日刊H.T Season 2
のんびり、まったり、更新
12月25日発売の週刊プレイボーイで「猪木×棚橋」対談
週刊 プロレス 2013年 1/2号 [雑誌]
 今日は簡単に。週刊プロレス読んでます。今週号の表紙は引退を表明した愛川ゆず季ですね。なんだか違う雑誌のようで買うとき恥ずかしかったです(笑)。さすがグラレスラー!やはり印象に残ったのは小橋のインタビューかな。小橋の首は、三沢を診断していた先生から「正直、三沢さん(の状態)より悪い」と言われたようですね。復帰を願い小橋でしたが、医師からするとそういう次元の状態ではないとのことのようです。確かに三沢のような事故を今後起きてはいけないですから、正しい診断だとは思いますよね。そう考えると、小橋にあと1試合させていいのかと考えてしまう自分もいました。
 それと、「お!」と驚いたのが12月25日発売の「週刊プレイボーイ」で、なんと~、「アントニオ猪木×棚橋弘至」対談が掲載されるようです。これは読まなきゃ!猪木は現在の新日本のプロレスを、おそらくあまり好きではない。でも、猪木自身が立ち上げた団体だから気になると思うし、一時の危機を乗り越え勢いを取り戻した現在の新日本プロレスの姿に嬉しい気持ちもあるんじゃないかなあ。新日本プロレスが勢いを取り戻す過程で貢献度が高いとされているのが棚橋(関連記事)ですよね。その棚橋と猪木の対談は興味深すぎですね。棚橋と猪木と言えば、例の猪木御殿(関連記事)を思い出します。猪木ワールドに皆、飲み込まれそうになりつつある中、若い棚橋が妙に堂々としていたのが印象的でした。その堂々さはリアルだったのか、永田裕志に言わせると「猪木に一番喧嘩を売ったのは棚橋」(関連記事)なんですよね。普通の選手だったら猪木のオーラに一歩引いてしまうかもしれないけど(関連記事)、棚橋なら思い切った自己主張をしてくれるような気がする。読むのが楽しみだなあ。
スポンサーサイト

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

コメント

ゆずポン引退とはねえ。彼女のお蔭で女子プロレスの人気も微弱ながら上がって来たのに・・・。
頑張れ仙女!。

小橋選手もプロレスに対する恩が有るから、最後の勇姿を見せたいのでしょうかね。
別に30分一本勝負じゃなくて良い、5分10分のエキシビジョンマッチでも良いから。
周りも解って、えげつない技何て出さないし。
ただ、H.Tさんが思っているのも分からない訳でもないし。
結局は本人が決める事だから。

楽しみですね、猪木、棚橋対談。
確か、棚橋選手が当時交際した女性に刺された事が報道された時、猪木さんはこんな事は大した事ではないと言ってました。(この件は今まで自分が苦労した事からすれば大した事が無いと言う感じ)
これが中邑選手だったらIGFの事で何かギクシャク、レインメーカーさんだったらねえ・・・成立するか?。
[2012/12/22 22:50] URL | スライディングD #- [ 編集 ]


スライディングDさん。こんばんは!愛川ゆず季の引退は残念ですね。プロレスの
枠を超えた選手ですよね。

小橋の対戦相手の気持ちを考えると難しいですね。えげつな技はしたくないけど、それも小橋に失礼だし。そういう意味でも小橋の引退は正解かもしれないですね。

棚橋と猪木対談は楽しみです。猪木の人生は確かに波乱万丈ですよね。棚橋事件も凄いと思いますけど、猪木からしたら軽く見えるんでしょうねえ(笑)。猪木×レインメーカー!これは想像つかないですねえ。ちょっと・・・いや、かなり見たいかも(笑)
[2012/12/23 23:51] URL | H.T #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hidehide7755.blog27.fc2.com/tb.php/2719-3607782c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

blog rink up



独り言



お世話になっているブログ



★★おすすめ★★





Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -



ありがとうございます!



最新の記事



カテゴリなど



RSSフィード