日刊H.T Season 2
のんびり、まったり、更新
猪木、坂口、星野、藤原、武藤vs長州、藤波、前田、木村、マシン  パート2【無念の闘魂】
y53yha3a (4) y53yha3a (5) y53yha3a (2)
y53yha3a (6) y53yha3a.jpg y53yha3a (3)
 先日アップした「サマーナイトフィーバー両国 ニューリーダーvsナウリーダー」の続きです。これまでを簡単に振り返ると、ナウリーダー軍の坂口征二が失格、ニューリーダー軍のスーパーストロングマシンが失格。両軍1人ずつ減り4対4となったわけですね。メンバーから両軍を比べたら、長州力、藤波辰巳、前田日明を備えるニューリーダー軍の方が層が厚いかなといった印象ですが、ナウリーダー軍には新日本プロレスの頂点に立つアントニオ猪木がいますからねえ。どうなることやら・・・続きからです。



■狙われるクセ者 藤原喜明
43yy.jpg 43yy (2) 43yy (3)
43yy (4) 43yy (5) 43yy (6)
 マシンを倒した猪木は、代わりに出てきた木村を捕獲し藤原にタッチ。足を負傷している木村ですが、力を振り絞って藤原を自軍コーナーに押さえつけ前田にタッチ。出てきた前田が取った行動は、またもクセ者藤原を場外に落とし失格にさせることでした(画像上段左)。藤原落ちそう!前田は「はやく消えろ!」とばかりに足で押し続けます(画像上段中央)。しかし、藤原は腕をしっかりロープにかけることに成功(画像上段右)。驚異の粘りですね!前田は諦めリング内に戻しキャプチュード(画像下段左)!さすがに表情がきつくなってきた藤原です。代わって出てきた木村がドリル・ア・ホールパイルドライバー(画像下段中央)。これもかなり痛そう。完全なる藤原潰しですね。しかし、藤原は木村がボストンクラブを仕掛けようとした際、得意のトリッキーな返し技で反撃(画像下段右)。これ藤原クラッチ(ホイップ?)とか言われてましたっけ?めちゃめちゃ鮮やかな技なんですけど。しぶと過ぎる藤原喜明です。




■木村健吾が失格  ○藤原(16分46秒 膝十字固め)木村●

traghtnjr.jpg traghtnjr (2) traghtnjr (3)
traghtnjr (4) traghtnjr (5) traghtnjr (6)
 これは職人技でしたね。藤原は木村に鮮やかなカニばさみからの膝十字固めで捕獲します(画像上段左→中央→右)。しかも痛めている右足。木村の痛がり方がハンパないです(画像下段左)。しばらく気力で耐えた木村ですがギブアップ(画像下段中央)。藤原のがんばりが凄過ぎです!
 そして、藤原が技を解く前に長州がでてきて藤原にストンピングの嵐。なんでもありになってきました笑。そこから得意のブレーンバスターを狙った長州ですが、返され脇固めの洗礼を浴びます(画像下段右)。大活躍の藤原ですね。




■猪木出てこい!
565yah.jpg 565yah (2) 565yah (3)
565yah (5) 565yah (6) 565yah (4)
 藤原の脇固めをロープに逃げた長州ですが、ピンチは続き場外に落とされそうになります(画像上段左)。ヤバいと思いましたが、長州は奥の手?!のグーパンチで藤原をふっ飛ばし回避(画像上段中央)。代わって出てきた武藤ですが、長州にすぐ捕まり前田にタッチ。
 前田は至近距離からエゲつないニールキックを顔面に(画像上段右→下段左)!そして、武藤を猪木の元へ投げ(画像下段中央)「猪木出てこい!」と挑発します(画像下段右)。良い場面ですねえ。武藤の扱いが現在と比べるとあり得ないですね。まあ約20年まえですから~。挑発に猪木も応え、リング内へ。




