日刊H.T Season 2
のんびり、まったり、更新
「レスリングどんたく 2015」を会場でみた 【前編】
DSCN1977.jpg DSCN1980.jpg
 今年も行ってきました「レスリングどんたく 2015」。天候がイマイチで雨が降ったり止んだりでした。これまでは晴れの国際センター(関連記事12)ばかりでしたが、そう上手くはいきません(笑)。会場数時間前にあんまり人はいませんでしたが(画像左)、数分前になると大行列(画像右)!現在の新日本人気、雨ぐらいではダメージを受けませんねえ。この行列、国際センターの横まで続いてるんですよ。全席指定なんだから並ばなくてもと思っている自分がいましたが・・・時間が経つと・・・結局自分も並んでいるという(笑)。隣のサンパレス福岡っていうホテルも毎年すごい行列なんですよね。何やってるんだろう。近くのマリンメッセ福岡も大行列。ここは浜崎あゆみライブですね。ゴールデンウィークのこの一帯。行列だらけ(笑)。
 マリンメッセ福岡は今年で20周年のようですね。今から20年前というと1995年くらいですか。ちょうどその頃に新日本vsUインターで使われてましたよね。カードを調べると武藤敬司&永田裕志vs垣原賢人&高山善廣。懐かしいな。武藤と垣原の遭遇が楽しみだったな。あの頃マリンメッセはオープンしたてだったんだなと想いにふけてました。来年は国際センターよりキャパの大きいマリンメッセで興行もいいですねえ。では【前編】として第1試合~3試合まで。続きからです。









■阿修羅原追悼10カウントセレモニー
阿修羅
 いよいよ始まるなと思っていたら、試合開始前に先日亡くなった阿修羅原の追悼10カウントセレモニーが始まりました。ビジョンに阿修羅の戦いぶりが映され、新日本のレスラーらがリング周囲に集合。海野レフェリーが写真を持ちリング中央へ。そうか、海野さんは元WARですよね。繋がりが深いんでしょうね。今回の出場メンバーを見渡しても阿修羅のような超頑丈な雰囲気のレスラーっていませんね。身体のサイズが違いますけど石井智宏が少し似てるかな。貴重なレスラーだったと改めて思います。



■中西、●キャプテン、KUSHIDA、田口(8分29秒 エクスプロイダー・オブ・ジャスティス→体固め)○永田、ライガー、タイガー、ドラダ
DSCN1988.jpg DSCN1990.jpg
 永田また第1試合か、というのが第1印象のカード。試合はもの凄く良かったですね。最初からこんなに面白いと、後の試合にプレッシャーがかかるんじゃって感じてしまうくらい。田口のヒップアタックを中心とした尻関連。攻撃してもやられても会場暖まります。永田と中西の迫力ある張り手のやりあい。そして、一人だけ巨体すぎる中西の存在感。多くの選手が場外へのダイブを続けるなか、中西が名乗りを挙げる。これは盛り上がりますね。そして、ほんとに飛ぶ!中西の場外ダイブは飛んでるというよりも、ロープをなんとか飛び越えて、そのまま着地している感じですが(笑)、あの巨体が場外ダイブを試みていることに会場おお盛り上がり。
 フィニッシュは永田のリストクラッチ式エクスプロイダーからの体固め。その数分後にツイッターで永田本人が新日本公式アカウントにフィニッシュの経緯が記載されてないことを指摘してましたね。公式サイトもそれを受け入れすぐ更新。確かに体固めだけでは分り辛いですよね。リストクラッチ式エクスプロイダーは永田こだわりの技でしょうし。こういう流れが試合後すぐあり、それをファンも知ることができる。現在の情報の流れの速さを感じますね。便利な世の中だ。
 


■飯伏、○小松(11分55秒 逆片エビ固め)内藤、●田中

DSCN1991.jpg DSCN1992.jpg
 これも良かった。小松と田中はいわゆるヤングライオンになるんでしょうけど、一昔前のヤングライオンとは違いますね。技も多彩ですし、アピールもしっかり。面白いのはフィニッシュ。定番パターンといえば先輩レスラーが逆エビ固めでヤングライオンからギブアップ奪う。しかし、この試合は小松が田中を仕留める技として逆エビ固めにこだわってましたね。しっかりと腰を落とした逆エビ固め。田中は脅威の粘りを見せましたが、力つきました。進化したヤングライオン像を感じる試合でしたが、逆エビにこだわるあたり、歴史の流れを大事にしているなと感じました。そういえば、天山もヤングライオン時に逆エビ固めの変形版。かかえ込み式逆エビ固めを使ってましたね。
 飯伏と内藤の攻防はスピーディーですねえ。特に飯伏のロープを利用したミサイルキック。会場でみると凄いですよ。跳躍力が凄いので、まさに上から突き刺すドロップキック。飯伏の才能には驚いた、の一言です。
 

