日刊H.T Season 2
のんびり、まったり、更新
IWGPヘビー級選手権 中邑真輔vs棚橋弘至をTVで見た
4u56 (2) 4u56.jpg
4u56 (4) 4u56 (3)
 11月8日に両国で行われたIWGPヘビー級選手権 中邑真輔【王者】vs棚橋弘至【挑戦者】をTVで見ました。前王者棚橋に「暫定王者!」と挑発された中邑(関連記事)。中邑は棚橋が返上したベルトを持っている。つまり棚橋を倒して王者になったわけではないんですね。「暫定王者!」とは的を得た心憎い挑発なのかもしれないですね。試合の感想を続きにアップします。







■裏をついた上手過ぎる戦術

ertenznz (2) ertenznz.jpg
 試合開始早々、激しい打撃の打ち合い(画像左)・・・でも、お互いから「これで、決める!」という感じがないのがわかるせいか、冷めた感じで見てしまった。それを覚ましてくれたのが棚橋の説得力ある攻め。それが(画像右)なんですけど、中邑の蹴りをキャッチしての低空ドロップキックですね。棚橋はドラゴンスクリューが得意ですから、通常の流れで言うならば蹴りをキャッチしてのドラゴンスクリューですよね。中邑もそれを予測していたのか、不意打ちでカウンター低空ドロップキックを食らい左足を痛めます。ボマイェ威力低減作戦ですかねえ。棚橋の裏をついた絶妙な戦術ですね。脱ドラゴン(藤波)ですか笑。


■ボマイェの軸足潰しか
0tgoh.jpg 0tgoh (2)
 所々、ペースを掴みそうになる中邑ですが、棚橋の考え尽くされた左足攻撃で劣勢場面が目立ちます。(画像左)は後ろから、左足を狙ったタックル。これも予期せぬ攻撃であって中邑は更に左足を痛める結果に。その他、鉄柱に左足をぶつけたり荒々しい攻撃(画像右)も印象的でした。これボマイェ対策かなと思ってたんですが、よく考えたらボマイェは右膝で打ちますね。棚橋が狙う左足はボマイェの軸足になるんですね。あえて軸足狙いなのか、あるいは、たまたまなのか。


■危険なドラゴンスクリュー2連発
5u4i5s.jpg 5u4i5s (2)
 打撃のカウンターをついて中邑が得意の飛び付き腕十字(画像左)。しかし、すぐ立ち上がった棚橋は、倒れている中邑の左足を持ちドラゴンスクリュー2連発(画像右)!最近、棚橋がよく見せる危険な香りのするドラゴンスクリューですね。藤波の言うシューティング用の原型ドラゴンスクリュー(関連記事)を超えたか?!しかも2連発とは。中邑の左足が痛々しい。


■負けてばかりでない王者
ergeabee (4) ergeabee.jpg
ergeabee (2) ergeabee (3)
 棚橋得意のテキサスクローバーですね(画像上段左)。棚橋の攻撃は全て下半身へと繋がってます。この辺りは武藤敬司の影響かもしれないですね。棚橋本人もやられてきましたよね(関連記事)。対する王者中邑もやられてばかりではないです。脇固め(画像上段右)、タイガースープレックス(画像下段左)、リバースパワースラム(画像下段右)などで反撃。中邑のタイガーは実況が「綺麗な投げだ」と絶賛してましたが、自分はそうは見えなかった。ブリッジが微妙?!リバースパワースラムは静止画にするとスープレックスみたいだね。
 リバースパワースラムで頭から落とされた棚橋ですが、なんにもなかったように立ち上がり反撃。この受け身・・・四天王プロレスを思い出しましたよ(関連記事)。
 

■結構好きな技・・・ダルマ式ジャーマン
45ueikr (2) 45ueikr.jpg
 そう言えば今年の年末にジュニアの祭典「スーパーJカップ」が新日本主催で復活するらしいですね。ジュニアと言えば「ベスト オブ スーパージュニア」ってリーグ戦もありますよね。何年も前に決勝で獣神サンダーライガーvs保永昇男というカードがあったんですが、それのフィニッシュホールドが保永のダルマ式ジャーマン(画像左→右)だったんですね。多分、当時ファンだった棚橋も記憶にも刻まれてるんじゃ!って勝手に思ってます笑。懐かしさもあり、痛そうでもあり、自分お気に入りの技ですね。ダルマ式ジャーマン。


■繋ぎの?!ボマイェさく裂!
3qy4heaja.jpg 3qy4heaja (2)
 勝機と見た棚橋は決め技のハイフライフロー(画像左)!2連発を狙いますが、2発目はかわされ悶絶。これかわされたら膝、腹部にかなりうダメージありそうですね。晩年の棚橋は武藤みたいに膝の故障と戦うのだろうか・・・。先の事まで考え過ぎか笑。
 悶絶する棚橋の後ろから必殺のボマイェ(画像右)!!中々イイ入り具合ですねえ。欲を言うならすぐにカバーして欲しかったかな。


■棚橋落ちた・・・中邑スリーパー解いた
3ey4hrejazj (2) 3ey4hrejazj.jpg
 過去記事で中邑のボマイェがやさしくなってきていると感想を書いた事があったんですが、この試合でも中邑のやさしさみたいな物がでた場面ありました。チョーク気味のスリーパーで棚橋を締め続け・・・落ちた棚橋(画像左)・・・中邑はスリーパーを解いて棚橋を立たせるんですね。正直「これはないな」と思いましたね。そのままフォールして終わりの方が中邑のストロング色が出ると思ったりして。グロッキーの相手を立たせなくても・・・まあ中邑の中にボマイェフィニッシュがあったかもしれないですが。
 (画像右)は中邑のタイミングの良い蹴り。棚橋モロに顔面に食らってましたね。実況がスルー気味だったのでスポットを当てます笑。ミドルキック~回し蹴りの連続ムーブ・・・この前のK-1MAXでサワーがペトロシアンに仕掛けたムーブを思い出しました。中邑見てたか笑。研究熱心ということにしとこう。


■驚きのハイフライフロー返し。そしてフィニッシュへ!

