日刊H.T Season 2
のんびり、まったり、更新
アンドレの安息の場所
新日本プロレスリング 最強外国人シリーズ 大巨人伝説アンドレ・ザ・ジャイアント DVD-BOX
 この前、アンドレ・ザ・ジャイアントの記事をアップしましたが(関連記事)。更に情報を求めたくなってきて「アンドレがいた!」という本を購入して読んでいます。前記事で話題に挙がった排泄問題もありましたね。アンドレばかりに目がいきがちだったんですが、ジャイアント馬場(関連記事)も排泄には苦労していたようです。ハルク・ホーガン(関連記事)もバスタブで・・・だったようです。大き過ぎる身体・・・選ばれた人間には間違いないと思いますが、生きていく上で問題も生じてしまう。難しいもんですねえ。
 そんなアンドレに安息の場所が存在したようです。言われてみれば、「そこがあったか~」と感じます。続きからです。







■両国のトイレ
「アンドレに限って言えば、一番安心して用を足せたのは東京・両国国技館のトイレではなかろうか。大巨人の275キロもの重量に耐えられる便器は、大相撲の殿堂の『奥の院』しかない。両国国技館が完成したのは昭和60年1月。お相撲さんのトイレは、ビジネスホテルのそれよりも倍以上のスペース。小錦、曙、武蔵丸も用を足した便器は思わず『う~ん!!』と唸るほどでっかい。慌ててお尻を出そうものなら、巨大な穴に落っこちかねない振り返ってみるとアンドレの日本にあける安息の場所は、国技館の奥の院であったのかもしれない」
  ※「アンドレがいた!―“大巨人”アンドレ・ザ・ジャイアントの黄金時代 」より









 両国の力士用トイレがありましたね。依然、TVでみたことあるような気がしますが、便器はもちろんですけど、トイレ全体のスペースがかなり大きかったです。アンドレにとって両国国技館でのビッグマッチは、人に力を借りない排泄という意味でも楽しみだったのかもしれないね。アンドレの対応をする若手レスラーも休息の地として両国は楽しみだったのかも(笑)。
 ソースで曙の名前が出てましたが、曙はプロレス入りしてから地方巡業などにも参加していますし、どうしてるんだろうという疑問も沸いてきました。相撲からプロレス転向は何人かいますが、リング上での闘い以外でも大きな決断がいりますね。相撲興行は主に大きく、何度も使う会場ばかりですし、トイレ問題は対策されてると思うんですよね、だがプロレスはそうはいかないですよね。
 晩年のアンドレが全日本プロレスに親しんで参戦してたのも、大巨人なりの苦しみがわかる馬場が管理してたというのは大きいでしょうね。あの最強タッグでの馬場、アンドレ組・・・かっこよかったなあ!
スポンサーサイト

テーマ:格闘技 - ジャンル:スポーツ

コメント

巨体の力士はトイレは大変ですからね。KONISHIKIさんは飛行機のトイレには苦労したそうで。
こうなるとビッグ・ショーやジャイアント・シルバのトイレ事情も気に成る所。

最強タッグでの馬場・アンドレ組ね。確か90年の最強タッグは鶴田・田上、超世代軍、殺人魚雷コンビを破って、優勝へイケイケだったけど、ドリー・ファンク・ジュニアのロープ際の妙技で
馬場さん足骨折して、リタイアしちゃいましたからね。あれさえ無ければ・・・かと言って今更ドリー恨んでもね。
[2013/07/24 23:21] URL | スライディングD #- [ 編集 ]


スライディングDさん。こんばんは!コニシキ!体重全盛期はどうやってたんでしょうかねえ。謎が深まります。ビッグ・ショーが主に活躍するアメリカとかになると一般的に大きめなんでしょうかねえ。プロレス界みわたすと、けっこう規格外いるので、気になりますよね。

あの時代は良かったですよね。ドリーにはうらみはないでしょうけど、骨折箇所が、大腿骨でしたっけ。あとに引きずる箇所ですよね。馬場、アンドレ組は存在感だけで、今風にいうと金の雨が降りましたね。良いコンビでした!
[2013/07/27 07:23] URL | H.T #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hidehide7755.blog27.fc2.com/tb.php/2933-8f0b7192
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

blog rink up



独り言



お世話になっているブログ



★★おすすめ★★





Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -



ありがとうございます!



最新の記事



カテゴリなど



RSSフィード