日刊H.T Season 2
のんびり、まったり、更新
桜庭和志×青木真也 対談を再び読んでる

 ソース記事が見つからないですが、昨日ガビ・ガルシアが今後、男性との対戦の可能性があるという記事を見かけました。何言ってんのって思いましたが(笑)、このような非常識なカードがかつての日本総合格闘技界では実現してきましたよね。芸能人vsプロ格闘家とか。受け手も非常識を受け入れないとね・・・昔の感覚が蘇ってきた感じ(笑)。
 ヒョードルのインタビューがスポーツナビに掲載されてます。個人的には読んでて少し寂しくもなりました。もう敗戦した相手(関連記事)へのリベンジは、どこかに置いてきたような印象。日本で闘ってくれることは嬉しいけど、ちょっぴり複雑だなあ。発信側もあんまり最強、最強って言わない方がいいような気もします。
 「KAMINOGE」で桜庭×青木の対談があったなと思い、探してみました。このときは両者の対戦は予想しなかったですね。表紙で体のサイズを比べると、身長はほぼ同じ、身体の厚みは桜庭がかなり上かな。この辺をどう歩み寄るのかな。一部続きからです。









■桜庭「総合の試合でしか自己主張できないのかな?」
桜庭「ただね、ボクはこうやってプロレスやって、総合やって、またプロレスをやってる中で、『やっぱり自分は総合の試合でしか自己主張できないのかな?』っていう気はしてるんですよ。正直」
青木「ああ、そうなんですか。サクさん、だから試合のギャラも取りっぱぐれたんじゃないですか?」
桜庭「えーーーっ!?」
青木「試合でしか自己主張できないっていうのは、そういうことッスよね?」
桜庭「た、確かに・・・・。あれ、青木くんは未払いなかったの?」
青木「ボク、なかったっス。そのへんはキッチリ主張してきましたからね(笑)」
桜庭「それは良かったね・・・(ボソっと)」
  ※「KAMINOGE vol.22」より







 これは皆さん感じてるかもしれないですけど、桜庭は新日本でプロレスやってても、心のどこかでMMAってのがあるように感じますね。桜庭のありのままの姿、自然体が自己主張となるのがMMA。青木戦はプロレスのリングで見られないような躍動ぶりがあるかも。
 桜庭がせっかく打ち明けてるのに、青木の切り返し(笑)。金の話か・・・青木らしいけど(笑)。試合以外でも自己主張しろよって感じかな。確かに青木に対しての未払いがないってのは凄いかも。かなりの選手に未払いがあったと聞きますし。どんな場でも自己主張の青木真也、試合だけ自己主張の桜庭和志。試合ではどっちの自己主張が勝るのかな。楽しみです。
スポンサーサイト

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hidehide7755.blog27.fc2.com/tb.php/3745-3e30f7b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

blog rink up



独り言



お世話になっているブログ



★★おすすめ★★





Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -



ありがとうございます!



最新の記事



カテゴリなど



RSSフィード