日刊H.T Season 2
のんびり、まったり、更新
タンク・アボットがMMAの試合をするようだ
Ufc Hits 1 [DVD] [Import]
 今日は簡単に。ツイッターのタイムラインをボーっと眺めてます。新日本プロレス広島大会のツイートが目立ちます。今回は会場観戦も少し考えていましたが、結局断念。桜庭の決まり手がキドクラッチ!ってのが気になりますねえ。早く映像がみたい。KAMINOGEのインタビューとか読んでると桜庭なりに色々悩みがあるようですね。キドクラッチを披露されると木戸修(関連記事)のようなトップではないんだけどファンから凄く認められるようなポジションに定着するのかなあとか思ってしまいました。今後の動向に注目ですね。
 もう1つ気になったので総合格闘技初期に活躍したタンク・アボット(関連記事)が試合するというニュース。英語サイトですが「UFC MMA Legend Tank Abbott Returns to MMA at King of the Cage 」(MMACrypt)というツイートに目がいきました。MMAレジェンドのタンク・アボットが帰ってくると。アボット懐かしい!現在は47歳(WIKIPEDHIA)。それでも49歳のクートゥア(WIKIPEDHIA)よりは若いですね。まだいけるよ(笑)。リンク先のインタビュー動画を見ましたが、何言ってるのかわからにゃい(笑)。アボットは「KING OF THE CAGE」で4月13日に試合するようですね(KING OF THE CAGE公式)。MMAの試合は2009年のマイク・ボーク戦以来ですね。久々のアボットを見てなんだか嬉しかったですねえ。見た目だけで言うと年を重ねた分、やはり若い頃のような危険さは少し減ったかなあ。大会ポスターをみると身体もかなり締まったような。アボットが今風にグッドシェイプになってるのも嫌だなあ(笑)。
 アボットの対戦相手はウォーパスという選手。こちらは43歳。MMAファイターで顔にペイントしてるって新しいかも。プロレスとMMAをしてる選手か。パッと見で昔のプロレスラーのビッグ・タイトンを思い出した(笑)。MMAの目立った戦績を言うと2011年にドン・フライにKO勝ち、2010年にブレット・ロジャースに判定負け、2007年にジミー・アンブリッツにKO負け、マイティ・モーにTKO負け、2005年にアントニオ・シウバ(関連記事)にTKO負け、2004年にダン・スバーン(関連記事)に判定負けってとこですね。プロレスの目立った戦績は、「IGF」にて2008年に田村和宏にトマホークチョップで勝利、人喰い義生(高橋義生)にTKO負け。アボットも同年に「IGF」に参戦してますね。ジョシュ・バーネットに1本負けしてます。両者ともにプロレスリングのリングにも立ちMMAのケージにも入る、似てるところありますね。トップ中のトップ選手の集まる「UFC」とかだと年齢が重なりベテランになり負けが混んでくるとデイナから引退勧告されることがありますが、このような小中規模の団体でレジェンドが頑張れる場があるのがいいことだなあと思えますね。アボット応援するか~。
スポンサーサイト

テーマ:格闘技 - ジャンル:スポーツ

コメント

タンク・アボット懐かしいですね。
昔のディック・ザ・ブルーザーやクラッシャー・リソワスキーのようないかにも喧嘩屋然とした風貌が妄想を掻き立てるというか?
でもって、実際テクニックも無くムチャクチャなのに勝つという。

一時期WCWにプロレス入りしていた時代は、ムタと一緒に行動していたみたいですね(バンピーロとアボットと3人でムタ軍団扱い)

今ではこういう喧嘩屋タイプはUFCでもお呼びではなくなりましたが(キンボスライスくらい?)、そういうタイプの人が活躍できる場ってのもあっていいですよね。
日本ではそれがアウトサイダーズになるのでしょうか?
[2013/02/11 19:31] URL | ジョーカー ナリ #- [ 編集 ]


アボット、公式な試合は本当に久しぶりですね
アマチュア、というより草MMAのような形式での試合では一昨年にスコット・フェローゾと再戦して判定勝ちしています
http://www.youtube.com/watch?v=RD5zEKaXrEU

