FC2ブログ
日刊H.T Season 2
のんびり、まったり、更新
越中の転機に天龍の存在あり
やってやるって!!
 越中詩郎(関連記事)出演の「笑神様は突然に・・・」(公式サイト)を見ました。鉄道関連の出演ということで、越中のビートルズ好きに続く新たな趣味が披露されるのかと楽しみにしてました。見た感想・・・越中・・・鉄道好きのようですけど、そこまでマニアックな知識は備えてなかったです(笑)。でも反体制ならぬニコニコ越中を堪能できました(笑)。レギュラーの宮川大輔が番組内で越中の真似(ヒップアタックなど)をしている経緯も出演理由としてあったのかな。この番組は公式サイトで無料視聴できます。放送から7日間の限定ですので気になる方はお早めに。
 今日は越中の転機話でも。越中の転機といえば全日本プロレスから新日本プロレスへの移籍。越中は海外遠征中に新日本からラブコールを受け、移籍を決意。それを知ったジャイアント馬場は激怒し訴訟手続きへ。そりゃそうですよね。修行のために送り出した海外で、移籍を決断されたわけですからね。帰国した越中は全日本プロレス八戸大会へ出向き馬場へ詫びと移籍の挨拶行おうとします。これはかなり緊張しそう。その際、協力してくれたのが天龍源一郎(関連記事)とのこと。天龍かっこいいなあ。続きからです。








■天龍が越中に付き添い馬場の部屋へ
「馬場を訪ねると、たまたまホテルのロビーにいる越中を外出先から戻ってきた天龍が偶然に発見、『お前1人じゃ話にもならないだろうから俺もいっしょについていってやるよ』と天龍は越中とともに馬場の部屋を訪ねてくれたのだった」

■馬場さんへの恩義は忘れてない
越中「八戸で馬場さんから『(全日の)リングに上がれ』って、言われて、そのまま上がってたら俺どうなってんだろうね。もちろん馬場さんに育ててもらった恩義は忘れてないけど。何言われても自分で決めた道を変えるつもりなかったけど」

■越中を送り出した天龍

「別れ際、天龍は『メキシコで苦労したんだろう』と言って、スーツのポケットに強引にお金をねじ込んで越中を送り出したのだった」
   ※「Gリング 2007年 10月号」より







 こういう話を聞くと平成維震軍vsWAR対抗戦(関連記事)の時、両軍の大将としてバチバチやりあってた越中と天龍はどういう気持ちだったんだろうと考えてしまいます。あの素晴らしい対抗戦も全日本時代に天龍が越中に協力してなかったらあり得なかったかもしれない。過激にやりあいながらも心の中では嬉しい再会だったのかもですね。
 あと、もう一つ気になるのがKAMINOGEだったと思うけど、越中は馬場のことを呼び捨てにしてたんですよね(苦笑)。どうしてだろうね。越中の新日本移籍の理由として海外遠征時のサポートの無さというのもありそう。それと越中のコメント見る限り八戸で挨拶したとき馬場から移籍の了承を得てなさそうですよね。侘びは通らなかったのかなあ。そんな中、背中を押したのが天龍源一郎かもしれないね。
スポンサーサイト



テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

コメント

このエピソードを最初に見たのは週刊ゴングで、確か初めての一騎打ちのすぐ後か前だったような?
その時の記事には「封筒が立つ」くらいの額が入っていて、帰ってから数えてびっくりしたなんて話が載っていた気がします。
大阪での一騎打ちは私は生観戦した中でも、ベストにあげたいくらいの好勝負でした。
えらいもので移籍して7年、完全に新日本プロレスのメンバーとして認められていた越中に対する声援は凄まじくて、当日天龍ファンの存在って数えるくらいしかなかったかも?
大阪は昔から新日が強い土地柄でしたがそこまで・・・と思えるくらい。

それにまだswsアレルギーが残ってる時代だからだったかも知れません。
ちなみに私は伝説の後楽園大会でのタッグ戦を見てすっかり天龍に魅了され、天龍を応援するために友人と3人、府立へ向かいました。
確か、ハチマキとか巻いてたかも(笑)

実は・・・

な、話なんですが大会終了後新日ファンが集まって越中コールをやっていて、
「負けるか!」
と思って、
「天龍!天龍!」と大声出したらその新日ファンが気づいてブーイングをしながら近づいてきます。
そこからプロレスごっこが始まりまして(笑)