■ファレ、トンガ、●コーディ(8分57秒 こけし→片エビ固め)天山、小島、○本間
DSCN1994.jpg DSCN1995.jpg
 盛り上がりました。ほんとねえ、第1試合から3試合目までのクオリティが高い。もっと地味でも良いんじゃないって思いました(笑)。嬉しい悲鳴ってやつですね。このカード、見ながら冷静に分析する自分がいました。何を分析って年齢差(笑)。ファレ33歳、トンガ33歳、コーディー23歳。対する日本チームは天山、小島40代、本間38歳。外国人チーム若いんですよね。特にコーディー・ホールは断トツに若い。皆さん知っての通り、有名プロレスラーであるスコット・ホールの息子です。体格は父譲りの長身。動きも見てて心配にならないというか、上手いです。キャリアけっこうあるのかな。
 一番盛り上げてたのは・・・やっぱり・・・こけし(関連記事)!やっぱりかわされる(笑)。でも最後は小島、天山の協力もありしっかりとトップロープからのこけしを成功!まさか決まるとは(笑)。この盛り上がりは「決まるとは思ってなかった」という観客の驚きもあるでしょうね。自分もこけしがいい場面でしっかり決まって試合を締め、なんだか嬉し複雑でした(笑)。決まらないこけしでいて欲しい気も(笑)








 3試合目まで終わっての感想は。スバリ安定ですね。地味な試合がない。興行はだいたい8試合前後になるんでしょうけど、これまでだと、しだいに千両役者が揃ってくる、それを楽しみしてたファンも気持ちが高ぶるパターン。今の新日本の特徴は最初に千両役者を持ってくる傾向がありますね。最初から永田さんやライガーとか。このパターンだと見てる側が楽しみを最初に全力でテンションを上げてしまって、ちょっと疲れてしまうこともありがちだと思うんですが、それもなかったですね。ちょうど良いバランスなのかな。昔、PRIDEGPでトーナメントの関係で第2試合くらいにヴァンダレイvsミルコがあったんですよね。そして次がノゲイラvsジョシュ(関連記事)。で、その後に地味なファブリシオとかが出てくるわけですよ。見る側が疲れてましたね(笑)。今やファブリシオはUFCヘビー級暫定王者なんだよなあ。
 次の更新では4、5、6試合目の感想を。お気に入りのヤングバックス(関連記事)登場。では近々アップします。

 【中編】はこちら
スポンサーサイト

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

コメント

マリンメッセ福岡のメインって健介vs安生で健介さんのノーザンライトボムかストラングルホールドγの殺人フルコースを喰らって負けた安生さんが試合後にノーザンライトを夫婦の技と言ってたような。

永田さんのリストクラッチ式の上に「オブ・ジャスティス」も有るらしい。でもBDホールドよりもよほどの事が無い限り見れない。

田口選手のヒップアタックは・・・。「69」代王者に成ったから「69」でヘンな反応起こして不思議キャラに成っちまったからな・・・。ヒップアタックで王座転落したし。(ケニーにキャッチされてジャーマンを喰らい、波状攻撃を喰らって負けたから)スライディングヒップアタックsで若手からフォールを奪ってるようですが。

こけしはマイティ井上さんのサンセットフリップの様にどこいっても盛り上がる。こっち当たるけど。コーディ・ホールもコスチュームも技も父ちゃんと同じだからオリジナル性を・・・。
[2015/05/08 00:06] URL | スライディングD #- [ 編集 ]


スライディングDさん。こんばんは!福岡国際センター周辺は「おかけさまで、マリンメッセは20周年」という旗みたいなのがいっぱいありました。振り返るとちょうど、あの対抗戦時ですよね。メインは安生vs健介でしたっけ。あの辺から安生のキャラが幅広くなってきましたよね。

公式サイトにはエキスプロイダー・オブ・ジャスティスになってたので修正しました。リストクラッチ式とどこが違うんだろう。

田口は確かに69代王者になってから変化ありましたね(笑)。ヒップアタックは会場を暖める要素が強いですね。バージョンがいっぱいあるようですね。スライディング式は若手から勝利を掴んだんですね。

マイティのサマーソルトドロップは確かに盛り上がりますね。会場で見て、その盛り上がりに驚いたものです。コーディ・ホールはこれからなんですかね。無難にこなしている感じですが、父親離れという壁があるのかもしれないですね。
[2015/05/09 22:36] URL | H.T #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hidehide7755.blog27.fc2.com/tb.php/3580-db86ea30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

blog rink up



独り言



お世話になっているブログ



★★おすすめ★★





Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -



ありがとうございます!



最新の記事



カテゴリなど



RSSフィード