日刊H.T Season 2
のんびり、まったり、更新
西村修「あのときは……藤波さんには本当に迷惑をお掛けしましたねぇ」

 「DROPKICKチャンネル」読んでます。復帰先としてUFCをチョイスしなかったヒョードル。日本LOVEの精神からくるものなのかなと思いました。それもあると思いますが、ただ単に榊原&べラトール軍がUFCより高い金額を提示した結果であると。榊原&べラトール軍の資金力を侮ってました。
 続いて西村修インタビュー。西村といえば反長州ですか。同世代は良い意味でも悪い意味でも長州と似たスタイルがありますが、西村だけは違いますよね。個性がイイですよね。そして、藤波への裏切り行為ありましたね。「無我」に所属しながらある日、突然、「全日本プロレス」との契約を発表したんですよね(関連記事)。様々な理由(関連記事)があるにせよ、突如・・・信頼する後輩から裏切られた藤波(関連記事)・・・可哀そうな藤波、と当時思ったものです。あれから時が経ち、西村のコメントを続きからです。








■ニュースにしたかった
――その無我は西村さんの衝撃的な退団で幕を閉じることになってしまって。
西村 あのときは……藤波さんには本当に迷惑をお掛けしましたねぇ……。『ケンファー』のときもそうですけど、単なる退団するんじゃなくて驚かせたかった、ニュースにしたかったんですよねぇ(しみじみと)。


西村 どうせやめるんなら潔くやめても同じですから。私もそれまでずっと我慢していたんです。無我では2年間、耐えましたよ。耐えに耐えて道場をキープして、征矢(学)を育てて。

  ※「Dropkickチャンネル」より






 会社を辞めるのにあたって、それを告げずに違う会社に入社するという一般社会ではあり得ない行動ですが、それはプロとして大きな行動を起こすのなら注目を集めないと、という精神からきたんだと。でもやっぱり「無我」に相当な不満を貯めこんでいたのは事実のようですし、それが円満退社にならなかった要因ともいえるでしょうね。
 そういえば中邑の自伝に西村の話題が出てたんですよ。意外かもしれないですが影響を受けた人物の一人。確かダンディズムを学んだと書いてありました。プロレスじゃないんだ、と思いましたが(笑)。中邑も西村も、他のレスラーと似た技、スタイルじゃないですよね。俺だけのプロレスという意味で共通点あるかもですね。
スポンサーサイト

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

コメント

ニュースにしたかったって。藤波さんはギャフンだよ。

しかしその西村さんも征矢選手が嫌いな長州さんに行って、ワイルドに成るとはこれまた西村さんギャフン。
[2015/09/26 19:59] URL | スライディングD #- [ 編集 ]


スライディングDさん。こんにちは!藤波からすると、まさか、信じられないという心境だったでしょうね。時が流れ征矢が長州に従事するという展開も興味深いですよね。征矢のスタイルって西村よりも長州よりのような気がしますね。征矢のコメントも聞いてみたいところですね。
[2015/09/28 15:08] URL | H.T #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hidehide7755.blog27.fc2.com/tb.php/3718-eff3f831
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

blog rink up



独り言



お世話になっているブログ



★★おすすめ★★





Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -



ありがとうございます!



最新の記事



カテゴリなど



RSSフィード