今から考えればよくケンカにならなかったなと思います。
最後は天龍さんのモノマネしながら
「長州に国立でやるぞ!と言っておけ」
と言って締めた様な気がします。

如何せん、ゴングネタ(天龍と長州が対談して「俺らの勝負は国立で!」というのがあったんです)だったので周囲の反応は薄かったですが。
当時は高校2年生、今からタイムスリップして
「バカはやめてさっさと帰りなさい」
とさっさとなんば駅に連れて帰ってやりたいくらいです。
[2014/03/24 20:44] URL | ジョーカー ナリ #- [ 編集 ]


笑神さまは見れなかった・・・。その時間は農業の先輩と仙台で酒呑んでたし。
越中さんは以前タモリ倶楽部で線路を作る企画にでてたが、力要員だから知らない訳。
ビートルズ好きですがブログを見ると、ストーンズの東京ドームコンサートを見に行ったそうで。ストーンズファンでは無かったが、見に行ったら感動したそうで。

越中さんからすれば、天龍さんは頼れる兄貴分だったでしょうな。
平成維震軍率いてWARとの対抗戦は越中さんは天龍さんに対しての恩返しかもしれませんね。天龍さんも軍団率いるまでに出世したかと喜んでたかも。だってこの二人後にタッグ組んでタッグ王者に成ったし。

そういえば、昨日か有吉さんがラジオでトークである事の例えに越中さんや日明兄さんや小林邦昭さんを上げてました。(書いても良いが、長いし纏まるかどうか心配なので)

天龍さんが出てたナイトスクープ見ましたが面白かった。石田さんの顔が「エライ人が来てもうた」な顔でしたな。ドラゲーの若手辺りだと思ったかも。
三つ目の依頼で特訓して腕相撲が強くなった依頼者に対して、たむけんさんが依頼者体型で橋本さんの名を上げる。そして姉はエロかった。ポチャ系好きには堪らん?。
[2014/03/24 20:50] URL | スライデングD #- [ 編集 ]


ジョーカー ナリさん。こんばんは!ソースがゴング系のGリングですから、ゴング時代の情報をまとめ直したのかもしれないですね。そんなに多額だったとは。天龍、お金持ちすぎ(笑)。

越中と天龍の一騎打ち。あの時代は今振り返ると本当に面白かったですよね。自分も越中=元全日本というイメージなかったですね。自分も天龍の魅力に気がついたのは、そこからですね。攻撃してよし受けてよしみたいな。感情豊かで見入ってしまうプロレスをしますよね。ハチマキですか!熱い!最高(笑)。

あの後楽園大会はファンも異常な熱気でしたよね。その流れもあったんでしょうか。確かに危険な香りします(笑)。よく喧嘩にならなかったですね。国立話ありましたね。知識が豊富なファン同士、共鳴したのかもですね。

自分も高校生の時は興行が終わってからも、選手を待ったり、翌日ホテルの前を注意してみてたり、若き日の良い思いでです(笑)。
[2014/03/27 22:21] URL | H.T #- [ 編集 ]


スライデングDさん。こんばんは!笑神さまは少しの出演でしたけど面白かったですよ。宮川大輔が喜んでました(笑)。タモリ倶楽部にも出演してましたか。鉄道は好きなようですけど、ただ好きなだけという感じでした(笑)。ストーンズも好きなんですね。世代的に7、80年代のロックバンドなんでしょうかねえ。

そうですね。今振り返れば、あの対抗戦は、選手の本音の部分を想像すると興味深いですよね。

有吉はプロレス好きですよね。たまに例えでプロレス話を持ってくるのでニヤッとしてしまいます。

天龍のは小ネタ集の一つでしたが、けっこうなボリュームでした(笑)。レスラーの中でも攻撃力のある天龍を持ってくるとは反則です(笑)。面白かった!腕相撲のありましたね。姉さん気合入ってましたね(笑)ぽっちゃりセクシーな感じでした(笑)
[2014/03/27 22:31] URL | H.T #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hidehide7755.blog27.fc2.com/tb.php/3175-cfd4e093
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

TW



★★おすすめ★★







最新コメント



お世話になっているブログ



カテゴリなど



RSSフィード



ありがとうございます!