日刊H.T Season 2
のんびり、まったり、更新
ジョシュのプロレスとMMAの両立についてコーミエが語ってた
Dropkick(ドロップキック) Vol.6 (晋遊舎ムック)
 「Dropkick Vol.6」読んでます。付録DVDには驚きました!金原弘光20周年記念興行(スポナビ記事)の全試合が収録されてるんですよ。自分見たかったので嬉しい!表紙がKIDと五味なんですけど「キッズリターン」っていう見出しも巧いですねえ。UFCは最高に面白いけど、もう更に上の感情移入度を実現するためには、日本人ファイターがトップ所に絡む展開かなと思います。KIDは正直かなり厳しいような気はするけど、スター選手特有のここぞという時の強さ、運に期待したいな。五味は前回勝ってますから、連勝してほしいですね。
 さきほど自分は最近より感情移入できた試合はSFのジョシュ・バーネットvsダニエル・コーミエ(関連記事)ですね。なぜならジョシュ好きだから。日本人じゃないけど(笑)。勝者のコーミエがジョシュのプロレスとMMAを両立するスタイル(関連記事)についてコメントしてて印象に残りました。続きからです。









■ジョシュはとってもタフ
コーミエ「ジョシュは素晴らしいファイターさ。(プロレスとMMAを)両立していることでMMAに影響があるかって?とんでもない!事実、俺は何発もクリーンなパンチをもらっているからね。それにジョシュはとってもタフで、あれ以上攻めることができなかった」

■ジョシュは信念があるんだろう
コーミエ「ジョシュは自分の信念があって、プロレスもMMAも本気で向かい合っているんだろう。プロレスをやらなくなったらジョシュ・バーネットでなくなってしまうかもしれない(笑)。それに両方からの収入があることで生活だって安定するだろうからね」
   「Dropkick Vol.6」より引用








 コーミエは子供の頃プロレスファンだった経緯もあるせいか、ジョシュのライフスタイルに批判的ではないですね。試合に勝つのは厳しかったかもしれないけど、確かにジョシュはタフでしたよね。あれだけ動き続けるヘビー級、意外といないんじゃ。プロレスがプラスになってるかもよ。5Rあからさまに判定狙いのムーブを見せるコーミエからも試合の過酷さが伝わってきましたね。
 コーミエはあと1試合SFの契約があるようです。その後、UFC行きになるだろうと本人も自覚しているようです。それとコーミエの口からジョシュも同じ展開になるだろうとコメントしてました。コーミエとジョシュはUFCに。これは楽しみですね!ついでにレスナーも復帰で(笑)。ケージでジョシュvsレスナーとか見たいなあ。
スポンサーサイト

テーマ:格闘技 - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hidehide7755.blog27.fc2.com/tb.php/2531-be2db3aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

blog rink up



独り言



お世話になっているブログ



★★おすすめ★★





Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -



ありがとうございます!



最新の記事



カテゴリなど



RSSフィード