日刊H.T Season 2
のんびり、まったり、更新
ヒョードルvsシング・心・ジャディブが決定

 ヒョードル(関連記事)の対戦相手が発表されました。待ちにまった対戦相手はシング・心・ジャディブ。あの予想はなんだったんだ笑(関連記事)。楽しい予想時間をありがとう(笑)。会見での榊原さんの表情は複雑でしたね。勝手な推測をすると、最初はシング・心・ジャディブで、その噂が広まり・・・周囲の落胆ぶりを感じた榊原さんは違う相手の設定を試みたが・・・時間足りず、周囲の期待に応えるようなカードを準備できなかった・・・複雑な表情なのかなあ。
 シング・心・ジャディブは立ち技ルールでのキャリアがほとんどでMMA経験2戦のみ。2勝0敗。最初の試合が2013年のAlireza Tavakoli戦。なんて読んでいいのかわからないので(笑)、英語表記のまましときます。2戦目が今年の10月に行われたカルロス・トヨタ戦。1戦目のAlireza Tavakoli戦は動画があるので、簡単な感想と動画を合わせて続きからです。







対Alireza Tavakoli

 背が高いです。MMAを始めたばかりのミルコみたいですね。テイクダウン防御を覚え。得意の立ち技中心に戦っていくスタイル。寝技で上になる場面があっても深追いでず自ら立ち上がりますね。つまり、寝技はしたくない。得意でない。打撃の強いヒョードルと向き合いつつ、寝技になる展開を防御し続けるのは難しい気がするし、これはヒョードル勝ちの可能性高しだなあ。


対セルゲイ・ハリトーノフ

 これはK‐1の試合ですが、相手がMMA経験豊富なハリトーノフということで。打撃の強いハリトーノフ相手に完勝ですね。急所と言われる耳裏へのパンチがフィニッシュ。ヒョードルに勝つにはスタンドで戦い抜くこと。それにつきますね。







 ヒョードルサイドに意見をしっかり尊重して組んだカードに感じますね。榊原さんは、そこの隙をついてもっとファンが喜ぶカードを考えてたんでしょうが。ジャディブはとにかくグラウンドにならない戦略でしょうね。なんだかヒクソン戦前の高田の心境みたいだな(笑)。「とにかく寝るな」みたいなこと言われたんですよね(関連記事)。
 直近のカルロス・トヨダ戦が見たいんですけどね。どなたか観戦、あるいは映像見た方、感想を教えてください。ヒョードルのブランクよりもどれだけジャディブがMMAファイターとして成長しているか。そこが試合を面白くする鍵ですね。
スポンサーサイト

テーマ:格闘技 - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hidehide7755.blog27.fc2.com/tb.php/3809-730e4a8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

blog rink up



独り言



お世話になっているブログ



★★おすすめ★★





Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -



ありがとうございます!



最新の記事



カテゴリなど



RSSフィード