日刊H.T Season 2
のんびり、まったり、更新
ミルコ・クロコップ戦実現について慎重な藤田和之

 来年にアンデウソン・シウバとのビッグマッチが決まっているニック・ディアスが飲酒運転で逮捕されてます(MMAWEEKLY)。いつも熱い戦いで日本ファンを満足させてくれるニック兄貴ですが、私生活の不安定さも魅力なんでしょうか(苦笑)。これでビッグマッチ消滅という展開だけは避けたい。今後の展開が気になりますねえ。
 次はIGF。石井慧がミルコ・クロコップに敗戦したわけですが(関連記事)、次の展開を考えるとミルコvs藤田を再び!と思った方多いんじゃないでしょうか。ミルコと藤田は過去に交わっていて、戦う流れがあるといえばあるんですが、仮にそれがなかったとしてもIGFトップの石井が負けたんだから次は藤田だろう、という考えもできますよね。藤田はきっと乗り気だ!と勝手の思ってたんですが、週プロのインタビューを読むと慎重な考えのようです。続きからです。








■時計の針は先に進めるべきだと思う
-「あの試合(ミルコvs石井)を見て、藤田選手のハートには火が着きませんでしたか?」
藤田「・・・(略)ただ俺が出ることで歴史が戻っちゃうんだったら、それはどうかなと思うところはある。時計の針は先に進めるべきだと思うしね。あとは、皆さんの判断で、ですね。出る準備はいつでもできてますから」

■やりたくてしょうがないけど葛藤も
藤田「個人的にはやりたくてしょうがないけどね。でも、自分がやりたい、やりたいで出られるリングでもないから。だからいま、自分のなかで葛藤していますけどね」
  ※「週刊 プロレス 2014年 9/24号」より






 藤田も歳を重ねたんだなあという感じですね。ミルコにリベンジしたい気持ちが凄くあるけども、個人的な気持ちだけでっていう大人な感じがあるんでしょうね。その葛藤をファンの声で消し去ってくれ!っていうお願いにも聞こえます(笑)。まあでも、藤田vsミルコは見たいファンも多そうな気はしますけどね。実現に期待ですね!
スポンサーサイト

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

コメント

こんな事言っちゃなんですけど、IGFのタイトル(しかもMMAの試合)は威厳も歴史もあるわけでもないので…因縁があるという理由だけで石井に完敗した藤田の名前が上がるくらいですからね。
しかも全盛期を過ぎたミルコが王者という状況。

もう難しく考えずやっちゃえば(笑)

挑戦者というより、因縁試合という形でついでにタイトル賭けるのならまぁいいのでは。ミルコ次第ですけどね。
挑戦者という立場がネックなら別に無理にタイトル賭けなくてもいいわけですし。
[2014/09/14 12:30] URL | ヤンバルクイナ #- [ 編集 ]


ヤンバルクイナさん。こんばんは!威厳っていう面で考えると、タイトルマッチに絡む選手が現在進行形のトップどころでないっていう所がありますよね。トップどころとなるとUFCの選手を引く抜くしかないってところが難しいところですよね(笑)。

確かに難しく考えないでやって欲しいですね(笑)。昨日のアルロフスキみたいに現代MMAに順応してるのは俺の方だ、っていうところを藤田から感じたいです。

タイトル戦じゃなくてもいいですよね。ミルコはやる気ありそうな感じしますが、ミルコのことなので海外で別の試合して引退宣言されても困るので早めにやってほしいです(笑)。
[2014/09/15 12:21] URL | H.T #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hidehide7755.blog27.fc2.com/tb.php/3347-af69f4eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

blog rink up



独り言



お世話になっているブログ



★★おすすめ★★





Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -



ありがとうございます!



最新の記事



カテゴリなど



RSSフィード