ウォーパスのアンブリッツ戦はTKO勝ちではなくKO負け(http://www2.cdn.sherdog.com/_images/pictures/52/51899.jpg)ですね
2006年にバス・ルッテン(1RKO負け)、2011年にカーター・ウィリアムス(1R秒殺KO負け)と懐かしい面々とも対戦してます
ロジャースを後一歩というところまで追い込んだり、フライを一方的にタコ殴りにしてKOしたり、アボットにとっては厳しい相手だと思います

ですが、TUFで準優勝の経験のあるブラッド・アイムスを当時45歳のパトリック・スミスが二十秒ぐらいでKOしてしまったこともあったので、何が起こるかわかりませんね
[2013/02/11 19:33] URL | K.OMAX #EBUSheBA [ 編集 ]


ジョーカー ナリさん。こんばんは!懐かしいですよね。見た目でインパクトを与えるのはプロとしての重要な要素ですよね。昔のレスラーは生き様が表れてるのか、今の選手には出せないオーラが伝わってきます。ムチャクチャがテクニシャンを凌駕する瞬間って気持ちいい(笑)。サップvsホーストとか面白かったですねえ。

アボットWCWにもいた時期ありましたね。バンピーロと武藤は確か仲が良かったと思うのですが、そこにアボット(笑)。異色でイイですね。

そうですね。UFCは悪い意味でアスリートの集まりというか。喧嘩屋が勝てる場ではなくなったのかもです。アウトサイダーはそういう一面もありますね。何か足りないなと今思ったんですが、重量級がないからかなあ。前田はリングスの重量級発掘に力を入れるとのことなので、アウトサイダーも重量級を(笑)。なかなか人材的に難しいかもですが。
[2013/02/11 23:33] URL | H.T #- [ 編集 ]


K.OMAXさん。こんばんは!アボットの動画ありがとうございます。ホントに草MMAで驚きました(笑)。こういうタイプの試合もしてるんですね。まさに喧嘩屋のイメージにぴったりです。

ウォーパスvsアンブリッツ戦の件、修正しました。教えて頂きありがとうございます。カーター・ウィリアムス懐かしいです。フライ戦は動画でみたような気がしてるですよね。すごく調整不足の腹が出たフライがいたような(笑)ロジャースをあと一歩というところまで追い込んでるんですね。ウォーパスはけっこうやりますね。

そうですよね。パトリック・スミスやアボットのような思い切りのある選手は、実力的に上の相手でも、勝利する可能性を感じさせてくれますね。
[2013/02/11 23:57] URL | H.T #- [ 編集 ]


桜庭選手の「キドクラッチ」気に成るな。スポーツナビの速報を観ると「片足タックルから・・・」と書いてたが、どういう感じなのか。
「キドクラッチ」は相手が投げ技をするや起こした瞬間など一瞬の隙に決める技だから。

桜庭選手は「飛行機投げ」が得意で、大日本プロレスのMEN’Sテイオー選手の飛行機投げから固めてフォールを奪う「トルネードクラッチ」と言う可能性が有りますけどね。(永田さんがリック・スタイナーに決めて勝った)
まあ、週プロやテレビ中継を見ないと解らんか。

アボットはさて、昔のファイトで暴れるのかな?。
[2013/02/12 22:49] URL | スライディングD #- [ 編集 ]


スライディングDさん。こんばんは!ツイッターとか見てるとあれはキドクラッチじゃないという意見も(笑)。おそらく違うんでしょうね(笑)。そうですよね。あれは巧みな返し技なんですよね。

「飛行機投げ」は新日本初参戦時に披露してましたね。「トルネードクラッチ」は知りませんでした。MEN’Sテイオーのプロレスは最近見てないなあ。最近見るのは新日、全日、ドラゲーくらいかなあ。見てみたい技ですね。

アボットは、どうやら相手がそこそこやりそうです。でも、ガムシャラに(笑)突っ込んでほしいですよね。
[2013/02/13 23:49] URL | H.T #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hidehide7755.blog27.fc2.com/tb.php/2771-f7a2ebf6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

blog rink up



独り言



お世話になっているブログ



★★おすすめ★★





Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -



ありがとうございます!



最新の記事



カテゴリなど



RSSフィード