FC2ブログ
日刊H.T Season 2
のんびり、まったり、更新
アントニオ猪木vsモハメド・アリ特集を見た その①【猪木の挑戦状】 ※動画情報追記あり
87tiopj.jpg 87tiopj (2) 87tiopj (6)
87tiopj (3) 87tiopj (4) 87tiopj (5)
 TV朝日50周年で放送された猪木vsアリ特集を見ました。所々、TV朝日の勇気というか、今までだったらタブーだろうという点まで突っ込んだ内容があり興味深かったです。
 最近、当ブログでの人気記事が「アントニオ猪木vsアクラム・ペールワン」なんですよね。たぶんこのTVの影響だろうか。なんでペールワン?と考えさせられる自分も正直いますが・・・猪木のリアルファイトでアリとペールワンってことなのかなあ。それと昨日の「ワールドプロレスリング」で棚橋らの試合後、何故か猪木vsルスカが放送されていました。猪木格闘技戦ブーム到来ですかねえ。猪木の格闘技戦の興味を持った方は、以前に新日本プロレス格闘技戦BEST10(前編後編)という記事をアップしてるのでこちらも見てみてください。簡単ですが数試合に触れています。
 振り返ると当ブログで猪木vsアリ関連の詳細は、扱っていなかったので丁寧に伝えたいんですが、情報が多くて全部は長いので何回かに分けてアップします。今日は【猪木の挑戦状】として猪木vsアリ戦実現の過程ですね。続きからです。

【追記】→リンクさせていただいている「スミチョイMMA」のSamuraiさんより動画情報を教えていただきました。いつもありがとうございます!興味ある方は見てみてください!動画12345→既に削除済みですね。すいません。








★1975年3月 アリのリップサービスにより東洋人対戦相手公募

rweht.jpg 4taeh.jpg
 ビッグマウスとして有名だったアリのパフォーマンス「誰か俺様を倒す東洋人格闘家はいないか?」そして、それを真剣に受け止め挑戦状を叩きつける東洋人がいるわけですね。





★プロレスラー アントニオ猪木の挑戦状
4tqaha (2) 4tqaha.jpg
 挑戦状をたたきつけたのがアントニオ猪木ですね。(写真左)がアリに贈った挑戦状のようです。ローマ字で「KANJI INOKI」とサインしてありますね。だがアリ本人は対戦者公募はリップサービスであったし、猪木の名前も知らないわけで「猪木?だれ?」というようなリアクションだったようです。

■当時の猪木を支えた新日本プロレス本部長新間さんのコメント
「挑戦状渡した時点でアリの頭の中にアントニオ猪木はなかったと思うよ。・・・(猪木は)至難八苦あろうとも絶対実現してみせるって言ってた」





★アリを振り向かせる。猪木の挑発
8ytoih.jpg 45y4.jpg
 猪木は海外メディアを使った度重なる挑発により、アリを振り向かせます。しかし、アリの付きつけた条件は「600万ドル(当時の日本円で約20億円)払えば闘ってやる!」と言った理不尽なもの。しかし、猪木は新間さんと協力し金をかき集めます。

■新間さんのコメント
「(猪木は)『新間。俺はやりたいんだよ。なんとしてでもやりたいんだよ。600万ドルがネックだけど、これを集めれば大丈夫だよね。俺も金を集めるからやろうよ。』って」





★1976年3月 遂にアリが猪木との対戦を承諾
u6ujsrj (2) u6rd.jpg
 遂にアリとの対戦が決まり(写真左)はアメリカでの調印式の様子ですね。両者の言い合いをまとめると

■調印式での猪木vsアリ
アリ「あの大きな口ばしで飛んでいる鳥はなんだっけ?・・・お前はペリカン野郎だ(会場笑)!お前は最強の男と闘うんだぞ!お前は俺の話を聞いているだけで負けるぞ!」
猪木「フッフッフ(笑)。俺はね。話が右から左へと抜けていくから、わかんない(会場笑)」

■当時を振り返る猪木のコメント
「お互いの緊張感がどんどん高まっていく。・・・自分の中の恐怖とも闘っていく。そこが大きな部分でしたね」





■1976年6月 世界のスーパースター来日
y5u6srji (2) y5u6srji.jpg
 アリ来日ですね。空港でも猪木挑発。高いプロ意識なのか猪木をムカついているだけなのか。これだけ煽られると試合が楽しみになりますよね。1976年にこんな出来事があったなんて凄いなあ。

■空港到着時のアリのコメント
「猪木をぶっ殺してやる!」
「俺は日本人が好きだが、一人だけ嫌いな人物がいる。イノキだ!奴は醜い。もっと醜くしてやる!」
「俺は予言する。必ず8ラウンドまでに勝つ!」


■それを聞いた猪木のコメント
「いろいろと例の調子で罵声を浴びせていますけどね。まあこれはリングでお返しすると。口でお返しするのではなくて、身体と技と力でお返しするということです」

 







 今日はここまでで。世界のスーパースターを振り向かせる事に成功したアントニオ猪木。そのパワーというか、それをやってみようと思う猪木が凄い!TVでは触れられてなかったけど、そのパワーの源として想像できるのが、プロレスを一般的に認知させたいという強い思いかな。そういう意味では、現在もゴールデンで特集される試合を実現したわけだから、猪木の思惑とおりかもね。パワー=元気?笑。まさに「元気があればなんでもできる」だね。いつか続きをアップします!
 ※→続きの『アントニオ猪木vsモハメド・アリ特集を見た その②【こじれるルール】』はこちら
 ※画像、コメントはTV朝日50周年、猪木vsアリ特集より引用
スポンサーサイト



テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

コメント

YouTubeで vol1~5 見れるような気がする~♪

猪木VSアリ戦~今明かされる舞台裏の真実

あると思います。
[2009/02/09 22:48] URL | Samurai #ReOT891Y [ 編集 ]


Samuraiさん。こんばんは!さっそく記事にアップさせていただきました。ありがとうございます!中々良い放送でしたよね。猪木パワー恐るべしです。自分は保存版で残しておく予定です。
[2009/02/09 23:04] URL | H.T #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hidehide7755.blog27.fc2.com/tb.php/1289-fc946738
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【テレビ朝日が伝えた伝説のスポーツ名勝負】 猪木VSアリ

テレビ朝日開局50周年記念番組 テレビ朝日が伝えた伝説のスポーツ名勝負  ~いま明かされる舞台裏の真実~ ◆番組放送日 2009年2月7日(土...
[2009/02/09 23:11] スミチョイMMA

TW



★★おすすめ★★







最新コメント



お世話になっているブログ



カテゴリなど



RSSフィード



ありがとうございます!