日刊H.T Season 2
のんびり、まったり、更新
キラー・カーン「(ジャンボ鶴田は)・・まあ日本人最強ってことはない」

 ジャンボ鶴田最強説・・・・これまで何人かの選手のジャンボ鶴田関連コメントをアップしてきました。誰のコメントがあったかというと

前田日明のコメント記事
長州力のコメント記事
ビル・ロビンソンのコメント記事12
リック・フレアーのコメント記事
ドリー・ファンクJrのコメント記事
ジョシュ・バーネットのコメント記事
和田恭平レフェリーのコメント記事
渕正信のコメント記事
グレート・カブキのコメント記事
アマレス選手の磯貝頼秀、鎌田誠のコメント記事
マサ斎藤のコメント記事

 こんなにいっぱいあったんだ。自分でもびっくり笑。鶴田についてポジティブなコメント、ネガティブなコメント様々ですね。だからこそ興味深いですね。今日はキラー・カーンの鶴田評コメントで「GスピリッツVOL.5」に掲載されたインタビュー記事からです。続きからです。







■キラー・カーンがジャンボ鶴田を語る

■スタミナが凄い
カーン「(ジャンボ鶴田とは)1回も口を利いたことないんです。試合はやったことありますけど、コイツはスタミナが凄いと思いました。確かに何か底知れない感じで。だからヘタしたら負けちゃうんじゃないかと。・・・・あの人はねえ。自分を強く見せるんだっていうことを知っていた選手だと思います。プロ中のプロだなと。なんて言うんですか・・試合をやりながら『俺はまだ参ってないぞ!』ってのをアピールするようなね」

■鶴田より天龍の攻撃の方が上

カーン「(鶴田は)ジャンピングニーとかエルボーとかやってたけど、そういう技自体は、こんなこと言ってはアレですけど、まだ天龍関の技の方が効いたですね。鶴田選手の方は一つ一つの破壊力が天龍関よりないけど、あのスタミナでガンガン押されれば、結局こっちが参っちゃうしね。うん。スタミナではコイツに勝てないなと。そういう感じの選手だったですね。やっぱり技の一発一発の重みは天龍関の方が凄かったです。今思えば」

■鶴田は日本人最強ではない
カーン「まあ、(鶴田が)最強ってことはないと思いますよ。やっぱり日本人最強っていうのは、自分の事は別にして猪木さん、馬場さんだと思います。日本プロレスに入った頃に馬場さんを見て『ああ、凄い人だな』と。練習してても凄い人だと思いましたよ。猪木さんにしてもそうですし」
 ※Gスピリッツより引用






 カーンの鶴田評は、素晴らしいけど一番ではないよって評価ですかね。でもスタミナはやっぱり凄いみたいですね。幻想わきますねえ。あと天龍の高評価ですね。カブキも鶴田と天龍を比べて、鶴田が下だというような評価をしてたね。確かにあのオヤジは凄いよ。試合も面白いしね(関連記事)。ただジャンボの打撃の事には触れていたけど投げには触れてないね。あのバックドロップのコメントも欲しかったなあ。最後にカーンの『自分のことは別にして』ってとこですね・・・・多分日本最強は自分ってことを遠まわしに言ってるのかなあ。『俺が最強だ。このやろう』って言えばいいのに笑。
 ※画像、コメントはGスピリッツより引用
スポンサーサイト

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

コメント

こんばんは!
はじめて前田のコメント見ましたが・・・
まぁ鶴田は打撃のガードできないし関節もどうなの?っていう感じなんでしょうね
しかしちゃんと練習すれば、彼は間違いなくすぐにものにできるくらいの天才ですよ
鶴田も1度前田とやりたいと言ってましたよね
その時はもっと強い鶴田だったはずですよ
キラーカーンは・・・あれですよ・・・。鶴田は常に本気じゃないですから・・・。
コントロールできるのも・・・プロですよ(笑
まぁ色々意見はありますが、ことスタミナに関してはほぼ意見が同じですね!
鶴田の最強幻想はネタが豊富ですよね
日本人は鶴田か高田か??ってところでいいんじゃないですか?(笑
[2009/05/05 18:34] URL | F #- [ 編集 ]


