FC2ブログ
日刊H.T Season 2
のんびり、まったり、更新
男気溢れる飯塚高史

 「KSW.42」で試合中にタイツが脱げてしまうアクシデントが発生してますねえ(ツイート)。いわゆる半ケツです。こういうのをみると自分は前田日明がディック・マードックのパンツを試合中に脱がしてしまった事件を思い出します。戦いの中でホッと一息できる瞬間ですねえ(笑)。
 安田忠夫(関連記事)の人生劇場をみました。YOUTUBER安田忠夫。パイオニアのヒカキンは登録者数700万人を超えてます。安田は約1800人、ヒカキンと比較するとまだまだですねえ。自分は登録してますよ~。「飯塚高史さんとの思い出」というテーマの回があって、興味沸きましたねえ。安田と飯塚(関連記事)ってどういう接点があるんだろうと。安田から見た飯塚は真面目でコツコツ練習するも表では光が当たらない人間という感じでした。1999年1.4事件の大乱闘(関連記事)があったじゃないですか。そこでの飯塚の姿勢が安田の記憶に刻まれているようです。続きからです。
スポンサーサイト

続きを読む

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

スタン・ハンセンに睨まれる小橋建太

 昨日アップした技を使う時に開発者の許可がいるのかどうか問題に関連記事で。過去記事を見てみると毒霧使用でグレート・カブキに許可をもらったり(関連記事)、アックスボンバー使用でスタン・ハンセンに許可をもらったり(関連記事)、許可はもらわずも堂々と元祖より俺の方が上手いと開きなおる選手いたり笑(関連記事)、色んなパターンあります。
 今日扱うのは小橋建太がラリアットをフィニッシュホールドに使い始めた話。知っての通り、当時の全日本プロレスはラリアットの元祖スタン・ハンセン(関連記事)がいるわけですよ。ハンセンは思うところあったのか、小橋を呼びつけるわけです。2人は会話し、ハンセン公認となるわけです(関連記事)。小橋は無断でラリアットを使うも近くに元祖がいたために直接呼ばれて主張を聞き入れ公認となる流れです。「KAMINOGE」最新号で小橋×ハンセン対談があったんですよ。その話題になったんですけど、ハンセンの心中が伝わる場面がありました。続きからです。


続きを読む

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

オリジナル技は他の選手が無断で使っていいのか問題

 豊田真奈美(関連記事)が自身のオリジナルホールド「ジャパニーズオーシャンサイクロンスープレックス」が無断で使われていることに関し不満をあらわにし(YAHOO!ニュース)、そこから様々な意見が広がっています。これは普通に考えたら開発者の技は開発者のものって思ってしまうんですけど、もっと深く考えると、その開発者は自身が作った技のみでプロレスをしているのか?という突っ込みどころもあるわけです。プロレスラーらの関連ツイートを続きにアップしときます。

続きを読む

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

藤井恵が語るプロレス

 「DROPKICK」で藤井恵(関連記事)インタビューを読みました。現在は「RIZIN」の解説でお馴染みですね。現役選手や引退した選手が解説をすると、本能のままに自由に感情を露わにするタイプもいれば(関連記事)、理論的にわかりやすくその名の通り解説をするタイプもいます。藤井は後者になりますかね。まず滑舌がいい。言っていることが耳に聞き取りやすいです。理論的でいてわかりやすく説明するので妙な安心感、安定感があります。
 現役時代は柔道、レスリング、サンボ、総合格闘技、そしてプロレスと様々なことにチャレンジしています。この中で特殊なのがプロレスですよね。吉田万里子と親交があったことから誘いがあったようなんですけど、かなり迷ったようですね。でも一歩踏み出した。その幅広い経験が解説にも生かされているのかな。コメントを続きからです。

続きを読む

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

プロレスに優しかった博多スターレーン

 少し前に高山善廣とドン・フライが再会という記事をアップしたんですけど、その模様がTVで放送されるようです。これは見なきゃ!放送は明日20時54分からTBS系列にて(YAHOO!ニュース)。
 週刊プロレス読んでます。今月末で閉館となる博多スターレーン(関連記事)。館長の株式会社イースタンスポーツ・博多スターレーン展示会場・金子誠一部長のインタビューが興味深かった。この会場って天井がやたら低くて技が制限されたり、選手として不都合なことが逆に個性として名物となっている印象で、愛されていはいるけども頑固な感じかな。でも今回のインタビューをみてそれは間違っていたんだなと感じました。一部続きからです。


続きを読む

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ



TW



★★おすすめ★★







最新コメント



お世話になっているブログ



カテゴリなど



RSSフィード



ありがとうございます!