日刊H.T Season 2
のんびり、まったり、更新
オカダ・カズチカ「だいたい、あれ(レインメーカー)、アックスボンバーなんで」
オカダ・カズチカピクチャーTシャツ(ホワイト) Lサイズ
 週プロ読んでます。オカダのインタビュー面白いですねえ。IWGP王者オカダは9.29神戸で小島聡とのタイトルマッチを控えています。オカダは、G1で敗戦した小島を警戒するどころが完全に見下していますね。G1で小島に負けたのが一番ショックだったと。試合は面白かったですよね。その両者には似ている!?フィニッシュホールド(関連記事)があるわけで、「似ている」という認識はオカダに対して失礼かもです。続きからです。








■レインメーカーとラリアット。一緒にされる筋合いはない
-「先週号のインタビューで小島選手はオカダ選手のレインメーカーを『ラリアットの亜流』と言ってますが、それに対して反論は?」
オカダ「古いっす。亜流というか、レインメーカーは今の技ですから」
-「一緒にされる筋合いはない?」
オカダ「そうっすね。だいたい、あれ、アックスボンバーですから(関連記事)」


■古いラリアットがレインメーカーに便乗
オカダ「・・・(略)むしろ小島さんがレインメーカーに便乗して、そんなこと言ってるんじゃないですか?古いラリアットでも、いまのレインメーカー人気に乗って、いい感じで話題になって良かったじゃないですか」
  ※「週刊 プロレス 2013年 9/18号」より








 レインメーカーvsラリアット論争。面白いですね。近年はオリジナル名をつけながら説得力のない技も多いような気がしますが、オカダのレインメーカー、小島のラリアットともに説得力のある技という点は重要だと思います。
 ちょっと気になってきたのが、前に当ブログのコメント欄でも話題になったんですが、オカダのレインメーカーって・・・どこがアックスボンバーなんでしょうね(笑)。ま、ず、は笑(関連記事)、オカダの考えるアックスボンバーの定義を聞きたいところではあるんですけどねえ。皆さんからの情報を頼りに、有力だなあと思っている事を言うと足の踏み込み方にアックボンバーの定義がオカダの中にありそう。右足と右腕でぶつかるようにヒットさせていきますよね。そうだとするとハルク・ホーガン(関連記事)の元祖アックスボンバーとは違うもののような気がする。ラリアットを古いというオカダですが、アックスボンバーも、もしかしたら元祖の形態を直接受け継がない新しいアックスボンバーなのかもしれないね。
スポンサーサイト

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

コメント

ああ言えばこう言う訳ね。

レインメーカーさんはレインメーカーになる前はジャンピングネックブリーカーやSTOみたいな技を得意としてました。

僕もアックスボンバーでは無く、ラリアットにしか見えない。試しにラリアットとアックスボンバーをしてみたけど、ラリアットはショートレンジでも威力が有りそうな気がしたけど、アックスボンバーのショートレンジは余り無さそうな感じ。走ってこそ威力が有りそう。

アックスボンバーとして言えというのは外道さんの意見かも知れない。外道さんはアメリカンプロレスを敬愛してるから。レインメーカーさんも多分、「ラリアットにしか見えないすっけど・・・」に外道さんが「アックスボンバーと言っとけ!。言ったもん勝ちだ!」と言うやりとりが有ったかも?。僕の憶測ですけど。
物は言い様で。
[2013/09/07 22:07] URL | スライディングD #- [ 編集 ]


こんにちは!
少し涼しくなりました
今はじめてレインメーカーっての見ました
あれでフィニッシュになるんですね・・・・。
あれだったら小島のが全然ですよ
小島のも最近ウエスタンがつくのもどうかと思いますが・・。
これでは、まだまだプロレス復帰は遠いです・・。
古いプロレスは今でもよく見るんですよ
やはりプロレスを元に戻すにはあの男の復帰しかありませんね(笑
[2013/09/09 16:06] URL | F #- [ 編集 ]


スライディングDさん。こんばんは!振り返ると記念すべきレインメーカー初公開はネックブリーカーでしたよね。そこから改良して今の形になるわけですが。

言われる新説は斬新で興味深いですねえ。そもそもオカダ自身は「ラリアット」と自覚しているということですね。確かに見た目ラリアットでも間違いなさそう(笑)。

オカダの口からアックボンバーについて詳細が語られる日が来ることを期待したいです。
[2013/09/09 18:38] URL | H.T #- [ 編集 ]


Fさん。こんばんは!急に涼しくなって調子狂い気味です(笑)。確かにレインメーカーってフィニッシュホールドとしては斬新なところありますよね。90年代でいうとベイダーやノートンのショートレンジラリアットで試合終わってたかというと、そうでなかったですし。

小島のはハンセン直伝だけあって完成度高いですよね。確かにウェスタンはハンセンだけで良いと思います(笑)。

古いプロレスといえば桜庭、柴田とかは、その時代の流れを大事にしているスタイルのような気がします。そうですね(笑)。武藤の新団体は参戦選手が当日まで秘密のケースが多いんですが、そこで、あの男を投入してほしいですね(笑)最大のサプライズになりますよね!
[2013/09/11 21:56] URL | H.T #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hidehide7755.blog27.fc2.com/tb.php/2980-517c836f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

blog rink up



独り言



お世話になっているブログ



★★おすすめ★★





Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -



ありがとうございます!



最新の記事



カテゴリなど



RSSフィード