Fさん。こんばんは!いや~自分、前田のコメントの存在を忘れてました笑。見つけた時、嬉しかったですよ。言われるとおりのような気がしますね。全日本で見せれなかった部分が打撃のガード、関節といえそうですね。前田vs鶴田は面白いと思いますね!鶴田の怒りを前田なら最大限に引き出せそうな感じがします。

キラー・カーンは・・・なんですか笑? 鶴田は常に余裕を持ってたんですよね。それができる要因はスタミナと言えるかもですね。

鶴田vs高田も良いですね。vs天龍戦のように高田が蹴りまくれば、怒りの鶴田が見れそうで・・。天龍vs高田ありがとうございます!何回も見てますよ!
[2009/05/06 00:32] URL | H.T #- [ 編集 ]

ホテトル?
昔プロレスのマル秘こぼれ話の本で、鶴田が試合後泊まったホテルに次から次にいろんな女が出入りして、20人近く交代したとかなんとか、一体一晩で何人やるんだくらいで付き人かなんかが驚いた話がありました。スタミナが凄いですね。
[2009/05/06 08:09] URL | Naoki #9L.cY0cg [ 編集 ]


Naokiさん。こんばんは!そうなんですか笑。最強のエピソードですねえ!そこでもおそらく常に余裕を感じさせてるんですよね笑。スタミナが凄いという言葉しか見当たりませんよ笑。
[2009/05/06 18:42] URL | H.T #- [ 編集 ]

鶴田&輪島
 もう二十年、いや、もっと前かも知れませんが、地方に出張に行って、ワシントンホテルに宿泊してたんですが、エレベータを待っていると、右側に外人のように背の高い人が立って、左側にも大きな人が立ってました。それが鶴田と輪島でした。鶴田は短パンはいており、輪島もスポーツシャツを羽織ってました。私も178センチありますが、鶴田は頭一つ大きく、輪島は、関取って感じは全くしませんでした。それにしても緊張するは嬉しいわでエレベータが途中で止まってくれと思ったほどです。輪島はそれから二ヶ月ほどで辞めちゃいましたが・・・。
 そして翌日、帰省するために空港に行ったときに、ティールームで馬場が珈琲を飲んでました。馬場は人見知りするって本に書いてましたので、勿論声をかけたりはしませんでしたが、今思うと、付き人だったのが大仁田でしたね。大仁田は落ち着きがなく、周囲を誰か探してるみたいにキョロキョロしてました。

 僕のアホ友人の話ですがで、これも空港で、覆面レスラーが覆面を脱いでサングラスをかけていた際に、「頑張ってください、○○さん」って本名で話しかけ、そのレスラーは不愉快そうな顔したらしく、そのアホが、「あの○○は性格悪いやっちゃ」と憤ってましたが、思わず「それは一方的にお前が悪い」と説教しました(笑)。

 カーンと鶴田では・・・まあ合わないでしょうね。ただ、二人とも常識人ではないでしょうか。カーンは小さなスナックから初めて商いを潰れることなく続けてますし、客商売が上手いのは人柄かも知れません。でもネットで見たら、居酒屋カンちゃんの料理の量は半端じゃないですね。寒い冬の夜に新潟の地酒飲みながら、あのちゃんこを食べてみたいですね。

 これは結構知られてますが、鶴田が引退後筑波大学で修士号を取得した際に、ラッシャー木村に、「木村さん、僕、マスターになりました」って言ったら、木村が、「そうか、おめでとう。まあ月に一度ぐらいは飲みにいってやるよ」って真顔で言ったそうです(笑)。

 輪島は、福岡で土産を買う際に、『辛子明太子』を「幸子の明太子ください」って店員に言ったそうです。

 大熊元司は、若い頃アメリカ遠征に行って、翌日のスケジュールをプロモータに尋ねたところ、『明日はオフだ』って言われたので、オフって地名を必死で探したそうです。

 これも有名な逸話ですが、天山が若手の頃、橋本と一緒に中華料理を食べてる際に、「レンゲ持ってこい」と言われたので、走って店から出て花屋で蓮華草を買って橋本に渡したそうです。

 坂口征二は、明治大学時代に、遠征で列車に乗ってるとき、腹の具合が悪くなった部員からティッシュ貸してくれって言われて、用を足した部員がトイレから出てきたら、「お前ティッシュ五枚使ったようだから返せよな」って言ったそうです。

 アントニオ猪木は、自分の名勝負の解説をしているとき、アームロックをしかけている動画を見ながら、「これはゴッチちょくでんです」って言ってました。多分猪木は今でも直伝をちょくでんって言うでしょうね。

 国際プロレスの吉原社長は、テレビ解説で辛口批評を繰り返しており、ラッシャー木村が出した技を、「あんな技なんか効きませんよ」って言った瞬間、相手のレスラーがギブアップしたそうです。その後に、「あんな技なんか痛くもなんともありませんよ」ってしつこく言ってたそうです。

 レスラーは素晴らしい!


