FC2ブログ
日刊H.T Season 2
のんびり、まったり、更新
「INOKI BOM-BA-YE 2013」を会場で見た 【前編】
DSCN1070.jpg DSCN1068.jpg
DSCN1073.jpg DSCN1065.jpg
 あけましておめでとうございます!今年も更新頑張ります。昨年のゴールデンウィーク以来(関連記事)の観戦記をアップします。「INOKI BOM-BA-YE 2013」を観戦しに両国まで行ってきました。天気も良好でボンバイエ日和(画像上段右)でした。猪木もガッツポーズしてました(画像上段左)。忘れないうちに会場で感じたことを書いていきたいと思います。
 会場に近づいてまず目に入ったのが選手らののぼり旗ですね(画像下段右)。気持ちが高ぶりました。そして先着5000名だったかなあ、なんと無料で豪華パンフをゲット!猪木大盤振る舞い!!ありがとー!!そして、会場入りすると話題の2億円ベルトが展示されてました(画像下段左)。なかなか豪華でした。では感想を続きからです。









△マイク・ジョー(時間切れドロー)奥田 啓介△
DSCN1079.jpg DSCN1080.jpg
 入場式の前のオープニングマッチですね。これは初期総合格闘技を彷彿とさせる試合でしたね。打撃が得意、寝技が苦手vs組技が得意、打撃が苦手という図式が、一目でわかります。打撃が得意のジョーはテイクダウンされたら、ロープエスケープ。組み技が得意な奥田はスタンドを嫌がり組み付きまくるという展開が繰り返されます。ロープエスケープがなかったら奥田有利なんでしょうけど、エスケープでリセットされてしまうので、試合に進展がないという・・・。そんななか、猪木がリングサイドに現れ、奥田に激!会場少し暖まりました。ルールと両者のスキルを考えると、しょうがないよなあと思える試合でした。古き良き総合を感じましたね。




■入場式
DSCN1082.jpg DSCN1085.jpg
 コロッセオの幕(画像左)が出てきて「猪木か!」と思ったらヒョードルが開会の挨拶。いいですねえ。そして、入場式。音楽は違えどアナウンスがレニー・ハートさんだったり、PRIDEを彷彿とさせる作りでしたね。もうPRIDEはないんだけど、あの空間を楽しめる場は残ってるんだ、と思いながら眺めてました。一人シャドーボクシングを反復する青木とか見てると(画像右)、この空間が堪能したくて日本興行に参戦してるのかなあとか思ったり(笑)。まだ消えてなかったPRIDEの香り。猪木ありがとう、と言っときます。



ボブ・サップ、アレキサンダー大塚(6:44 両者リングアウト)将軍岡本、鈴木秀樹
DSCN1086.jpg DSCN1087.jpg
 まさかでもない(笑)、両者リングアウトでしたね。サップのデカイかけ声から気合は感じるんですけど、その声の大きさと技の痛みが比例しないというか。笑いが起きてしまう会場が気になりました。鈴木のダブルアームスープレックスカッコイイですねえ。



ケンドー・カシン(3:06 片エビ固め)ワン・ビン○
DSCN1088.jpg
 期待してた猪木の秘蔵っ子ワン・ビンでしたが、少々期待ハズレといった感じ。恵まれた体格ながら技に説得力がないですね。得意であるはずの打撃も、なんだか遠慮気味のように見えました。プロレスと格闘技の狭間で迷っているのかなあ。まあデビュー戦ですし、しょうがないところもあるんでしょうが。



北岡 悟(2R 0:19 KO)ラマザン・エセンバエフ○
DSCN1089.jpg
 北岡が言い放った「真剣勝負のプロレス」というフレーズにスポットが当たる煽りV。試合は北岡の完敗・・・これで真剣勝負のプロレスは闇の葬られた感じです(苦笑)。エセンバエフは未知に包まれた選手でしたけど、スタンドで少し戦っているのを見ただけで、右パンチが変則で得意としているのが伝わってきました。あれロシアンフックなんでしょうか。なんか妙に妙に伸びるパンチを持っていましたね。でも当たりそうで当たらない・・・と思ってたら当たっちゃいました。エセンバエフ強かったですね。M-1の秘密兵器!


天田ヒロミ(2R 0:26 V1アームロック)クラッシャー川口○
DSCN1090.jpg
 これはIGFのMMA、キックボクシングルールのミックスですね。1Rはキックボクシング。2RはIGFMMAルール。交互に進んでいくルールです。天田は川口の打撃師匠に当たるんですね。天田は1Rで仕留めたいところでしたが、2RのIGFMMAルールまでいってしまいましたね。すぐさま決着。UFCのオールラウンドで強い選手もいいけど、弱点がハッキリしてる選手もハラハラする試合展開になることありますね。天田残念。川口は試合後にマイクで「メインは藤田さんが勝つと思うので、そのベルトに挑戦したい」とアピール。メイン・・・そんなに上手くいきませんでしたねえ。



ブレット・ロジャース(1R 3:43 チョークスリーパー)フィリップ・デ・フライ○

DSCN1091.jpg
 SFであのヒョードルを苦しめたロジャースを、この目で見る日が来るなんて。相手のフライ。全然知らなかったですが、寝技の強い選手のようで、ストライカーであるロジャース相性悪い相手でしたね。フィニッシュのチョークも見事。海外は強い選手いっぱいですね。


■猪木劇場
DSCN1092.jpg DSCN1099.jpg
 恒例の猪木劇場!バカになれー!!相変わらず元気いっぱいの猪木。会場の皆笑顔。例の東京都知事の5000万円をもじった演出をしていました。カバンの中に5000万円が!それを「投げていいよ」と周りに言う猪木。自分、恥ずかしながら最初、リアルな金をばら撒いていると思いました(笑)。1階席の方は取れた人いいなあ。







 今日はここまでで。猪木はリングサイドに座っていたっぽいんですけど、前の方のお客さんは皆、赤い闘魂タオルをもらっているのか、いっぱいタオルしてる人がいて、どれが猪木がかわらなかったです(笑)。では【後編】は青木真也の試合感想をアップします。

【後編】はこちら

★一昨日の拍手記事。ありがとうございます
 ・2014年。あけました。
 ・豪華な腕相撲対決!「ジャイアントキリング」を見た。【前編】
 ・ヒョードルはリングス女性スタッフの評判が良かったらしい
スポンサーサイト



テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

コメント

しかし、北岡選手も負けるとはね・・・。
ワン・ビンはどうなのかね?。相手がよく解らん、カシンさんだから。

川口選手は石井選手に変わっても挑戦する気なのだろうか。
[2014/01/20 20:17] URL | スライディングD #- [ 編集 ]


スライディングDさん。こんにちは!北岡の相手強かったですね。北岡もスタンドがもう少し強いとまた違った戦い方ができるのになあと感じました。ワン・ビンはイマイチかなあ(笑)。なんか格闘家がやるへたくそなプロレスって感じでした。これからの選手ではありますよね。川口どうするんでしょうねえ。石井は外にばかり目が行ってそうなので、IGF内の日本人が声をあげるのも面白いですね。
[2014/01/22 12:49] URL | H.T #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hidehide7755.blog27.fc2.com/tb.php/3097-4c379ecf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

TW



★★おすすめ★★







最新コメント



お世話になっているブログ



カテゴリなど



RSSフィード



ありがとうございます!