■アントニオ猪木 前田日明が失格  ●猪木(19分41秒 両者リングアウト)前田● 
45y3y5y.jpg 45y3y5y (2) 45y3y5y (3)
45y3y5y (4) 45y3y5y (5) 45y3y5y (6)
 猪木を挑発しリング内に出させる事に成功した前田。ハリきる猪木はいきなりローキックから延髄斬り(画像上段左)!しかし、前田はかわし得意のフライングニールキック(画像上段中央)!これも猪木かわす。見ごたえある攻防です。次に猪木は鮮やかなフライングヘッドシザース(画像上段右)!会場大盛り上がりですね!猪木は連続して2回目のフライングヘッドシザース・・・しかし・・前田堪える・・・その視線は場外へ(画像下段左)。そうです。前田の取った行動はナウリーダー軍大将の猪木との両者失格狙い。場外へ落下する2人(画像上段中央)。狙い通りの前田は場外でガッツポーズ(画像下段右)!猪木はボー然。勝利へ執着する前田日明でしたね。確かに猪木失格はデカイ!




■藤原喜明が失格  ○藤波(20分45秒 逆さ押さえ込み)藤原●
5yqyahy.jpg 5yqyahy (2) 5yqyahy (3)
5yqyahy (5) 5yqyahy (4) 5yqyahy (6)
 大将の猪木まさかの失格に奮起したのが星野勘太郎。長州にパンチの嵐(画像上段左)。場外から猪木も応援してます。そして藤原にタッチ。しかし、スタミナの消耗が激しいのか、長州に押され敵軍コーナーへ。出てきた藤波が、またも藤原を場外へ落そうとします。この試合3回目ですよね。やはり堪える藤原。藤波必死ですね(画像上段中央)。落ちない藤原にの藤波は鉄柱攻撃!しかし、石頭の藤原はケロっとしてます。ゆっくりとリング内へ(画像上段右)。藤波ボー然、会場大盛り上がり。流れは藤原に、と思った瞬間、藤波得意の逆さ押さえ込み(画像下段左→中央)。しかし!場所が悪く足がロープに(画像下段右)。しかし!しかし!気がつかず強気に3カウントを入れるタイガー服部でした笑。まあいつものことでしょ笑。





 これでナウリーダ軍は星野勘太郎と武藤敬司。対するニューリーダー軍は藤波辰巳と長州力。2対2となった訳ですが、誰が見ても藤波&長州の方が強そうなわけで、前田の猪木失格作戦が生きてきましたよね。続きはまたいつかアップします。

→続きはこちら
 ※画像、コメントは新日本プロレスDVDより引用
スポンサーサイト

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

コメント
服部裁き…
藤波が組長から逆さ押さえ込みで取るのは、新日vsUWF5対5勝ち抜き戦でもありましたよね。

前田が猪木と心中にいくというのが、このイリミネーションマッチを象徴してますね。
試合というよりもゲーム性が高いです。
だから世代闘争という微妙なテーマでもヒートしたんでしょうね。
[2009/06/03 17:57] URL | 紫レガ #- [ 編集 ]


紫レガさん。こんばんは!ごめんなさい。勉強不足で・・・札幌の試合ですか。

自分、この試合見たのが、試合のあった数年後にビデオで見たんですよ。時期が武藤が闘魂三銃士時代くらい。それだけに若い武藤が最後に複雑な表情で長州、藤波と対等するというシチュエーションが興味深かったです。

この試合は、選手の気迫と試合のルール設定がマッチした作品ですね。言われるようにゲーム性の高さはありますね。前田と猪木の心中はビックリでしたよ!
[2009/06/03 23:51] URL | H.T #- [ 編集 ]


前回コメントの前田星野多分記憶違いみたいですねでも前田に蹴られて真っ直ぐ下がる星野の姿が記憶にはあるので違う試合みたいです前田猪木両者失格は今思えばよく出来たシナリオですね
[2009/06/04 01:21] URL | ムギワラ #3kYYIrak [ 編集 ]