 これは番外編ですが、NHKの土日のスポーツ番組に、広島カープの大野豊が情熱的に解説をしていますが、毎回のように、「あのピッチャーは『ひりょく』ですからとか、「まあ、あのバッターは小柄だし『ひりょく』だから仕方ないですね」って言いまくってました。国営放送なんだから、注意してあげればいいのにね・・・。

 でも、スポーツ選手ってこれぐらいの方がユニークでいいですよね(笑)。

 
[2014/05/14 03:52] URL | トヨノボリ #HfMzn2gY [ 編集 ]


トヨノボリさん。こんばんは!鶴田&輪島と遭遇したんですね。輪島は在籍期間が短いのを考えると、とり貴重に感じますね。当時のレスラーはほとんどデカイですし、まず大きさに圧倒されますよね。現代プロレスは小さい選手が割りと多いので、その辺の物足りなさをたまに感じるものです。馬場は話かけにくいですよね。大仁田のそんな時代があったんですよね。その後の出世を考えると人生って面白いなと感じます。

覆面レスラーはデリケートですよね。自分はエル・サムライの素顔バージョンと遭遇したことありますは、気を使って話しかけませんでした(笑)。

鶴田に関しては今までのデータをもとに考えると、俺が俺がっていうタイプなのかもですね。それに対しカーンは周囲に対し一歩引くこともできるタイプなんですかねえ。カーンのお店いいですね。けっこう長いですよね。

楽しいエピソードそろいですね(笑)。一流の選手って、やっぱりどこか変なのかもしれないですね(笑)。普通の振る舞いが個性になってしまいますよね。

大野の件は、ちょっと可愛そうですね(笑)。不正解なことしてるのを突っ込まれない。自分の上司でも凡例を「ぼんれい」って読んでましたが、大野の場合はTVですし残酷ですねえ(苦笑)。
[2014/05/17 18:27] URL | H.T #- [ 編集 ]


プロレスが真剣勝負ではないとわかった現代となると
さすがに鶴田最強説は苦しいと思いますよ。
ましてや「総合格闘技でも強い」みたいな意見は・・・
そもそも、鶴田は総合格闘技には向いてない気がします。
「打撃や間接」くらって 「まさかの轟沈」が関の山だと思いますよ。
総合格闘技は技そのものを受けてはいけないわけで「技を受ける」とかしてたら負けます。必ず。

あと「鶴田は天才だ。大学しかレスリングしてないのにオリンピック行った」は
2chのアンチ鶴田スレに内幕が書かれてますね。
要するに当時のレスリングの最重量級で専任選手は彼しかいなかったそうで、
重量の低い階級の日本人レスリング選手やオリンピックでの試合での勝利もなかったらしいです。
[2014/06/19 12:09] URL | はまだ #uliAn.HA [ 編集 ]


はまださん。こんばんは!総合創世記だとすると、レスリングバックボーンで優位の進められると展開も考えられると思うんですが、現在のいわゆるMMAだと自分も厳しいと思います。スタンドもトップレベル組んでも寝てもトップレベルでないと勝てませんよね。

レスリング時代のオリンピックの件は、鶴田自身も言われるような要因もあるのか「オリンピックに出やすい」という、賢い(笑)、考えもあったようですね。そのような賢い、悪く言えば悪賢い(笑)、という思考がプロレススタイルにも出ているようにも感じます(笑)。
[2014/06/22 00:41] URL | H.T #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hidehide7755.blog27.fc2.com/tb.php/1381-a7f5d2e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

blog rink up



独り言



お世話になっているブログ



★★おすすめ★★





Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -



ありがとうございます!



最新の記事



カテゴリなど



RSSフィード