日刊H.T Season 2
のんびり、まったり、更新
「UFC on Fox Diaz vs Miller」をWOWOWで見た
UFC デラックス #08 ネイト ディアス
 ネイト・ディアスフィギュア(笑)。凄いですねえ。色んな格好でできそうなので、ギロチンチョークもできるかな。今日はWOWOWで放送された「UFC on Fox Diaz vs Miller」の感想をアップしたいと思います。ついにWOWOWがナンバーシリーズ以外の放送を始めたので、これからの楽しみが増えました。では見た順で感想をアップします。続きからです。








<ヘビー級 5分3R>
パット・バリー(1R 4:38 TKO)レイバー・ジョンソン○
 ジョンソン誰かに似てるなあ。WWEのロック?・・・う~ん、ロックの方がたいぶカッコイイな(笑)。ホルヘ・リベラ?髭とスキンヘッドだけかも(笑)。試合は両者ともに攻めあいで面白い。ヘビー級なので、ヒヤヒヤしますね。判定は確実になさそうと試合開始時から思えましたよ。
 スタンドは元K-1戦士パット・バリーの領域かなと思ってたんですが、ジョンソン強い。金網際でパンチ、膝をもらいピンチのバリーでしたが、タックルでグラウンドに移行。マウントを奪い、自らサイドポジションへ移行。ん?と思ったんですが、マットヒューズポジションを狙ってましたね。マウントよりも安定するんでしょうね。優位なポジションを奪うも得意の打撃よりも腕関節にこだわるバリーの人の良さを感じたのは俺だけか(笑)。結果抜けられたから余計に感じてしまう(笑)。バリーの人の良さはミルコ戦で証明済ですよね(笑)。そして、スタンドに戻りバリーはグラウンドでの攻めで疲れていた・・・負けた・・・。ジョンソンはヴェラスケスのチームメイトのようですね。AKAか。スタンドが強いー!ジョンソンは「ノック アウト オブ ザ ナイト」獲得です。


<フライ級 5分3R>
○ジョン・ダドソン(判定 3-0)ティム・エリオット

 ダドソンはTUFを思い出しますね。身体能力の高い選手ですよね。フライ級か。まだなんかUFCでフライ級・・違和感あるなあ。ダドソンの速い動きが最初は目立ってたんですが、エリオットは気持ちが落ち込まない。途中トリッキーな動きを取り入れたりしつつ、プレッシャーをかけ続けてました。判定はダドソンでしたけど、エリオットの素晴らしさは十分伝わってきました。判定時に観客のブーイングも少しありましたね。


<ミドル級 5分3R>
ホジマール・トキーニョ・パリャーレス(1R 4:18 TKO)アラン・ベルチャー○

 楽しみにしてた試合です(関連記事)。ホジマールは関節技が非常に上手く、対戦相手はだいたいはグラウンドを避ける作戦をチョイスするんですが、グラウンドも一つの領域であるベルチャーが応戦してきたので、かなり興味深い展開になりました。
 ホジマールの最初にタックルは見事でしたね。そこでテイクダウンされたベルチャーは狙ったのが膝固め。ベルチャーはかなり研究してますね。意表をついた技をホジマールを極めてやろうという作戦かな。寝技経験豊富な人間ほど、もしかしたら普通じゃない動きが有効なのかもという作戦なのかもしれないですね。膝固めを回避されたベルチャーですが、次に狙ったのがツイスター(関連記事)。膝固めを狙ったときの足のロックがまだ生きていますから、あとは首を・・・。膝固めからツイスターって華あり過ぎ。で次は股裂き。解説の稲垣さんも言ってましたが、リングスの関節パズル・・アンドレ・コピィロフ(関連記事)とかの試合を思い出します。ベルチャーは以前、パイルドライバーみたいな技でフィニッシュに繋げた試合がありました。とても柔軟な考えを作戦に応用できる選手ですね。
 ベルチャーの斬新な仕掛けを回避したホジマールの反撃。膝十字。ベルチャーの表情がヤバさを物語ってます。極まりかけていますが、ベルチャーの対処が早く極められない。続いてヒールホールド。ベルチャー防御に必死。面白いなあ。途中、ベルチャーの足がクロスヒールホールドに持ってこいのポジションだった(笑)。
 足関節を防御され下になったホジマールに、ベルチャーがヒジ。これ効きましたね。ホジマールが動かなくなっていく・・・。ベルチャーのTKO勝ち。とても面白い試合でした。この2人はかみ合う。もう1回でも見たいカードだ!


<ライト級 5分3R>
トニー・ファーガソン(判定 0-3)マイケル・ジョンソン○

 マイケル・ジョンソンもTUFに出演してた選手だね。解説の稲垣さんはファーガソンの打撃の素晴らしさを説明しようとすると、ファーガソンが打撃をもらうという(笑)。ちょっと解説泣かせの試合展開でしたね。試合は良い打撃の攻防が展開されているんですが、会場はブーイング。遠くから見てると伝わりくいのかもしれないですね。ずっとスタンドだったから単調に映ったのかも。ジョンソンは相変わらず良い選手でした。


<ウェルター級 5分3R>
ジョシュ・コスチェック(判定1-2)ジョニー・ヘンドリックス○

 コスチェックはレスリングのイメージ強いんですが、ヘンドリックスは打撃。でも解説を聞いてるとレスリングの実績はヘンドリックスが上なんだ。難しい判定だと思うけど、スタンド打撃でのクリーンヒットはヘンドリックスが多かったかな。ヘンドリックスの左パンチはイイですね。さすがフィッチをKOした男。3Rにコスチェックはテイクダウン成功し優位に進めた場面があった、ヘンドリックスのスタンドパンチのクリーンヒット。スタンドでヘンドリックスの方が攻めの姿勢があったような。そこが判定に響いたのかも。


<ライト級 5分3R>
○ネイト・ディアス(2R 4:09 ギロチンチョーク)ジム・ミラー

 ネイト・ディアスは強いなあ。お兄さんのニックもそうですけど、立ってよし寝てよし、まさにオールラウンドですよね。ジム・ミラーは寝技強いので、スタンドでネイト勝利かなと予想してたんですけど、寝技で極めちゃった。五味戦では五味得意のスタンドで圧倒。相手の得意分野でも、それを上回ることのできるオールラウンドさ。同じライト級の青木はネイトに勝てるかな・・・。









 面白かったですねえ。ホジマールvsベルチャーが個人的には一番面白かったかな。観客には伝わっているのだろうかという疑問も残ってしまうくらい巧妙な寝技攻防がみれましたね。メインのネイト・ディアスは強かった。そんなネイトでもチャンピオンではない。ライト級のレベルの高さは半端ないですね。次は5.14の「UFC Korean Zombie vs Poirier」です。ではではー

★昨日の気になリツイート

doarataka
ケア6年ぶり優勝!!!
スポンサーサイト

テーマ:格闘技 - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hidehide7755.blog27.fc2.com/tb.php/2489-6715f01a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

blog rink up



独り言



お世話になっているブログ



★★おすすめ★★





Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -



ありがとうございます!



最新の記事



カテゴリなど



RSSフィード