日刊H.T Season 2
のんびり、まったり、更新
怒りの獣神

 甥っ子が自らの貯金を投資し3DSのドラクエ8を購入。残金20円らしい(笑)。AMAZONで予約して楽しみにしてたのに発売2日後に届いたと文句言ってました(笑)。会社では同僚とドラクエ8話で盛り上がる。子供の頃、クリアする前に友人に貸してしまって結局クリアしてないんだと。そのリベンジを3DS版で果たすわけですね。ドラクエって新ためて素晴らしいなと思いました。広い世代に愛されてますよね。ちょっと最近、心配なのが製作陣が高齢化してきてますし、誰かが亡くなったら・・・どうなるんでしょうねえ。
 中邑真輔自伝(関連記事)を引き続き読んでます。怒りの獣神エピソードがありました。ライガーってとても明るくて、解説とか聞いてても、こっちが嬉しくなっちゃう魅力を持っていますが、まれにキレるという特性が(笑)。先輩にキレたエピソードもありましたね(関連記事)。まあ、こういう所もプロレスラー向きなんでしょうね。割と先輩には起こられなかった中邑のようですが、一度だけ怒りの獣神を光臨させたことがあるようです。続きからです。








■食事中のライガーいきなりキレる
中邑「小林さんに言われて冷蔵庫の中を片づけてたんですよ。で、その状態で小林さんとしゃべってたんですね。『○○○○はあるか?』『はい、ここにあります』みたいな、たわいもない会話を。そうしたら、食事をしてたライガーさんが、いきなりテーブルの上の食べ物とかガスコンロをヴァーンとひっくり返して『おんどりゃ、オラァ!?』ってキレ出したんですよ。要は『オマエ、先輩に向かって背中向けたまましゃべるとは何事だ?辞めちまえ!』と」

■虎ハンター(小林邦明)は避難

中邑「『何、何、なんで!?』って感じで。それであっけにとられてるコッチを尻目に、小林さんはそそこさとリビングに避難するんですよ(笑)」・・・・(略)ライガーさんに謝って。で、『小林さんにもワビを入れてきます』ということで本人に謝ったら、小林さんに『ライガー怖えなあ』って言われたんですけどね。フフフ」
  ※「中邑真輔自伝 KING OF STRONG STYLE 1980-2004」より








 テーブルの上のものをひっくり返さなくても。昭和のレスラーということで。これはちょっと中邑かわいそうかなと思うエピソードですねえ。「なんで?」って感じる中邑の気持ちがわかりますね。かつて藤原組長にキレたライガーが注意できることではないような気はします(笑)。
 プロレスファン時代にライガーの声がカッコイイを思っていた中邑(関連記事)、まさかその声でキレられる日がくるとは思わなかったでしょうね(笑)。面白いのは虎ハンターこと小林邦明(関連記事)の行動。かつてタイガーマスクを苦しめた男とは思えないですね(笑)。温厚な性格が伝わってきますよね。ではでは。
スポンサーサイト

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hidehide7755.blog27.fc2.com/tb.php/3707-a5972276
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

blog rink up



独り言



お世話になっているブログ



★★おすすめ★★





Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -



ありがとうございます!



最新の記事



カテゴリなど



RSSフィード