FC2ブログ
日刊H.T Season 2
のんびり、まったり、更新
RIZIN笹原広報「本当はリング上でサップのマイクを聞きたかった」

 「DROPKICK」のRIZIN笹原広報(関連記事)インタビューを読んでます。素晴らしかった堀口vs天心の余韻がまだ残る「RIZIN.13」ですけど、当日は台風が接近しJRが20時で運航停止。観戦のお客さんが帰宅できなくなる可能性がある為、苦肉の策で試合順変更。メインの堀口vs天心を前に持ってくる対応をしました。これメインで地上波生放送にのせる予定だったんですよね。地上波は録画になるのを受け入れての決断。本当に運営、会場観戦の方は大変だったでしょうね。記憶の残るという意味ではアリかもですけど。
 予想外なことだらけの興行だったとは思うんですけど、その中の一つがボブ・サップ(関連記事)の頑張り。最初に大砂嵐(関連記事)がラッシュを仕掛けた時にサップの心は折れるかなと思いましたけど、違ってました。スタミナ切れで会場から笑いは起こり、カッコいい試合とは言えないかもですけど、サップから色んなことを感じれたのも事実。笹原広報はマイクを聞きたかったと。確かにそれは言える!聞きたかった。一部続きからです。
スポンサーサイト

続きを読む

テーマ:格闘技 - ジャンル:スポーツ

武藤敬司(海賊男)が約2年前のマサ斎藤興行を振り返ってる

 「GO FOR BROKE」。ここ数年で一番感動したこと言えば、約2年前に行われたマサ斎藤興行「STRONG STYLE HISTORY ~ Go for Broke! Forever ~」。もっと具体的に言うと海賊男になった武藤敬司が病気のマサ斎藤に攻撃を加え、マサ斎藤がくたばるかと思いきや反撃し、最後は武藤が正体を明らかにし抱き合った場面(関連記事)。あれは・・・やばい・・・今見ても泣ける。
 この場面は反撃したマサ斎藤(関連記事)も凄いんですけど、攻撃を加え続けた武藤敬司(関連記事)からプロ意識を感じるのも事実なんですよね。会話、自力で立つこと、歩行も困難な人間に、そこまで普通はできない。その時の心境を武藤が語ってます。続きからです。

続きを読む

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

ヒョードル激勝!ヒョードルvsソネンをみた。(試合動画あり)

 石井慧が「クインテット」でのミア戦勝利に続きMMAでも勝利してますね。フィニッシュが興味深くて、アームロックに行きながら足で相手の首を絞めるというテクニック(動画ツイート)。石井曰く、矢野卓見の「洗濯ばさみ」だと(ツイート)。ミア戦の為に準備していた技なんだと。こういう華がありテクニカルなフィニッシュは最高ですね。
 ベラトールヘビー級GP(関連記事)準決勝 エメリヤーエンコ・ヒョードルvsチェール・ソネンを見ました。体格差で劣るソネンですけど、実績がありますから、ヒョードルにとって強敵。何としてでも勝ってほしい気持ちでした。結果を言うとヒョードル勝利!攻守が入れ替わる激しい試合でした。これで決勝はヒョードルvsライアン・ベイダー。自分の予想を振り返ると決勝はヒョードルvsミトリオンにしてますね(関連記事)。外したけどヒョードル決勝進出が嬉しい!試合動画と気になった所を続きからです。

続きを読む

テーマ:格闘技 - ジャンル:スポーツ

青柳政司「いまのプロレス界は本格的なヒールがいなくなった」

 平成という元号が来年変わるんですよね。何になるんだろう。ということで今日は「平成維震軍」(関連記事)ネタで。過去記事で詳しく扱っているんですけど、平成維震軍誕生のきっかけは新日本プロレスvs誠心会館の抗争になります。
新日本プロレスvs誠心会館 その①【抗争勃発】
新日本プロレスvs誠心会館 その②【個人抗争から軍団抗争へ】
新日本プロレスvs誠心会館 その③【遺恨を越えた友情】
新日本プロレスvs誠心会館 その④【巧妙なアングル】
 誠心会館のトップ青柳誠司(関連記事)が当時と今を比較し「本格的なヒールがいなくなった」とコメントしてます。それくらい当時のファンは誠心会館を憎んでいた。恐ろしいファンっていうのは確かに現在いないかも。青柳のコメントを続きからです。

続きを読む

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

堀口恭司「(那須川戦の敗戦に二瓶先生は)多分めっちゃキレてる・・・KIDさんは・・・」

 「RIZIN CONFESSIONS #23」見ました。内容は主に堀口恭司(関連記事)vs那須川天心(関連記事)の試合後。本人らの試合振り返りコメントもあり、かなり興味深かった。那須川は「肉体的というよりも(駆け引きなどで)精神的に疲れた」と振り返ってました。それほど高レベルの読み合いがあったんですね。ハイキック一つでも遅くなる軌道・・・それによりガードのタイミングがズレる。こういうのは気がつかなかった。
 印象に残ったところは、堀口が亡くなった2人の師匠・・・二瓶先生(関連記事)、山本KID(関連記事)について語ってたところ。対照的な師匠というか、この影響が現在の堀口恭司というファイターを形成したんだなと思いました。コメントを続きからです。

続きを読む

テーマ:格闘技 - ジャンル:スポーツ



blog rink up



独り言



お世話になっているブログ



★★おすすめ★★





Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -



ありがとうございます!



最新の記事



カテゴリなど



RSSフィード