日刊H.T Season 2
のんびり、まったり、更新
青木真也vs山本勇気を再びみてみた

 今日から通常通りの生活。今年も頑張ります。レコーダーに取り貯めたTV番組がまだ見切れない(笑)。これも毎年恒例です。昨年末の「猪木ボンバイエ 2014」(関連記事)の話題でも、期待通りというか一番面白くインパクトあったのは青木真也vs山本勇気でした。青木は最近「(試合や展開を)転がす」などと、プロレスとは!みたいな感じで偉そうに言ってますが、そんなこと思わなくてもナチュラルで勝手に盛り上がるのが青木ですから(笑)、と自分は思ってます。フィニッシュのグラウンドコブラを始め試合以外も最高に良かったですね。感想を続きからです。










○青木真也(1R 1:21 フェイスロック)山本勇気


■2人の実力差ってどれくらいなんだろう 
 試合はあっという間でしたね。素人目で単純に疑問に思ったのがこの2人の実力差ってどれくらいあるんだろうかと。仮に最初の組み付きで青木がテイクダウンできなかったら、汗とかもかいてくるでしょうし、試合展開は大きく変わってたのかなあとか。敗者の敗因は簡単には寝ないと言っていたのに(関連記事)、それを実行できなかったことかな。青木と対戦するにはテイクダウン防御技術が足りなかったということでしょうね。マニアックな願望かもしれないですけど、自分は青木がテイクダウンに困ったときに、どう勝利を掴みにいくかという展開がみたいんですよね。困った青木といえば数年前のメレンデス戦(関連記事)なわけですが、あれから時も経過してますし、新しい青木がきっといるはずだみたいな期待がありますね。山本はそれを引き出すまでいかなかったですね。
 

■フィニッシュはカッコイイの一言
 フィニッシュが最高でしたね。グラウンドコブラ!過去記事をみると藤原組長がこの決まり手は「かなりの実力差がないと極まらないはず」とコメントしてたようです。青木の動きからも早い段階からコブラを狙ってたのが伝わってきます。青木に大技を狙える余裕があったということでしょうね。これ面白いのが公式な発表はフェイスロックなんですよ(笑)。何で猪木の団体で起きた出来事なのにコブラ表記しないかなあ(笑)。もしかしたらコブラと認定されてないということなのかも(笑)。あんなに見事なフィニッシュなのに。


■決着後も熱い両者
 最初ライブでみたときは、山本が一方的に「負けてねえ」と詰め寄ってたように見えたので、タップしといて、これは醜いなあと感じましたが。じっくりみると・・・青木が決着後、倒れてる山本に向って舌を出しながら暴言をを吐いてるようですね。何を言ってたかというと・・・どうやら「バ~カ!」っぽいです。決着後、倒れてる敗者への挑発。青木の得意なやつだ(笑)。廣田戦を思い出しました(関連記事)。怒り心頭の山本。青木は目を合わさない。2人のマイクをまとめると・・・

山本「(青木の方を向きながら)おい!」
青木「本日はご来場頂きましてまことにありがとうございます。(山本に礼しながら)ありがとうございました。あのですね、まいったして、負けてないとか、やめてください。彼、まいったしてますので。ありがとうございました」
山本「おい!青木!おい!」
青木「(マイク持たずに山本に近づき、怒りの表情で何か言ってる)」
高橋義生「お前まいったしてるんだから!!(と怒りの説教)」
山本「(高橋の迫力に少しビビリ気味にうなづく)」
青木「おろせよ!!(山本をリングからおろせの意味!?)」
青木「(マイク持って)あの、まいったしてるんで。あの、(笑顔で)猪木会長の技、借りました。猪木会長の技使えたんで満足してます。皆さん、良いお年をお迎えください。ありがとうございました。(中指を立てながら退場)」


 





 面白い試合でした。フィニッシュは猪木の技グラウンドコブラ(ツイスター)を借りたと、エディ・ブラボーと交流があった青木はツイスター(グラウンドコブラ)を習ってないんですかねえ。もし習ってたとしたら、エディ・ブラボーは気に入らない発言かもしれませんね。
 試合前からの挑発合いから決着後も怒り収まらない両者。そしてゲストじゃないですけど、怒り心頭の高橋。これはちょっと当事者の2人のドラマなのに高橋が目立ちすぎだなと思いましたが、なんか・・・突如現れた長州にビビる戦闘体勢だったはずの小川直也(関連記事)のシチュエーションと似てるなと感じました。青木はあの手の乱闘がしたかったらしいですから(関連記事)、願望が叶った感じなのかもしれません。
 山本は悔しいでしょう。このまま終わってしまうのか、続きがあるのか、楽しみです。青木は性格悪いですねえ(笑)。最後の乱闘だけの話でいうと敗者に暴言を吐いた青木が悪いですけど、そう観客に理解させないという。レベルの差を見せ付けたいのか、笑顔の青木ですが、怒りオーラがムンムンなんですよね。緊張感あります。青木の試合は面白いです。
スポンサーサイト

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

コメント

遅れましたが、明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願いします。
僕も録画して観ましたが、あっさりと言うか力量の差が有ると言うか。

「バーカ!」ですか。如何にも青木選手らしいや。ただ青木選手からすれば、散々挑発して来て、ラマゾンと引き分けたから中々の実力者だと思いきやあっさり決まって、がっがりと言うか口と実力が伴わなくて何だコイツ見たいな。

山本選手も大人気ないと言うかKYと言うか。タップしたのにねえ。高橋選手もきっぱりと叱らないと収集が付かないとと思ったかな。

グラウンドコブラが極められるくらいの余裕だったのでしょうが、開始直後に青木選手のタックルに山本選手が膝で合わせたけどあれがドンピシャに決まったら変わってたでしょうな。
まあ、ミルホンネットではこの放送におかんむりだけどね・・・。

あっ!?、新日の録画忘れた・・・。
[2015/01/05 17:44] URL | スライディングD #- [ 編集 ]


スライディングDさん。あけましておめでとうございます!今年も宜しくお願い致します!青木は昨年のTOSHI戦と同じような実力差を見せ付けた試合でしたね。ただ、今年は挑発のやりあいがあたのでより楽しめましたね。

青木からすれば「ざまあみろ」でしょうね。こうなると青木vsラマザンみてみたいですね。青木vs山本の続きがあれば見てみたいでけどね。

高橋、かなり怒ってましたねえ。真顔でうなづく山本もインパクトありました。

そうですね。青木の完勝ですが、もしかしたら紙一重の攻防で一転する試合だったのかもしれません。経験豊富な青木に勝利の女神が微笑んだ感じですね。ミルホンネット怒ってるんですか!?

自分も新日見れてないです(笑)。乗り遅れた感じが寂しいです(笑)。


[2015/01/07 04:57] URL | H.T #- [ 編集 ]


あの試合が面白いとか思うのは
ダメなんじゃないですか?
正直、青木は競技者失格です
[2015/10/25 02:55] URL | #- [ 編集 ]


こんにちは!それも言えますね。競技としてみるとお互いの挑発、青木の試合後の挑発。もっとクリーンに真摯に戦うべきでしょうね。
[2015/10/25 11:58] URL | H.T #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hidehide7755.blog27.fc2.com/tb.php/3458-46da7ba8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

blog rink up



独り言



お世話になっているブログ



★★おすすめ★★





Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -



ありがとうございます!



最新の記事



カテゴリなど



RSSフィード