34wu5ekksx.jpg 34wu5ekksx (2)
34wu5ekksx (3) 34wu5ekksx (4)
 中邑のハイフライフロー返しには驚かされました。(画像上段左)なんですが、わかりつらいかなあ。したからカウンターに右パンチですよ!単純そうで誰も思いつかなそうな返し技ですよね。これで試合は完全に王者中邑ペースへ。痛めた左足でのハイキック(画像上段右)。蹴りの威力がないとかは感じないですね。棚橋の左足攻めはなんだったんだ笑。
 そして、正面からのボマイェさく裂(画像下段左→右)!!痛そう!それに尽きる!


○中邑真輔(22分47秒 ボマイェ)棚橋弘至  ※中邑が王座防衛に成功!
34yu5a4.jpg 34yu5a4 (2)

中邑「これで!暫定王者じゃーなくなったでしょ。これが本物のIWGP。・・・・まあ、(挑戦者を)1つ指名できるのなら。永田裕志。借りは早めに返したいしね」
 
永田「まあ(中邑の指名は)願ったり叶ったりですから、青義軍結成して井上、平澤が苦しんで戦っている。それを後押しする為に、俺は青義軍作ったんじゃないんで。彼らが走ると同様に俺も走ると言った以上、中邑の逆指名は避けては通れない」




 という事で12.5名古屋大会で中邑真輔vs永田裕志のIWGPヘビー級選手権が決定です。中邑はG1タッグリーグ戦で永田に3カウント奪われているんですね。その借りを返したいとの思いがあるようですね。個人的には中邑の防衛に期待したいですが、白目男も中々やりますからねえ。良い試合になりそうです!
 ※画像、コメントはTV朝日ワールドプロレスリングより転載、引用
スポンサーサイト

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

コメント
(^0^)/
観ましたよ!
東京だと同じ時間に24Season7をやっていて録画出来ないんでね(眠いけど、、、(笑)

いやー強い強い(^0^)/
棚橋選手嫌いのハリーでした!
[2009/11/17 22:58] URL | ハリー #- [ 編集 ]


 テレビでこの試合を見ましたが、入場時の棚橋選手の表情からベルトを取り返すんだという気迫が凄く伝わっていてゴング後の打撃戦から凄まじい攻防がありましたね。
 ボマイェをスクールボーイで返したり、ハイフライフローをナックルパートで返したり、あんな返し方は見たこともなく、過去の中邑VS棚橋とは色の違った闘いでした。
 次の防衛戦の永田戦も激しい打撃戦が予想されますが、前シリーズでフォール負けしたということもありますが、2007年のG1で左肩を破壊された相手で浅からぬ因縁があります。永田選手は蹴りもありますが、真壁選手を大流血させたエルボーもあります。
 中邑選手は過去2回ベルトを巻いてますが、一度はケガで返上、二度目は武藤選手に負けて一時、全日本に流出させてしまい、棚橋選手が取り返すという悔しい結果になってしまったので、今回こそ永田選手のV10以上を目指していってもらいたいです。
 最近は助走しないでボマイェをすることが増えてきました。威力を落としてでも確実性を重視しているのか、優しさを見せると永田選手に足元をすくわれる可能性はあるかもしれませんね。
                        長々すみません。
[2009/11/18 12:49] URL | プロレス好き #- [ 編集 ]


ハリーさん。こんばんは!観ましたか!東京は24シーズン7がはやくも地上波放送してるんですか!自分借りてみてますよ。キム・バウワーがお気に入りなんですが、でるのかなあ笑。

中邑強かったですよね。そう言えばハリーさんは棚橋嫌いでしたね笑。次は永田戦ですよ!楽しみですね!
[2009/11/18 22:52] URL | H.T #- [ 編集 ]


プロレス好きさん。こんばんは!棚橋気合い入ってましたよね!スクールボーイ、ハイフライフロー返しは驚きました。上手い棚橋とキラー中邑がでた場面でしたね。

永田と中邑の試合は自分的に好きな部類に入ります。2007年のG1ありましたね。痛々しい中邑を思い出します。永田のエルボーはムエタイ系の技なんですかねえ。中々強烈ですよね。

永田V10してるんですよね。今の中邑ならいけそうな気がしますが、ブルージャスティスは頭もイイし油断できないですよね。

ボマイェ変わってきましたよね。武藤のシャイニングが変化してきたのとタブリます。この試合でも中邑の余計な優しさが見えた部分があったような気がしたので、永田戦の不安材料ですね。中邑応援で期待したいです!!

いいえ。いつもコメントありがとうございます!!
[2009/11/18 23:03] URL | H.T #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hidehide7755.blog27.fc2.com/tb.php/1605-6b03f3b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

blog rink up



独り言



お世話になっているブログ



★★おすすめ★★





Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -



ありがとうございます!



最新の記事



カテゴリなど



RSSフィード