○藤波(逆さ押さえ込み)●藤原
1986年5.1 両国国技館の勝ち抜き戦です。
藤波が大流血で押さえ込んだんですよ。いつかブログにUPしますね。
このときも坂口が新日軍の次鋒として、高田と山崎の二人抜きしたんですよ。
ちなみに大将戦は前田vs藤波でレフェリーストップで前田勝利→UWF軍勝利となりました。

この3日前に前田vsアンドレがあったんですよ。
[2009/06/04 22:16] URL | 紫レガ #- [ 編集 ]


ムギワラさん。こんばんは!この手のイリミネーションマッチはいくらかありますからね。自分も整理しきれてないです笑。猪木と前田の心中は、サプライズでしたよね!前の方で観戦している観客の表情とか見ると、みんな凄い顔して驚いてます。観客も選手も熱かったですねえ!
[2009/06/05 01:39] URL | H.T #- [ 編集 ]


紫レガさん。こんばんは!教えて頂いてありがとうございます!藤波の大流血ですか。気になる試合ですねえ!藤波は流血しても、折れないメンタル面が凄いですよね。坂口はイリミネーションに欠かせない人物のようですね。

大将戦も魅力ありますね!前田勝利ですか!レガさんもかなりテンション上がったんじゃないですか!ブログアップありがたいです!時間がある時で良いので、楽しみにしています!

前田vsアンドレは最近見ました。凄い妙な雰囲気ありますよね。噛み合ってない試合ですが、緊張感が凄いですね!
[2009/06/05 01:45] URL | H.T #- [ 編集 ]


おー!続きだぁー!

猪木、前田の心中・・・
これ、試合時間は短かったけど猪木と前田が技を交し合って・・・なんかUWFとして新日本にいたときの前田が、一番猪木とプロレスらしい攻防をしたかなぁーって・・・
そんな感じがあって、当時のボクはこのシーン何回もビデオで見返した記憶があります(^^)


さて、コメントで話題になっている

○藤波(逆さ押さえ込み)●藤原

当時、藤波と藤原は首投げ→ブリッジ→首投げ→ブリッジ・・・というループなムーブがありましたが・・・この逆さ押さえ込みも忘れることができませんです(^^)

この日のイルミはロープといういわくありげなフィニッシュでしたが・・・86年5月の藤波の大流血のときのイルミネーションは藤原のエルボースマッシュを逆さ押さえ込みに切り替えした妙技でしたよ(^^)

また続き、楽しみにしてます!


[2009/06/05 02:34] URL | 流星仮面二世 #- [ 編集 ]

おおっと寝際に間違いに気づた!!
すいません!!
86年5月のはイルミネーションじゃなくて勝ち抜きでしたね!
まちがっちゃいました・・・すいませーん(TT)
[2009/06/05 04:28] URL | 流星仮面二世 #- [ 編集 ]


流星仮面二世さん。こんにちは!確かに延髄斬り、ニールキックと技が次々と繰り出されプロレスとしての攻防してますよね。自分も何回もみましたよ。ファンの歓声も今にはない熱さがありますよね!

この日も同じで、エルボースマッシュを切り返しての逆さ押さえ込みなんですよ。その辺りアップしてなかったです。言われる攻防は印象に残ってます、単純にあの体勢からブリッジできるプロレスラーが凄いと思ったのが忘れられません。俺はできねえなあと笑。

続き、近いうちにアップします!ありがとうございます!
[2009/06/05 15:21] URL | H.T #- [ 編集 ]


流星仮面二世さん。こんにちは!自分、86年のはあまり把握してなくて・・・なので言われる間違いにすら気がついてません笑。したがって・・・教えてくれてありがとうございます笑。
[2009/06/05 15:24] URL | H.T #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hidehide7755.blog27.fc2.com/tb.php/1413-b446bd66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

blog rink up



独り言



お世話になっているブログ



★★おすすめ★★





Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -



ありがとうございます!



最新の記事



カテゴリなど



RSSフィード