日刊H.T Season 2
のんびり、まったり、更新
青木真也が猪木との対談を振り返ってた
KAMINOGE [かみのげ] vol.2
 ある本を買いに本屋にいったらなくて、チラチラソワソワ・・・ネットで見たことある表紙が目に入ってくる。これは「KAMINOGE」。サイズが小さくてびっくり!「DROPKICK」や「Gスピリッツ」くらいの大きさの本なんだろうという固定観念みたいなのがあったので、インパクトありましたよ。そして我慢できず「KAMINOGE vol.2」購入。ついに自分の近所の本屋にも入荷するようになったか。
 昨年末に「青木×猪木 対談」があったんですが(関連記事)、青木が振り返ってました。噛みあわない微妙な空気が伝わってくるような対談でしたが、今となっては逆に記憶に刻まれています(笑)。物怖じしなそうな青木真也ですが、猪木パワーを感じまくっていたようです。続きまらです。










■シュートな事を言おうとしてた
青木「僕は緊張どころじゃなくて、やっぱり色々何かシュートな事を直接(猪木に)言おうとしてたんですよ」
―「そこ!!そこが緊張を生むんだっつうの!!(笑)」
青木「だけど、面と向かったら『やっぱりやめとこう』って。で、しまいにはゴマすっちゃって・・・・(笑)」

■人間力
青木「やっぱねえ、猪木さんに直接お会いしてみて思ったのは、木村政彦が力道山に負けたのもわかるわってこと。あれは『人間力』なんですよ。プロレスだか、ガチンコだか八百長だかわかんないけど、そんなの関係ないっス。あれは人間の強さだったんですよね。人間の格というヤツですよ」
―「それって猪木さんからビンビン感じますよね」
青木「単純に怖いですもん(笑)・・・(略)」
   ※「KAMINOGE vol.2」より引用









 青木はシュートなこと言おうとしてたけど、できなかったとコメントしてましたが、自分なりに「この青木コメントは猪木にはマズイんじゃないの」ってとこあったんですけどね。過去記事のどこかと言うと

青木「(アクラム・ペールワン戦【関連記事】の)やる前から不穏な空気みたいなのあったんですか?」
猪木「そうですね。ルールが決まんないんで、しょうがないですね」
青木「あ、プロレスなのかわかんないと」

 青木の「プロレスなのかわかんない」ってとこは取りようによってはシュート気味ですよね(笑)。青木はこの部分をもっとズバッと言いたかったのかもしれない。青木の言う猪木の人間力。あるんだろうなとは思うけど、実際、その場で経験した2人のみぞ知る体験だろうね。あるいは、猪木が実は隠し戦闘モードだったのかも。言ってみればプロレス以外の格闘家との対談なわけだし。そのオーラが青木を封じ込めてしまったという妄想(笑)。もう一度しれくれないかな。無理なお願いかな(笑)。

★昨日の気になリツイート
noda,y @jogga_yuzzy
あす月曜のWOWOW「ザ・プライムショー」(18時55分~生放送)はUFC特集!がっつりVTR担当してます。更にスタジオには宇野薫&ランペイジ・ジャクソン選手が生出演!(予定) WOWOWに契約してなくても視聴できる無料放送です。
スポンサーサイト

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hidehide7755.blog27.fc2.com/tb.php/2411-daf8637a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

blog rink up



独り言



お世話になっているブログ



★★おすすめ★★





Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -



ありがとうございます!



最新の記事



カテゴリなど



RSSフィード