日刊H.T Season 2
のんびり、まったり、更新
川尻達也vsデニス・シヴァーを見た

 船木誠勝が「W-1」退団となりましたね(YAHOO!!ニュース)。理由は所属であるがゆえの対戦相手の制限・・・新しい刺激を求めたいというところなのかな。あまり良くないとされる「W-1」の現状をふまえ自分は契約金の折り合いがつかないとあるのかなと考えちゃいました。電流爆破出陣とかあり得るんでしょうかねえ。新鮮度抜群過ぎる(笑)。
 今日は川尻vsシヴァー(関連記事)の感想でも。網膜剥離の手術(関連記事)を繰り返しオクタゴンに戻っていた川尻。勝てて良かった。シヴァー相手に川尻のスタイルを貫きましたね。個人的には近年のMMAファイターと比べると地味目に感じたんですが、逆にこれをジョセ・アルドにやってほしい!と思いました。では続きからです。









○川尻達也(判定3-0)デニス・シヴァー
■1R テイクダウンを許さないシヴァー
 テイクダウンを狙う川尻。片足タックルを数回トライしましたが、倒れそうで倒れないシヴァー。腰が重いってやつでしょうか。そして、離れ際で有効な打撃を打つ。テイクダウンをこう対処されると川尻は厳しいですね。シヴァーの得意技バックキックはヒヤリとしました。シヴァーのラウンドに見えましたが、川尻の折れない心、勝利への強い気持ちも感じました。

■2R 諦めないテイクダウン狙いが実り始める

 1Rを見る限り、シヴァーのテイクダウン防御の質は高いように感じました。でも、川尻の狙いはただ一つ、シヴァーをテイクダウンすること。繰り返される片足タックル。しだいに決まりはじめます。寝技になり優位なポジションを取り続ける川尻。この、若干膠着気味な光景に懐かしさを感じました。かつて日本のMMAではよくみられた光景。最近のオクタゴンでは少ないような。古典的ジャパニーズスタイルという表現が正解なのかわからないですが、ランカーのシヴァーを苦しめているのは事実ですね。心配していた川尻のスタミナ切れは感じません。これまでのはなんだったんでしょう・・・謎(笑)。川ちゃん固め狙ってましたね

■3R ギロチンにヒヤリとするも好ポジションを維持
 最終ラウンド。川尻の動きは落ちてません。シヴァーも元気ですが、川尻のしつこいタックルを嫌がってますね。このラウンドも粘着力あるタックルが光りました。テイクダウンを許したシヴァーがギロチンを狙う場面がありヒヤリとしましたが、落ち着いて対応してました。寝技で上になる川尻が目立ったラウンドでしたね。
 前回の試合は敗戦したもののファイトオブザナイト受賞の動きある試合でした。それと比べると今回の試合は地味でしたが、勝利を目指す川尻の強い気持ちを感じました。前回の試合後川尻は「ファイトオブザナイトより勝利が欲しい」(関連記事)とコメントしてましたが、ファンも同じ気持ちでしょう。1Rはシヴァー、2、3Rは川尻に見えましたが、判定は3-0川尻!日本人としては勝てばなんでもいい(笑)。






 スタンド打撃でペースを作りたいシヴァーにそれをさせなかった。川尻の試合でしたね。川ちゃん固めでフィニッシュできれば最高でしたけど、次に期待ということで。勝利後の川尻ツイート見てると、こちらまで嬉しくなっちゃいますね。それほど苦労を通過した上での勝利なんでしょうね。おめでとうございます!
 
スポンサーサイト

テーマ:格闘技 - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hidehide7755.blog27.fc2.com/tb.php/3627-4f4077a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

blog rink up



独り言



お世話になっているブログ



★★おすすめ★★





Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -



ありがとうございます!



最新の記事



カテゴリなど



RSSフィード