日刊H.T Season 2
のんびり、まったり、更新
人目を気にしたジャイアント馬場

 風邪引いた。休日はまったりします。週プロの「天龍×越中」対談よんでます。自分、この2人といえば越中が平成維震軍、天龍がWARでの抗争ですかね(関連記事)。あれは面白かった、月日が流れ、若干、年老いた2人が笑顔で会話する。いいですねえ。2人の共通点といえば、元全日本プロレス所属。越中が全日本を離脱する際、天龍が助け船を出したエピソードもありましたね(関連記事)。師匠であるジャイアント馬場の話題もありました。周りの目を気にする馬場。これは高いプロ意識、あるいは、ただの恥ずかしがりやなのか(笑)。続きからです。








■普通に電車切符を買うのはNG
越中「馬場さんは普通に(電車の)キップを買うと怒るんですよ。『入場券だけ買って入って、電車の中でやれ』って」
天龍「駅のキップ売り場で待ってるのがイヤだったんだろうね。みんながジロジロ見るから。」

■ファストフードはNG

越中「『マックでもどうです?』って(馬場に)聞いてみたら『絶対食わない』って言うわけですよ。・・・(略)『イヤでも何でも、とりあえず食ってみてください!』って無理やりすすめて、フィレオフィッシュを食べさせたら『世の中にこんなにうまいものがあったのか!』って。それからしばらく毎日のようにフィレオフィッシュを食べるようになった」
天龍「馬場さんは、ファストフードとか食べるのはチープなレスラーだっていう生活態度があったんだよな。ファミレスとか絶対に行かなかった」
  ※「週刊 プロレス 2014年 12/10号」より








 駅の窓口で、駅員とどうだこうだとやりとりする時間が嫌だったんでしょうかねえ。とりあえず一番安いキップ買って電車の中で精算しろってことかな。馬場はケタ違いの大きいので周囲からジロジロみられる人生を送ってきて、それに嫌気をさしている、あるいは、プロレスラーがキップ購入待ちとか、ファンのイメージ崩れるってところでしょうか。
 マックのエピソード面白いですね。マックは確かにウマイ。海外修行経験のある馬場として考えると意外な感じもします。やっぱり誇り高きプロ意識なんでしょうかねえ。ファミレスはダメって、よくデニーズで会議してたというUWF勢はどうなってしまうんだ(笑)。これも時代かな。フィレオフィッシュ食べたくなってきた~
スポンサーサイト

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

コメント
その光景が手にとるようです
 確か馬場は行きつけのキャピトル東急ではハンバーガーを食べていたそうですが、それもお値段がたかーーーいハンバーガーなんでしょうね。

 馬場に限らず有名人は、やっぱり行き着けの店を持ってますよね。落ち着くんでしょう。でも我々平民(笑)もそうですよ。たとえば散髪屋さんでも、初めての店はどことなく緊張もするし・・・。ましてやあの体格ですから尚更ですね。

 そういえば、かなり昔に阿川佐和子さんと並んだツーショット写真を見ると、阿川さんが小柄なせいもあって二倍ほどのでかさに写ってました。

 これは30年ほど前の沢木耕太郎の本に書いてましたが、馬場って巨人を馘首され、まだ、その後の道が決まってないころ、二子玉川の鮨屋の二階に下宿してたんですが、馬場の人生にとって、先の見えない一番辛い頃だったらしく、その当時、前溝隆男(後の国際プロレスレフェリー)と仲が良く、馬場は、なけなしの金で、よく安い大福を買って食べていたらしく、その二十年後に、全団体が集まってオールスター大会をやって、前溝が懐かしがって「馬場さん、あの頃は、よく大福食べてましたね」と言ったら、馬場が顔は笑っているけど、どこか複雑な表情で、「そんな昔のこと喋る人嫌い」ってオチャラケながらも前溝に釘を刺したそうです。

