12e73e0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

blog rink up



独り言



お世話になっているブログ



★★おすすめ★★





Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -



ありがとうございます!



最新の記事



カテゴリなど



RSSフィード