日刊H.T Season 2
のんびり、まったり、更新
アリスターvsブラウン、ショーグンvsソネンをみた
★ 限定 2,000体 シリアルナンバー入り 未開封品 ★ フィギュア UFC Round 5 シリーズ-4 限定版 Mauricio
 「SHERDOG」を眺めてたら「TUF.18」の記事がありました。今回はコーチがミーシャ・テイトとロンダ・ラウジー(関連記事)ですね。女子コーチということで新鮮味ありますよねえ。参加選手は、男女どっちなんだと少々気になってましたが、バンダム級で男子16人、女子16人のようです。どんな展開になるんだろ。女子選手は男子選手と比べ私生活もより火花散らしそうじゃないですか・・・殺気抜群(笑)。ファイナルリストとして残った4名が11月30日のTUFフィナーレで戦うようですね。テイトvsラウジーのコーチ対決は12月30日の「UFC.168」。年末興行か・・・もう年末の話題か・・・早いなあ。
 今日は先日行われた「UFC FIGHT NIGHT.26」(関連記事)の感想でも。といってもPCで探した動画でみた程度で・・・またみようと思ったら既に見れなくなってた(笑)。記憶を呼び戻しながらセミとメインの2試合の感想を簡単にアップします。続きからです。









アリスター・オーフレイム(1R 4:08 TKO)トラヴィス・ブラウン○
 粗い動画のせいかもしれないですが、アリスターの身体が以前より筋肉質でなくなってるだけでなく、アントニオ・シウバ戦(関連記事)の時より小さくなっているように見えました。シウバに敗戦後、練習で変化、改善に努めたと何度も主張していたアリスターなので、それが肉体に出ているのかな。それとパワーとキレも以前より感じなかったですね。K-1を制した時やレスナー戦の時にあった、相手のブロックをも破壊してしまうような圧倒的な力を感じないんですよね。一度、チャンスがあって防御を固めるブラウンにパンチ攻撃連打をしていましたが、以前のアリスターならあそこで試合を終わらせているような気がしました。そこを凌がれ・・・アリスターのメンタル的な痛みっていうんですかね、色々と苦しいだろうなと感じながら見てました。
 フィニッシュは予想外でしたね。アリスターが絶好のチャンスで試合を決めれなかった時点で厳しそうな展開でしたが、最後はまさかのテクニカルな前蹴りが見事ヒット。倒れるアリスター→パウンドするブラウン。完勝ですねえ。ブラウンからリョート(関連記事)やアンデウソンのような前蹴りが炸裂するとは思ってなかった。見た目の印象からも、そんな攻撃しなそうですよね(笑)。そういう意味でも意表をついた見事なフィニッシュだったのかな。この手の前蹴りはアンデウソンがビクトー(関連記事)をKOした時から流行の兆しですよね。しかし・・・K-1を制した男が、近年のMMAの先端技術にやられた。アリスターが負けたのも寂しいけどフィニッシュも寂しいですねえ。
 ツイッター見てると、選手らから、けっこうブラウンに対して賞賛の声が多いですね。アントニオ・シウバめちゃくちゃ喜んでたし(笑)。アリスター嫌われてるのかな。一度はメディカルチェックに引っかかっていますし選手間ではネガティブな印象を持たれているかもしれないですね。勝利して見返してほしいですねえ。次もあるはず!頑張ってほしいな。



マウリシオ・ショーグン(1R 4:47 ギロチンチョーク)チェール・ソネン○
 開始早々、ソネンはタックル。ソネンにタックルを躊躇するという選択ない・・・ことはないんでしょうけど、ないように見えてしまいますね。それほど自信があるんでしょうね。レスリングベースの選手は何人もいますが、ここまで躊躇せず当たり前のようにタックルいける選手はソネンくらいかも。こんなソネンはアンデウソン戦でも披露されてきているのでショーグンもわかってると思うんですが、タックル防げないんですよね。わかってても防げない攻め・・・これ最強ですね。グラウンドではパワー(ソネン)vsテクニック(ショーグン)って感じですかね。ショーグンも寝技強いんですが、パワーでソネンが押し切り、最後はギロチンで極めタップを奪ってしまった印象。
 セミ、メインでPRIDE戦士たちが敗北。これは寂しい。そして、試合後にソネンが次戦の対戦相手としてヴァンダレイ(関連記事)を指名。この2人は因縁ありますし、見てみたいですね。ただソネンはスタン(関連記事)のようにヴァンダレイのスタイルで戦うような選手ではないと思いますね(笑)。ヴァンダレイのスタイルを封じ勝利しトラッシュトークして、ただ帰っていく(笑)。そういう展開にならにようにヴァンダレイに感情移入して応援しなきゃ。ビクトーが「俺と戦おう」と言っているようですが、そこは無視して(笑)、ヴァンダレイvsソネンの正式発表を待ちたいところです。









 他にも何試合か見ることができましたが、面白い試合多かったですね。これでアリスターは2連敗。次が正念場ですね。ここから這い上がる姿に期待ですね。ショーグンは、少しコンディションが良くないようにも見えましたが、完敗でしたね。ここはシュートボクセで共に汗を流したヴァンダレイにソネン狩を託すという展開がいいかも。さあ、寝るか~。
スポンサーサイト

テーマ:格闘技 - ジャンル:スポーツ

コメント

今までのタックラーといえばコールマン、ランデルマン等のタックルしかない人の代名詞でしたが、ソネンは違うようですね。

アリスターにはただただ残念というか。
彼に限ってステロイド解禁しない?とか思ってしまいます(笑)
[2013/08/20 20:50] URL | ジョーカー ナリ #- [ 編集 ]


ジョーカー ナリさん。こんばんは!そうですね。コールマン、ランデルマンと比べると技術もソネンの方がオールラウンドですし、何よりもぶれない強靭なメンタルがソネンにはありますね。

アリスター悲しい(苦笑)。おそらく日本ファンは、そう思ってる人多いかも(笑)。自分もそうなったら反対しません(笑)。小さくなっていくアリスターは、なんというか夢がないというか(笑)。レスナー戦の頃のアリスターは魅力ありますよね。
[2013/08/21 18:21] URL | H.T #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hidehide7755.blog27.fc2.com/tb.php/2962-a6b072c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

blog rink up



独り言



お世話になっているブログ



★★おすすめ★★





Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -



ありがとうございます!



最新の記事



カテゴリなど



RSSフィード