 身体が大きいのもそうですけど、元々が繊細だったのかも知れませんね。

 これは、結構有名かも知れませんが、大勢の記者に囲まれていた際に、その中にたった一人だけ馬場の知らない記者が居たらしく、それだけの理由で口を閉ざしたそうです。

 そういえば、馬場のマイクパフォーマンス、特に新日本の若手のやってるような激しい口調での話し方って聞いたことないですね。

 アンドレもそうですが、馬場にとってプロレス界って唯一寛げるカオスの世界だったのかも知れません。
[2014/11/30 04:49] URL | トヨノボリ #HfMzn2gY [ 編集 ]


どうも。

当時の電車のシステムがよく判らないので不確かですが
前にこの話聞いたときには「領収書貰いやすい」というのも
理由の一つに入っていたような覚えがあります。
[2014/11/30 19:37] URL | ネコ #- [ 編集 ]


トヨノボリさん。こんばんは!馬場は、言われるホテルだったと思いますが、行き着けの喫茶店がありましたね。ハンバーガーはきっと高いやつですよね(笑)。自分も食べてみたいです。

馬場の人生を振り返ると巨人の選手なんですよね。猪木と比較されエリートという見方がありますが、それは間違ってないんでしょうね。精神もエリート。言われる巨人からプロレスに入る間のお金のない時期が逆に高いプライドを見につけたのかもしれないですね。

馬場を知らない記者がいたんですか。それはプロ失格かもしれませんが、口を閉ざす馬場もらしいですねえ(笑)。

そうですね。馬場はそのようなマイクなかったですね。所属選手のそのカラーがあって、新日本との違いを感じたものです。

向いてる仕事向いてない仕事があるとしたらプロレス界は、馬場にとって確実に向いていますよね。ほんと唯一寛げるカオスな世界ですね。

[2014/12/01 00:21] URL | H.T #- [ 編集 ]


ネコさん。こんばんは!自分もよくわからなくて、入場券っていうと、旅立つ人を見送るためだけに一番安いところ買ってホームまで行く券っていうイメージがありました。「領収書貰いやすい」という理由もあるんですね。電車内の車掌さんの方が話が通りやすいのがあるんですかねえ。今みたいにネットの事前予約とかもないでしょうし、いろいろ大変な時代なんでしょうね。
[2014/12/01 00:26] URL | H.T #- [ 編集 ]


電車の話ですが昔テレビで馬場さん特集でお母さんが故郷の新潟から上京して来て、
馬場さんが東京見物の案内して電車に乗ると、周りのお客にジロジロ見られて嫌だったと言うのが有りました。

ハンバーガーはやはりホテルのを食べるとファストフードの物は駄目かも。
もしくは米どころの新潟出身だからパンよりご飯食え!か。
でも薦められて食べて美味かったって、「美味しんぼ」の海原雄山みたい。
グルメだからファストフードに否定的だったけど、ハンバーガーを食べたら中々美味いなと言ってました。
ファミレスの料理は馬場さんからすれば、子供が食うような物に映ったのかも?。
まあ、今のファミレスの料理も進化して美味しいですが。

[2014/12/01 15:28] URL | スライディングD #- [ 編集 ]


スライディングDさん。こんばんは!そんなエピソードがありましたか。大きいだけに注目されてしまうんでしょうが。その視線が馬場からすると嫌なんでしょうね。

そういえば自分・・・ファストフードのハンバーガー以外食べたことないです(笑)。やっぱ違うんでしょうかねえ。馬場はやっぱエリートですよね。エリートだけに知らない美味い世界があったのかもですね。確かに海原雄山みたいですね。

ファミレスは時代もあるのかもしれないですね。現在のファミレスは違いますよね。もし馬場が生きてたらハマッてたかもしれませんね。
[2014/12/03 06:45] URL | H.T #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hidehide7755.blog27.fc2.com/tb.php/3423-a2f8ccb0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

blog rink up



独り言



お世話になっているブログ



★★おすすめ★★





Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -



ありがとうございます!



最新の記事



カテゴリなど



RSSフィード