日刊H.T Season 2
のんびり、まったり、更新
GK金沢「大胆不敵でありながら、実際には人のいい藤田」

 金丸義信が全日本プロレス退団。潮崎(関連記事)、曙(関連記事)、鈴木、に続き4人目ですか。全日本ピンチですね。これだけ離脱者が続くと闘う選手が生活できないレベルの待遇しかできない状況なんでしょうかねえ。以前、藤田和之が全日本に乱入したとき「お前ら全員解雇なんだろ!」と言いました・・・ちょっと大げさな挑発だなあと思いましたが、大げさでもない状況なんですかねえ。心配ですね。
 藤田といえば天龍引退興行(関連記事)で、ファンから支持を得られなかったですね。その藤田と深い仲のGK金沢さん(関連記事)がコラムにて興味深い分析をしています。事前に岡林と関本のすばらしさを認識していた、リスペクトの気持ちまで生まれていたと。藤田というと過激なファイトスタイルで表情がぶっ飛んでいて、凄く怖い印象ですよね。でもその素顔は優しいんだと。鈴木秀樹とのエピソードと合わせて続きからです。








■大日本勢へのリスペクトがマイナスに働いた
「このタッグマッチがなぜそういう結果を招いたのか、もう少し突っ込んで検証してみたい。まず、いまとなっては遅いのだが、私自身、藤田に「岡林vs関本戦(7・20両国)を観ておいたほうがいいよ」と薦めたことをいまは後悔している。動画でその試合を観た藤田は、「素晴らしいですね。あれは、長州さんが大喜びしそうなプロレスです。夜中にプロレス中継を観ていて、たまに眠くなってしまうこともある自分が釘付けになって最後まで観戦しましたからねえ」と驚嘆するほどに感心していた。
 ここで藤田に、関本と岡林に対する印象が植え付けられてしまった。大胆不敵でありながら、実際には人のいい藤田。年齢的にも、プロレスキャリアでも自分が上まわっていながら、戦前からこの2人へのリスペクトが生まれたのだ。
 藤田に先入観を持たせてしまったことが失敗だった。藤田は大日本の2人に合わせようとしてしまったのだ。本来、藤田のプロレスはほとんどアドリブである。本能と感情の赴くままに相手に対していく。それなのに、ふだんは無縁なスピーディーでスイングしたプロレスに自分から踏み込んでいった。」
  ※「THE BIG FIGHT」より





■鈴木秀樹に控室で噛みつかれた藤田がとった行動
鈴木「(藤田、ラシュリー、鈴川、澤田、サップvs小川、天田、鈴木、岡本にて)気が付けば藤田さんとのシングルマッチのようになって。・・・(略)僕がレスリングに持ち込もうとしてもスタンドにこだわってきて、エルボーの打ち合いみたいなのばっかりで。僕のプロレスはこういうものだっていうのができてきて、それをぶつけようとしたのに、ただの殴り合いに近い形になって。『なんだ、これ?』って感じで、試合してて、イライラしましたね」

鈴木「試合のあとに控室に挨拶に行ったら、カシンがいて『ビビったのか?』って言われて。イラっときて僕は『あれがプロレスですか?あんなのレスラーじゃなくてもできるんじゃないですか』って反論して言い合いになって。その後、シャワー浴びて帰ってきた藤田さんにも『あんなしょっぱいのがプロレスですか?納得いかないです』って言ったんですね。そしたら藤田さんは『鈴木くんは技も試合作りもできるけど、そこに気持ちが乗ってない。気持ちが乗ってないとお客さんには響かない。鈴木くんに足りないのは魂だから、そこを見せてほしくてやったんだ』て言われて」
 ※「週刊プロレス 2015年 12/2 号」より






 岡林と関本が藤田よりも素晴らしかったといえば、それまでの話なんでしょうけど。藤田のリング上とは違う素顔を頭に入れると、難しい試合だったんだなと感じます。後輩の鈴木秀樹に噛みつかれても冷静に説得する人間性なんですね。鈴木は藤田と噛み合わないと感じつつストレスをためながら試合を成立させてますよね。それと比べ諏訪魔と藤田は、それ以前の段階でほとんどけん制し合い、揉みあいで終わっちゃいましたね。この2人に続きはあるのか。諏訪魔が断固拒否のように感じるので、おそらくないような気配ですが、もう一度あったら、どうなるんだろう?と考えてしまう自分もいます。
スポンサーサイト

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

コメント

しかし、金丸選手も退団か・・・。秋山さんも頑張っているがそうとうキツイんだな。
最強タッグリーグも外国人タッグどころか外国人パートナーすら居ないし、新人の野村、青柳選手も出なきゃ成らないとは・・・。

大日本や諏訪魔選手は純プロレスだけど藤田選手はプロレスかと思えばMMAだからな。どっちつかず何だよな。そこら辺の違いかな?。(解らんけど)
[2015/11/23 16:13] URL | スライディングD #- [ 編集 ]


スライディングDさん。こんばんは!これだけ退団者が続くと、さすがに厳しいんだなと思いますよね。今後は何か新しい仕掛けが必要なのかもしれませんね。そういう意味では「W-1」のプロレス学校は、攻めてますよね。

藤田と諏訪魔は、これまでの盛り上がりがあっただけに残念ですよね。スタイルの違いはありますが、そこが面白いところでもあります。今後はなさそうですよねえ。
[2015/11/26 21:06] URL | H.T #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hidehide7755.blog27.fc2.com/tb.php/3781-ef61abf0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

blog rink up



独り言



お世話になっているブログ



★★おすすめ★★





Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -



ありがとうございます!



最新の記事



カテゴリなど



RSSフィード